ESTA情報

Blog on ESTA visa waiver news and updates

陸路で米国に入国

発行: Feb 26, 2021, 編集: Feb 26, 2021

始めに ほとんどのビザ免除プログラム(VWP)適格の渡航者は、民間機、船舶、または陸路で米国を訪問します。陸路での入国者は、カナダ国境を通じて、またはさほど多くはありませんがメキシコ国境を通じて米国に渡航します。この記事では、陸路で米国に入国、出国する際の渡航者の必要条件を調査して、陸路の渡航と、航空機・船舶渡航を併せた時に生じることがある複雑性も見て行きます。 ESTA無く米国でカナダ国境を超えるとどうなりますか? カナダ国境から米国に入国するビザ免除プログラム国のパスポートを所持している渡航者は、ESTAは不要です。ですが、国境で紙面のI-94Wを完成させる必要があります。カナダから米国への陸路、フェリー、鉄道の渡航地点は、ここから見つけることができます。 ESTAを持っていて、カナダ経由で陸路から米国に入国したらどうなりますか? ESTAを所持している渡航者は、国境でI-94Wフォームを完成させる必要がないので、米国にもっと効率よく入国することができます。認証には最長72時間かかりますが、オンラインのESTA申請を完了させていると、紙面のフォームを記入する時間を減らせます。ですから渡航者は米国国境まで運転する前に申請することをお勧めします。 I-94フォームとは何ですか? I-94フォームは2種類あって、その使用は陸路で米国に入国する非米国人の入国者を調べることに限定されます。フォームのひとつは、特にVWP適格の入国者向けで、このフォームはフォーム…

名前変更、結婚後ESTA申請

発行: Jan 29, 2021, 編集: Jan 29, 2021 | タグ: ESTA資格, ESTAパスポート, 日付を過ぎたパスポート

ESTAを利用して米国訪問を計画している新婚の渡航者は、名前の変更や婚姻によって申請を完了する方法に影響を与えることがあるということに注意してください。渡航者が名前を変更した場合や新しいパスポートを待っている間は特にそうです。以下の記事では、先日付パスポートを使ってオンラインでESTAを申請する情報を提供し、申請者共通の問題を避ける手助けをします。 先日付パスポートとは何ですか? 結婚を予定していて、婚姻後に海外旅行を計画している人は、先日付パスポートを申請することができます。これは、実際に結婚する、または婚姻届けを出す前に、将来の結婚名で発行されるパスポートです。旧姓の既存パスポートで渡航することはできますが、結婚証明書のコピーを持って行き、そして旧姓で発行されたパスポートが渡航している国によって有効であると考慮されるかどうかも確認することをお勧めします。 先日付パスポート取得方法 先日付パスポート申請の際に一番重要なことは、十分に時間を取ることです。理想的には、処理のどんな難点(例えば申請が需要増の時期と一致した場合などに備えて)にも余裕を持つために、婚姻の大体3か月前に申請した方がよいでしょう。最後の段階でもそのままの場合には、最適なオプションは、既存のパスポートで渡航して、戻って来た後に結婚名に文書を変更することです。 時間がなくても新しい名前でパスポートを所持したい場合には、可能であればファストトラック・サービスに追加料金を払うことができます。優先サービスを利用することで、新しいパスポートを1週間以内に受け取ることができます。 考慮するその他の影響 個人の状況に応じて、先日付パスポート申請の決定に影響する考慮すべき点がその他にもあります。 その他の渡航計画–…

