ESTA情報

Blog on ESTA visa waiver news and updates

米国への搭乗飛行機に持ち込めるものは?

発行: Aug 26, 2021, 編集: Aug 26, 2021 | タグ: 航空会社の安全, 空港のセキュリティ

ほとんどの国際航空会社は同じ基本規則に従っていますが、飛行機に持ち込める許可されたアイテムの細部には違いがあります。禁じられているように見えるものが検出されると、鍵をつけていても荷物が開けられて調べられるので、荷物のパッキングを始める前に、航空会社に常に確認しましょう。下にあるリストは十二分なものではありませんが、米国の訪問者向けのガイドです。飛行機への持ち込みが許可されるものの最終的な判断は、審査時の公安調査官次第です。 飛行機に持ち込めないもの 許可されていないアイテム これらのものは無害に思えますが、武器として使用できます。許容量を超えた液体、野球のバットや同類のスポーツ器具、金属ナイフとフォーク、長いスクリュードライバー(7インチ以上)、ハサミ(4インチ以上)、刃がついたコルク栓抜きなどがあります。 手荷物の中に燃料が入ったたばこ用ライターは許可されますが、一部の国(例えば英国)では、プラスチックの袋に入れておかなければなりません。マッチは許可されていません。 搭乗時にこれらのアイテムを持ち込もうとするペナルティは、普通は問題のある物を没収するだけですが、場合によっては、アイテムをチェックイン荷物に移すことができるかも知れません。 禁止アイテム 飛行機に搭乗する国で違法な物の場合、公安調査官が警察に通知して、逮捕されることがあります。罰金から禁固までとペナルティは厳しいので、リスクを理解することは重要です。一部の物は購入や自宅で持っている分には違法ではありませんが、飛行機には持ち込めません。これには武器、爆発物、花火、引火性液体、これらのアイテムのリアルな複製などがあります。 許可されているアイテム 電気器具 大体、携帯電話、ノートパソコン、ヘアドライヤー、旅行用アイロンは、搭乗時にチェックインしたカバンや機内持ち込み荷物に持ち込むことができますが、タバコは手荷物だけに許可されています。これを書いている時点では、Samsung…

米国で訪問するトップのランドマーク

発行: Jul 26, 2021, 編集: Jul 26, 2021 | タグ: ビジネスのためのESTA, 観光のためのESTA

米国には多数の有名なランドマークがあり、国の歴史と文化への洞察を訪問者に提供します。ここでは米国訪問の際に渡航者が検討すべき10か所のランドマークをご紹介します。いつも通り、海外渡航者の方は、最新情報について現地の米国大使館のウェブサイトで渡航規制を定期的に確認することをお勧めします。 ホワイトハウス、ワシントンDC ホワイトハウスは米国大統領の本部でワシントンDCにあります。ジェームス・ホーバンが設計し、1800年に完成しました。ペンシルベニア・アベニュー 1600にあり、誰もが建物を訪問して外から見ることができます。ですが、ツアーに参加したいなら、国会議員を通じて申し込みが必要です(米国居住者)。海外訪問者の場合、ワシントンにあるあなたの国の大使館に申し込みについてお問い合わせください。セキュリティの目的でこれらの措置が取られています。身元確認はすべての見込み訪問者に行われます。 アメリカ合衆国国会議事堂、ワシントンDC ワシントンDCの国会議事堂は、米国議会の本拠地です。ホワイトハウス同様、1800年に完成し、ウィリアム・ソーントンが設計しました。国会議事堂のツアーは無料ですが、人気があるので事前に予約すべきです。開催中には会議を見ることができますが、このパスはツアーには含まれておらず、別に手配しなければなりません。ツアーの他のハイライトには、植物園と議会図書館があります。 リンカーン記念堂、ワシントンDC ワシントンDCのナショナルモールにあるリンカーン記念堂は、かつてのアブラハム・リンカーン大統領の19フィートの像が座ってモールを眺めています。1922年にヘンリー・ベーコンとダニエル・チェスター・フレンチが仕上げました。像の周りの36本の柱は、リンカーンが亡くなった時の州の数を表しています。1日24時間開放されており、確かに非常に混雑していますが誰でも訪問することができます。夜や早朝に像を訪問すると、時間的にもっと落ち着いているようです。 自由の女神、ニューヨーク州ニューヨーク市 自由の女神は米国で最も有名なランドマークのひとつで、世界中でアメリカの象徴として認識されています。自由の女神は1886年にフランスから米国にプレゼントされました。リバティーアイランドにあり、像を見るためにバッテリーパークから訪問者を運ぶ定期船があります。像の上、冠の中に行くことができますが、このチケットは事前に購入しなければなりません。旅行のピークシーズンには、チケットは6か月前に購入すべきです。 ツアーは1日たったの240人に限定されています。階段が354段あるので、歩くこと自体が身体的にチャレンジになるでしょう。階段を登りたくない訪問者は、それでも像の土台である脚の部分を訪問できます。脚の所に行くのに訪問者に役立つエレベーターがありますが、このチケットも事前に予約が必要です。 ワン・ワールドトレードセンター、ニューヨーク州ニューヨーク市 ニューヨーク市にあるワン・ワールドトレードセンターは、かつてのツインタワーの場所にあり、現在米国で一番高い建物です。建物は現在世界で7番目に高い建物でもあります。デイビッド・チャイルズが設計し、2013年に完成しました。建物の最上階にあるワン・ワールド展望台からは、ニューヨークのすばらしい眺めを見ることができ、9/11…