ESTA申請時のデータ精度の考慮

発行: Dec 22, 2020, 編集: Dec 22, 2020 | タグ: ESTAアプリケーション, ESTAの間違い

始めに 渡航者は、航空会社、ホテル、政府、旅行関連サービス提供に従事しているその他の法人のオンラインデータ収集実践に関する意識を高めています。多数の渡航者は、現在では個人情報のプライバシー感をより獲得するために、偽名、別名、故意にその他の誤ったデータを使ってホテルやその他のサービスを予約します。ですが、ESTAのような米国渡航認証の場合には、誤った、または偽りの情報を提供すると、ESTA処理の遅れや拒否につながることがあります。 データの有効性とオプション欄 ESTA申請の際に、必須欄を空欄にすることはできますか?  必須欄が空欄の場合には、ESTA申請を処理することはできません。フォーム上のすべての欄を、フォームの有効性ルールで規定されている必要なデータ形式と文字数制限で完了させる必要があります。 ESTA申請のオプション欄とは何ですか? ESTA申請のオプション欄は、ソーシャルメディアアカウント情報と職業の情報です。ESTA申請の一部として、他のすべての欄は必須です。 申請時に匿名またはその他の不正確な情報を入力できますか? 故意に誤った、不正確な情報を提供してもESTA申請の拒否にはつながりませんが、ESTA申請保留につながることがあります。その場合、最長72時間までかかることが多い追加の処理時間を必要とします。偽の情報を提供すると恐らくESTA申請拒否につながります。 アメリカ合衆国税関・国境警備局(CBP)が申請をレビューしている時に十分な情報を得られない場合には、ESTA申請は恐らく拒否されるでしょう。ESTA申請で間違えた場合には、再度申請することができます。 まだ特定の情報を得ていない欄に「不明」(Unknown)と入力することはできますか? はい、本当に情報を入手していない一部の欄は、ESTA申請では「不明」と入力することができます。申請フォームのどの「名」(first…

申請時のパスポートの適格性に関する質問と回答

発行: Nov 19, 2020, 編集: Feb 26, 2021 | タグ: ESTAパスポート, ESTA要件, ESTA資格

始めに ビザ免除プログラムの国民なら、オンラインで渡航認証電子システム、つまりESTAを申請する資格があります。通過、商用、レジャー、バケーションのどの目的で訪問しているとしても、オンラインでESTA申請を完了すると、90日間以内の訪問である限りはビザの申請をせずに済みます。ESTAフォームは完了までに20分もかかりませんが、すべての詳細が正確に入力されているということは重要なことです。そうでない場合には、エラーや誤りの結果として申請の遅れや拒否につながることがあります。遅れや拒否の一番よくある理由のひとつは、関連する質問で正しい国を選択していないことです。 「国籍」と「パスポート発行国」の違いは? ESTAフォームでは申請者はパスポートが発行された国を入力する必要があります。「パスポート発行国」は、いつでも「国籍」の価値と同じです。例えば、英国民なのにシンガポールの英領事館でパスポートが発行された場合などです。英領事館はシンガポールにありますが、パスポート発行はシンガポールではなく、英国となります。 「国籍」と「パスポート発行国」の両方のドロップダウンメニューには、ビザ免除プログラム(VWP)の資格がある39国のリストがあります。あなたの国がVWPにない場合には、ESTA申請は不可能なので、米国訪問には

ESTA申請で、CBPはどのようにソーシャルメディア情報を使用しますか?

発行: Sep 21, 2020, 編集: Sep 21, 2020 | タグ: ESTAフォーム, ESTAデータプライバシー

始めに ESTA申請書にはオプションの質問がいくつかあります。その質問のひとつは、ソーシャルメディアアカウント情報に関連することです。この質問は、CBPが入手できる別のソースと申請者情報が一致するかどうかを確認する時に、アメリカ合衆国税関・国境警備局(CBP)に判断基準を提供します。 ソーシャルメディアアカウント情報提供を求められている理由は? この質問は、米国の安全性に潜在的脅威をもたらす渡航者を見極めるためにCBPが利用します。メッセージや、特定の運動、集団、信仰に対して共感を示すことがあるその他の活動に対して、ソーシャルメディアアカウント情報をスキャンすることがあります。CBPは、身元確認、雇用、以前の渡航、国籍、居住地などの情報を確認するために、ソーシャルメディアアカウントを利用することもあります。この情報は、その後に

ESTA申請に雇用主情報が必要な理由は?