妊娠中の米国渡航

発行: Jun 18, 2021, 編集: Jun 18, 2021 | タグ: 米国ビザの制限, アメリカ移民, ESTA要件

新しいビザ規制のために、妊娠中の女性は米国入国が難しくなる トランプ政権は、子供の「生得市民権」獲得のために、妊娠中に米国に渡航する外国人に対して批判的でした。アメリカ疾病予防管理センターからの数字によると、2017年には外国人の赤ちゃんが約1万人米国で生まれました。2020年1月、アメリカ合衆国国務省 (領事局) は新たな規則を公布し、米国訪問の理由が「出産観光」目的であると考えられる場合には、大使館および領事館は、妊娠中の女性のB1、B2ビザの申請を拒否できるようにしました。 妊娠後期の女性の渡航を規制する方針は、多くの航空会社にすでにあります。一部では、もっと早い基準日がある場合がありますが、ほとんどの輸送会社は妊娠36週までは渡航を許可しています。規則は輸送会社で異なり、国内旅行か海外旅行なのかによっても左右される場合があります。妊娠中に米国を渡航する女性は、出入国要件も満たさなければなりません。 妊娠と米国移民法 米国移民法は、その他の疾患と同じように妊娠をみなします。つまり、B-2ビザで米国に入国する場合、個人健康保険、または必要になるかも知れない医療の支払いに十分な資金を所持していなければならないということです。米国での出産は高価なことがあります。例えば、併発症のない通常分娩で大体1万ドルかかることがあります。 2020年1月、ビザ規制に対する重要な改正が施行されました。新たな規則では、妊娠中の女性へのB-2観光ビザの承認を制限します。目的は、子供が自動的に米国市民権を獲得できるように出産に向けて米国へ渡航をすることを防ぐことです。 規則は、グリーンカード(合法永住者)獲得の手続き中の人や、H-1B労働ビザ、F-1学生ビザ、M-1職業訓練学校生ビザなどの一時的な非移民ビザには影響がありません。ビザ免除プログラム加入国の国民のように、以前にビザを獲得していて米国を渡航している人も免除されます。 新しい規制に従い、ビザの有効期間中に予定日を迎えるB-2ビザを申請する女性は、子供に市民権を得る目的で米国に渡航するとみなされます。ビザをうまく獲得するためには、現在では妊娠中の女性は、訪問の確かな理由、または予定日前に戻るという証明を表示する必要があります。自分の事例をサポートする文書の証拠がない場合には、ビザの面接で要求されます。 米国での治療のため、例えば専門家の治療が必要な場合には、妊娠中の女性は観光ビザを認められる可能性がまだあります。申請者は、米国の医者が必要な治療を提供するということ、その治療に支払う十分な資金があることを表示する必要があるでしょう。 米国へのフライト搭乗前に妊娠中の渡航者を事前審査 海外の航空会社は、旅客が目的国への入国を拒否された場合に、復路の支払いをする責任があります。このため、航空会社は旅客を事前審査して、目的国の入国要件を満たしているかどうかを確認します。航空会社がこのような確認をしそびれると、重い罰金を課せられる場合があります。 女性が見るからに妊娠している場合、予定日の前に帰国することを証明する文書、または米国での治療のための支払い手段があるかどうかを尋ねられることがあります。航空会社は、フライト中に女性が出産するリスク、そして入国拒否された場合に、緊急の復路のフライトを手配する問題についても関与します。 米国の空港で到着を審査 米国の空港に到着すると、妊娠中の女性はアメリカ合衆国税関・国境警備局…

DHSとCBPのAPIS利用方法は?

発行: May 16, 2021, 編集: May 16, 2021 | タグ: ESTA要件, 国境警備

APISは「事前旅客情報システム」のことです。出発前要件で、国土安全保障省 (DHS) が旅客情報を検閲できるようにします。米国入国・出国のフライト搭乗を許可する前に、旅客データはセキュリティチェックを受けます。APISは米国発着・到着の商用船や航海にも利用されます。 旅客名記録 (PNR) データを伴ったAPISを利用すると、DHSはテロリストの脅威を識別して防ぐことができ、犯罪容疑者の搭乗を防ぐために、海外当局や航空会社と一緒に調整することができます。 APISとは? APISは世界中の国々で利用が増えているデータ交換の電子システムです。航空会社は、アメリカ合衆国税関・国境警備局 (CBP) に旅客情報を転送することができます。転送されるデータには旅客名、性別、パスポート発行国などのパスポートの中にある情報が含まれます。 APIS最終規則は2005年に公布され、現在の要件を制定しました。APIS要件は、海外の航空会社や海運会社に幅広く認識されています。施行された1年目には、アメリカ合衆国税関・国境警備局は、空路で米国に入国するほぼ8,800万人の旅客を処理しました。 データ送信 輸送会社は次の2通りの方法のひとつを利用して、APISに出発前に情報を送信できます。 APIS…

陸路で米国に入国

発行: Feb 26, 2021, 編集: Feb 26, 2021

始めに ほとんどのビザ免除プログラム(VWP)適格の渡航者は、民間機、船舶、または陸路で米国を訪問します。陸路での入国者は、カナダ国境を通じて、またはさほど多くはありませんがメキシコ国境を通じて米国に渡航します。この記事では、陸路で米国に入国、出国する際の渡航者の必要条件を調査して、陸路の渡航と、航空機・船舶渡航を併せた時に生じることがある複雑性も見て行きます。 ESTA無く米国でカナダ国境を超えるとどうなりますか? カナダ国境から米国に入国するビザ免除プログラム国のパスポートを所持している渡航者は、ESTAは不要です。ですが、国境で紙面のI-94Wを完成させる必要があります。カナダから米国への陸路、フェリー、鉄道の渡航地点は、ここから見つけることができます。 ESTAを持っていて、カナダ経由で陸路から米国に入国したらどうなりますか? ESTAを所持している渡航者は、国境でI-94Wフォームを完成させる必要がないので、米国にもっと効率よく入国することができます。認証には最長72時間かかりますが、オンラインのESTA申請を完了させていると、紙面のフォームを記入する時間を減らせます。ですから渡航者は米国国境まで運転する前に申請することをお勧めします。 I-94フォームとは何ですか? I-94フォームは2種類あって、その使用は陸路で米国に入国する非米国人の入国者を調べることに限定されます。フォームのひとつは、特にVWP適格の入国者向けで、このフォームはフォーム…