発行: Aug 17, 2020, 編集: Aug 17, 2020 | タグ: ESTA採用情報, ESTAアプリケーション

雇用情報は、ESTA申請者が経済移民となるために米国に違法で入国する目的であるかどうかを見極める手助けとして、アメリカ合衆国税関・国境警備局(CBP)が使用しています。この法律に関連する特定のセクションは、米国移民および国籍法第214b節にあります。居住国や国籍への実質的な経済連帯があるという証拠として、ESTA申請者は雇用情報を提供する必要があります。ESTA申請者の雇用主情報は、ビザ免除プログラムと米国移民および国籍法の下で米国に非移民者(つまり訪問者)として渡航する資格を満たす証拠として機能します。 米国移民および国籍法第214b節の目的は何ですか? 法律の目的は、申請者が居住国または国籍がある国で強固な家族や経済との連帯があることを証明するために十分な証拠を確実に提供することです。経済連帯の例として、仕事、銀行口座、住宅ローンの証明などがあります。米国国境到着時に、居住国や国籍のある国との家族や経済連結に関して尋ねられることもあります。特に、申請者が雇用機会を求めて米国を訪問する目的ならば、法律違反となる場合があります。ですが、ESTAで渡航中に雇用の面接に参加するために米国を訪問することは、求職とはみなされません。ESTAフォームの法律に関連する適格性の質問には次の質問があります:「あなたは現在米国で仕事を探していますか?または以前、米国政府の事前の許可なく、米国で雇用されていましたか?」 ESTA申請時に雇用情報を提供すべきですか? はい、この情報は申請書で特に要求されているので、申請者は分かる限り、雇用主詳細を提供すべきです。故意にESTA申請で雇用情報を提供しない場合には、CBPの決断に影響を与えることがあります。CBPはどんな特定のタイプの雇用のメリットも審査しません。雇用の証拠を示すことができるということは、米国移民法を犯す目的ではないということを示すために申請者に利益があります。 どんな雇用情報が必要ですか? ESTAフォームの雇用セクションの一部として必要な情報欄は、雇用者名、職業名、雇用主の住所(住所欄1、2、都道府県、市町村、国)です。給与、開始日、監督者名やその他詳細に関するその他の情報は、現在はフォームでは要求されませんが、CBPは今後、さらに追加する決断をするかも知れません。退職、または失業中の申請者はフォームの雇用セクション下でどの情報も提供する必要はありません。 最後に 申請者は雇用主詳細を提供しないことを選択することもできますが、ESTA申請書での雇用情報は必須欄です。ESTA処理が遅れないように、米国移民および国籍法に関係する潜在的な法律違反の目的ではないということを示すために、申請者はESTA申請では雇用の質問に答えて、雇用に関する一番正確な最新の詳細を提供することをお勧めします。

年のビザ免除プログラム入国者の統計

発行: Jul 14, 2020, 編集: Jul 14, 2020 | タグ: ビザ免除プログラム, ESTA到着統計

#始めに 2014~2018年の国籍別の米国ビザ免除プログラム(VWP)の到着統計を解析して、この記事にまとめています。この統計は国土安全保障省(DHS)が年次ベースで公開しており、2019年の結果はまだ処理中です。 この記事では、レビュー期間中のデータから抜粋した意味のある結果に関して発見された調査結果を共有します。 ビザ免除プログラム入国者の人数に含まれているのは? 米国向けのビザ免除プログラム 米国は、国土安全保障省経由でビザ免除プログラムを管理します。ビザ免除者のプロセスを容易にするために使用されるシステムが「渡航認証電子システム」のESTAです。これは2つのカテゴリーに分類されます。 レジャー目的の一時的な訪問者(WT) - これが、観光やレジャーを目的としてESTAで渡航する一番よくあるVWP入国者のカテゴリーです。 商用の一時的な訪問者(WB)-…

渡航防止法のビザ免除プログラムへの影響

発行: Jun 30, 2020, 編集: Jul 14, 2020 | タグ: ESTA資格, ビザ免除プログラム

始めに 2016年1月、米国政府は強化と前年のテロリスト防止法を通じて、ビザ免除プログラムへの変更をし始めました。この法令は、イラン、イラク、スーダン、シリアなどの人々を含む、テロの国のスポンサーであると国土安全保障省 (DHS) がみなす国の国民を除外することを目的としています。法令は2018年に改訂され、追加の国にはリビア、北朝鮮、ソマリア、イエメンがあります。 ESTA申請に、以前 イラン、イラク、リビア、北朝鮮、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンに訪問したことは問題となりますか? 強化された規則は、そういった国に渡航したことがある人々にも適用されます。資格があったとしてもVWPの資格を得る妨げとなります。新しい規則は、渡航者が米国訪問しないようにするものではありません。ですが、対象となる国に以前渡航履歴がある人や国民は、ESTAを拒否される、または既存の認証が無効になるでしょう。その場合には、このような渡航者は米国入国前に米国ビザを申請する必要があるでしょう。除外国に渡航する理由次第でケースバイケースで、一部の除外が適用される場合もあります。 どのような渡航者が法令の影響を受けますか? ビザ免除プログラム強化とテロリスト渡航防止法の下で、以下の基準のひとつに分類される人は、ビザ免除プログラムのビザ免除の下で米国への渡航・入国の資格はもうありません。 2011年3月1日以降にイラン、イラク、リビア、北朝鮮、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンに渡航または訪問したビザ免除プログラム加入国の国民 イラン、イラク、リビア、北朝鮮、ソマリア、スーダン、シリア、イエメン国の国民でもあるビザ免除プログラム加入国の国民 このような規制に例外はありますか? 新規則は、VWP国の軍事サービスの実行や、ビザ免除プログラム加盟国の契約従業員として公的役割を実行するために、上記の禁止国にいたことがあってVWPで渡航する人には適用されません。 公的にでも軍事的理由であってもいずれかの国(イラン、イラク、リビア、北朝鮮、ソマリア、スーダン、シリア、イエメン)に渡航した人は、承認された通関港を通じて米国入国の際にはすべての関連書類を持って行くことをお薦めします。ビザ免除プログラム強化とテロリスト渡航防止法に対するこういった除外は、禁止国のいずれかで二重国籍を持った人には適用されません。 ESTAフォームの追加の質問は? ESTAフォームに追加または改訂された質問は以下の通りです: 2011年3月1日以降にイラン、イラク、リビア、北朝鮮、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンに渡航した、またはいたことがありますか?そうであれば、国、訪問日のほか、観光、家族、商用、専門の交換プログラム、文化交流プログラム、大学の理由、公式任務、軍事、ジャーナリズム、人道支援活動、国内外組織の仕事、または記載のないその他の理由など主な訪問理由を提供してください。 他国で発行されたパスポートや渡航目的のIDカードを所持していますか?そうであれば、所持している場合にはその文書の情報提供を要求します。この情報には発行国、文書タイプ、文書番号、有効期限年が含まれます。 他国の国籍や国民ですか?そうであれば、市民権の国、国籍、市民権/国籍獲得方法に関する情報提供を要求します。 以前別の国の国籍や市民権を持っていましたか?そうであれば、市民権の国、国籍提供を要求します。 CBPグローバルエントリープログラムのメンバーですか?そうであれば、CBPグローバルエントリーパスID/メンバーシップ番号の提供を要求します。 ソーシャルメディア情報。ご希望であれば、プラットフォームやソーシャルメディア識別子などのオンラインでの存在に関連するソーシャルメディア情報を提供することができます。この欄はオプションです。 2011年3月1日以降にイラン、イラク、リビア、北朝鮮、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンにいる場合にはどうしたらいいですか? 新しい規則は、渡航者が米国入国をできないようにすると同時に、渡航者は米国大使館か領事館でビザフォームを申請する必要があります。VWPに加入している国にある米国大使館や領事館には、ビザ面接の短い待ち期間があるだけです。ビザ申請に関する詳しい情報についてはtravel.state.govをご訪問ください。あなたの居住国の管轄の米国大使館の住所を見つけるためには、usembassy.govをご訪問ください。 治療、人道的または商用理由、新しい法令の結果としてESTAが拒否・はく奪されて、差し迫って渡航する義務がある場合には、迅速なビザ面接予約を要求することができます。 ESTAよりもビザを申請する利点は? ESTAよりもビザには利点があります:ESTAは2年間だけ有効ですが、ビザは最長10年間有効です。VWPでは90日間ですが、ビザは米国に最長6か月間とどまるオプションがあります。ビザを所持した渡航者は、米国にいる間に、6か月間以上の滞在延長を要求することもでき、さまざまなビザクラスに変更することができます。どちらのオプションもビザ免除プログラムでは許可されていません。 最後に 新しい法令はVWP諸国のほとんどの渡航者に影響を与えないことが予測されます。米国国土安全保障省は、現行リストにいつでも追加の国を追加することがあります。