名前変更、結婚後ESTA申請

発行: Jan 29, 2021, 編集: Jan 29, 2021 | タグ: ESTA資格, ESTAパスポート, 日付を過ぎたパスポート

ESTAを利用して米国訪問を計画している新婚の渡航者は、名前の変更や婚姻によって申請を完了する方法に影響を与えることがあるということに注意してください。渡航者が名前を変更した場合や新しいパスポートを待っている間は特にそうです。以下の記事では、先日付パスポートを使ってオンラインでESTAを申請する情報を提供し、申請者共通の問題を避ける手助けをします。 先日付パスポートとは何ですか? 結婚を予定していて、婚姻後に海外旅行を計画している人は、先日付パスポートを申請することができます。これは、実際に結婚する、または婚姻届けを出す前に、将来の結婚名で発行されるパスポートです。旧姓の既存パスポートで渡航することはできますが、結婚証明書のコピーを持って行き、そして旧姓で発行されたパスポートが渡航している国によって有効であると考慮されるかどうかも確認することをお勧めします。 先日付パスポート取得方法 先日付パスポート申請の際に一番重要なことは、十分に時間を取ることです。理想的には、処理のどんな難点(例えば申請が需要増の時期と一致した場合などに備えて)にも余裕を持つために、婚姻の大体3か月前に申請した方がよいでしょう。最後の段階でもそのままの場合には、最適なオプションは、既存のパスポートで渡航して、戻って来た後に結婚名に文書を変更することです。 時間がなくても新しい名前でパスポートを所持したい場合には、可能であればファストトラック・サービスに追加料金を払うことができます。優先サービスを利用することで、新しいパスポートを1週間以内に受け取ることができます。 考慮するその他の影響 個人の状況に応じて、先日付パスポート申請の決定に影響する考慮すべき点がその他にもあります。 その他の渡航計画–…

ESTA申請時のデータ精度の考慮

発行: Dec 22, 2020, 編集: Dec 22, 2020 | タグ: ESTAアプリケーション, ESTAの間違い

始めに 渡航者は、航空会社、ホテル、政府、旅行関連サービス提供に従事しているその他の法人のオンラインデータ収集実践に関する意識を高めています。多数の渡航者は、現在では個人情報のプライバシー感をより獲得するために、偽名、別名、故意にその他の誤ったデータを使ってホテルやその他のサービスを予約します。ですが、ESTAのような米国渡航認証の場合には、誤った、または偽りの情報を提供すると、ESTA処理の遅れや拒否につながることがあります。 データの有効性とオプション欄 ESTA申請の際に、必須欄を空欄にすることはできますか?  必須欄が空欄の場合には、ESTA申請を処理することはできません。フォーム上のすべての欄を、フォームの有効性ルールで規定されている必要なデータ形式と文字数制限で完了させる必要があります。 ESTA申請のオプション欄とは何ですか? ESTA申請のオプション欄は、ソーシャルメディアアカウント情報と職業の情報です。ESTA申請の一部として、他のすべての欄は必須です。 申請時に匿名またはその他の不正確な情報を入力できますか? 故意に誤った、不正確な情報を提供してもESTA申請の拒否にはつながりませんが、ESTA申請保留につながることがあります。その場合、最長72時間までかかることが多い追加の処理時間を必要とします。偽の情報を提供すると恐らくESTA申請拒否につながります。 アメリカ合衆国税関・国境警備局(CBP)が申請をレビューしている時に十分な情報を得られない場合には、ESTA申請は恐らく拒否されるでしょう。ESTA申請で間違えた場合には、再度申請することができます。 まだ特定の情報を得ていない欄に「不明」(Unknown)と入力することはできますか? はい、本当に情報を入手していない一部の欄は、ESTA申請では「不明」と入力することができます。申請フォームのどの「名」(first…

申請時のパスポートの適格性に関する質問と回答

発行: Nov 19, 2020, 編集: Feb 26, 2021 | タグ: ESTAパスポート, ESTA要件, ESTA資格

始めに ビザ免除プログラムの国民なら、オンラインで渡航認証電子システム、つまりESTAを申請する資格があります。通過、商用、レジャー、バケーションのどの目的で訪問しているとしても、オンラインでESTA申請を完了すると、90日間以内の訪問である限りはビザの申請をせずに済みます。ESTAフォームは完了までに20分もかかりませんが、すべての詳細が正確に入力されているということは重要なことです。そうでない場合には、エラーや誤りの結果として申請の遅れや拒否につながることがあります。遅れや拒否の一番よくある理由のひとつは、関連する質問で正しい国を選択していないことです。 「国籍」と「パスポート発行国」の違いは? ESTAフォームでは申請者はパスポートが発行された国を入力する必要があります。「パスポート発行国」は、いつでも「国籍」の価値と同じです。例えば、英国民なのにシンガポールの英領事館でパスポートが発行された場合などです。英領事館はシンガポールにありますが、パスポート発行はシンガポールではなく、英国となります。 「国籍」と「パスポート発行国」の両方のドロップダウンメニューには、ビザ免除プログラム(VWP)の資格がある39国のリストがあります。あなたの国がVWPにない場合には、ESTA申請は不可能なので、米国訪問には

ESTA申請で、CBPはどのようにソーシャルメディア情報を使用しますか?