ビザ免除プログラム (VWP)の下で許可されている商用活動に関する質疑応答

発行: May 25, 2020, 編集: May 25, 2020 | タグ: ESTA要件, ビジネスのためのESTA

商用または産業活動やサービスの実行・提供のためにESTAで米国入国は可能ですか? 企業や雇用主など米国源から活動の報酬を得ない限り、商用や産業用の活動の実行や提供にESTAを利用して米国に入国することができます。許可される商用や産業用活動には専門または商用ミーティングやイベントへの参加、無報酬の独立リサーチの実行、契約交渉、訴訟、事業提携者とのミーティングがあります。 機器の取り付け、メンテナンス、修理や、その機器使用に関して米国の従業員を訓練する目的で、海外の機器や機械会社の代理店や販売者としてESTAで米国に入国することは可能ですか? 特定の条件を満たしていれば、可能です。まず、機器や機械や米国外で製造されていなければなりません。2番目に、実行した仕事に対して米国源から報酬を受け取ることができないということです。3番目に、そういったサービスの提供は、販売者と米国企業間の販売契約に明示されていなければならず、あなたはこういったサービスを提供する専門の技術的ノウハウを必要とします。 ESTAで専門のアスリートの渡航として、米国で仕事をして報酬を得ることはできますか? その報酬が収入の一時的供給者であれば、米国源から報酬を受け取ることはできません。ですが、プロのアスリートとして、賞金を受け取ることがある競技やスポーツイベントに参加することができます。 スポーツ競技参加の目的で、外国のスポーツのプロのアスリートとして、ESTAで米国入国は可能ですか? 通常、あなたとチームの両者が米国外に設けた事業場所があるなら可能です。加えて、プロのアスリートとして受け取る賃金は、外国(米国でない)…

ビザ免除プログラムが認められる国は?

発行: Apr 23, 2020, 編集: Jul 14, 2020 | タグ: 国境警備, ビザ免除プログラム

始めに ビザ免除プログラム (VWP)は、年間2,000万人以上の世界39か国の提携国の国民がビザなしで渡航できるようにします。VWPは多層セキュリティシステムを利用して、潜在的に危険な人物が米国に入国することを阻止します。この安全措置には、米国出発前、渡航者の旅程の複数のポイント、それと米国到着時のWVP渡航者の広範囲なスクリーニングが含まれます。ポーランドが資金VWPに加入し、大衆がプログラム参加国の資格基準に関してもっと学ぶことに新たな関心が集まっています。 VWPに加入する国の経済利益は? すべての国がビザ免除プログラムに認められるわけではありませんが、経済にプラスの影響を期待できます。強固で有益な経済は、米国のセキュリティを保証するために欠かせません。2014年、米国は平均で2,000万人のVWP渡航者を迎えましたが、商務省によると、消費者製品がおよそ840億ドル費やされました。VWP渡航者は米国の地元経済に毎日2.31億ドル貢献しました。 VWPプログラムは米国とその他の国の間の渡航成長も促します。関連するすべての国にプラスの経済影響を導きます。良い例は韓国です。2008年にVWPに加入しました。韓国-米国間の渡航は急激に増えました。韓国がVWPに加入する前には、ソウル-ダラス間のフライトはおよそ週3便でした。ですが、2013年には、1週間のフライト数は14便にまで増えました。米国への韓国人渡航者は2016年には86億ドル費やしました。 個人や国に対するVWP要件は? VWPの下でビザなしで米国を渡航するためには、個人には 次の要件が適用されます: すべての渡航者は、米国に向かう輸送機搭乗前に有効な渡航認証電子システム…

シェア

FacebookTwitterYoutube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する