発行: Sep 21, 2020, 編集: Sep 21, 2020 | タグ: ESTAフォーム, ESTAデータプライバシー

始めに ESTA申請書にはオプションの質問がいくつかあります。その質問のひとつは、ソーシャルメディアアカウント情報に関連することです。この質問は、CBPが入手できる別のソースと申請者情報が一致するかどうかを確認する時に、アメリカ合衆国税関・国境警備局(CBP)に判断基準を提供します。 ソーシャルメディアアカウント情報提供を求められている理由は? この質問は、米国の安全性に潜在的脅威をもたらす渡航者を見極めるためにCBPが利用します。メッセージや、特定の運動、集団、信仰に対して共感を示すことがあるその他の活動に対して、ソーシャルメディアアカウント情報をスキャンすることがあります。CBPは、身元確認、雇用、以前の渡航、国籍、居住地などの情報を確認するために、ソーシャルメディアアカウントを利用することもあります。この情報は、その後に

ESTA申請に雇用主情報が必要な理由は?

発行: Aug 17, 2020, 編集: Aug 17, 2020 | タグ: ESTA採用情報, ESTAアプリケーション

雇用情報は、ESTA申請者が経済移民となるために米国に違法で入国する目的であるかどうかを見極める手助けとして、アメリカ合衆国税関・国境警備局(CBP)が使用しています。この法律に関連する特定のセクションは、米国移民および国籍法第214b節にあります。居住国や国籍への実質的な経済連帯があるという証拠として、ESTA申請者は雇用情報を提供する必要があります。ESTA申請者の雇用主情報は、ビザ免除プログラムと米国移民および国籍法の下で米国に非移民者(つまり訪問者)として渡航する資格を満たす証拠として機能します。 米国移民および国籍法第214b節の目的は何ですか? 法律の目的は、申請者が居住国または国籍がある国で強固な家族や経済との連帯があることを証明するために十分な証拠を確実に提供することです。経済連帯の例として、仕事、銀行口座、住宅ローンの証明などがあります。米国国境到着時に、居住国や国籍のある国との家族や経済連結に関して尋ねられることもあります。特に、申請者が雇用機会を求めて米国を訪問する目的ならば、法律違反となる場合があります。ですが、ESTAで渡航中に雇用の面接に参加するために米国を訪問することは、求職とはみなされません。ESTAフォームの法律に関連する適格性の質問には次の質問があります:「あなたは現在米国で仕事を探していますか?または以前、米国政府の事前の許可なく、米国で雇用されていましたか?」 ESTA申請時に雇用情報を提供すべきですか? はい、この情報は申請書で特に要求されているので、申請者は分かる限り、雇用主詳細を提供すべきです。故意にESTA申請で雇用情報を提供しない場合には、CBPの決断に影響を与えることがあります。CBPはどんな特定のタイプの雇用のメリットも審査しません。雇用の証拠を示すことができるということは、米国移民法を犯す目的ではないということを示すために申請者に利益があります。 どんな雇用情報が必要ですか? ESTAフォームの雇用セクションの一部として必要な情報欄は、雇用者名、職業名、雇用主の住所(住所欄1、2、都道府県、市町村、国)です。給与、開始日、監督者名やその他詳細に関するその他の情報は、現在はフォームでは要求されませんが、CBPは今後、さらに追加する決断をするかも知れません。退職、または失業中の申請者はフォームの雇用セクション下でどの情報も提供する必要はありません。 最後に 申請者は雇用主詳細を提供しないことを選択することもできますが、ESTA申請書での雇用情報は必須欄です。ESTA処理が遅れないように、米国移民および国籍法に関係する潜在的な法律違反の目的ではないということを示すために、申請者はESTA申請では雇用の質問に答えて、雇用に関する一番正確な最新の詳細を提供することをお勧めします。

シェア

FacebookTwitterYoutube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する