ESTA情報

Blog on ESTA visa waiver news and updates

ESTAとビザのどちらが必要?

発行: Jun 05, 2019, 編集: Mar 27, 2019 | タグ: アメリカビザ条件, 米国ビザ拒否, ESTAの資格

序文 米国に向かう外国籍の渡航者はESTAまたはビザのいずれかが必要です。渡航者にどちらの形式の渡航認証が必要であるかを決定することは、いくつかの要因次第です。 訪問も茎 観光、友人や家族の訪問、商用、乗り継ぎ、治療またはその他類似の短期の目的のために米国を訪問したい場合には、ESTAに資格があるかどうかを決定すべてきです。ESTA申請は非常に簡単で複雑でない申請手続きで、渡航認証の申請はオンラインで完了することができます。あなたがビザ免除プログラム38か国のパスポートを所持しているかどうか、以下のリンクを訪問してESTAの資格を確認することができます。https://official-esta.jp/requirements-for-esta 個人の状況 医療、犯罪、入出国履歴などの追加要因があり、ESTA取得の申請者の能力に影響します。これらの資格の質問の関留守最新の情報については、example.com/applyを訪問して、フォームの下部分の現在の資格に関する質問をご覧ください。 旅行状況…

ESTA持続期間は?

発行: May 22, 2019, 編集: Mar 27, 2019 | タグ: ESTA, ESTA期間

ESTAビザ免除プログラムは、ビザ申請不要で、38か国の参加諸国の国民が観光、商用、乗り継ぎ、治療、短期学習目的で米国に渡航できるようにします。ESTAは英国、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、その他多数の欧州国、アジア及び南米諸国の渡航者が米国に簡単に渡航できるようにしています。申請書完了には10-15分かかり、認証は99%の割合で即座に許可されます。 ESTA承認期間 承認されたESTAは2年間またはパスポートの有効期限のどちらか早い方で許可がおります。しかし、これは米国に2年間滞在できるという意味ではありません。ESTAは12か月間の間に最大90日までの訪問のために使用できるものです。ですから、渡航者が最近ESTAを受け取り、90日間、米国に滞在、それから国に戻ると、再度ESTAを使用するまで12か月間かかる見込みであるということです。しかし、米国税関・国境警備局(CBP)は米国への訪問で待つ期間に対して厳しい要件を設定していません。代わりに、過去の90日間の滞在後12か月以内に再度米国を訪問したい場合には、渡航者は米国ビザを申請することができます。渡航者が入国またはその他米国のビザ情報を探すようであれば、資格を持った米国出入国管理弁護士から法的な助言を見つけてください。国境警備隊は、滞在中に「理にかなった長さ」であったかどうかを確認します。渡航者が米国に住もうとしていると国境警備隊が疑う場合には、入国できません。米国への入国の裁量はCBPに決定されるので、これらはめったにないガイドラインであることをご注意ください。 ESTA申請の最適な時 渡航者が米国に渡航する時期によって、米国訪問前に渡航の大部分と認証を確実に得るために計画的にESTA申請の時期を定めるべきです。ESTA申請前の最小期間は72時間として考慮されていますが、申請が拒否されて代わりに米国ビザを申請する必要がある場合に備えて、賢く計画しましょう。90日以上米国に滞在する計画であれば、米国ビザを申請する必要があります。ESTAで滞在が超過すると、プログラムから禁じられ、米国国境で今後拒否されるという結果になる可能性があります。さらに、ESTAで滞在を超過すると、今後のどの米国ビザ申請でも承認を危うくすることがあります。 近隣国に訪問して米国滞在を延長 まず居住国に飛ばずにカナダやメキシコ、またはカリブ海などの近隣国を訪問することは、90日の滞在に計算される見込みがあります。CBP国境警護隊は、米国訪問を延長するために訪問者が利用するこの方法を認識しており、この方法を利用する人の入国を拒否することがあり得ます。本当にカナダ、メキシコまたはカリブ海を訪問したい、同様に米国に90日以上滞在したい場合には、適切に旅程を計画してください。90日を1日でも超える滞在に寛容さは恐らくないので、そうすることで米国に90日以上滞在しないでしょう。 米国でのESTA更新 ESTAは米国にいる間に延長または更新できません。認証は米国またはその領域に到着する前に取得していなければなりません。しかし、米国滞在中にパスポートまたはESTAが有効期限切れになる場合には、最大90日間の訪問期間のために新しいESTAを申請する必要はありません。

米国の電子ビザ

発行: May 19, 2019, 編集: Apr 08, 2019 | タグ: ESTA申請, ESTA適格性, 米国ビザ

米国は、現在米国渡航向けの外国人の電子ビザを提供していません。米国への渡航向けの唯一の「電子認証」形式はESTAです。従って、ESTAという存在を考慮して米国渡航向け電子ビザは存在しません。ESTAは渡航認証の電子システムを表わしています。ESTAは電子ビザではなく、電子ビザ免除として扱われていて、観光、商用または乗継の目的で、38か国のビザ免除諸国のパスポート所持者が利用することができます。この38か国の有資格国はhttps://official-esta.jp/visa-waiver-program/で調べることができます。承認されたESTAを取得している渡航者は、デジタル的に米国への渡航許可を与えられ、パスポートとその他の申請情報は、米国入国のすべてのポイントで国境当局がアクセスできる税関・国境警備局(CBP)システムに電子的に送られます。 ESTAの目的は、米国への出発前にCBPが渡航者を審査することに役立てることです。ESTAは、CBPが米国向けの航空機または船舶搭乗からセキュリティリスクをもたらす人を防ぐのに役立ちます。ESTA認証はオンラインで1日24時間申請することができます。ESTA申請提出に利用されるウェブサイトではメンテナンスの延長を経験することがめったにないので、非常に利用しやすくなっています。ESTA申請の決定は、通常は申請書提出60秒以内、またはメール経由で決定されます。このようにESTAは実際に電子渡航認証としてみなされ、取得や申請、使用に物理的なフォームや文書は必要ありません。 米国は、発行前に大使館での面接や幅広い確認の必要性を与えて、B-2観光ビザ、B-1商用ビザ、またはC-1乗り継ぎビザなどの人気のビザタイプの電子ビザを実行します。これは、ESTAの資格がない渡航者には不便かも知れませんが、ビザタイプの区別には理由があります。ESTAは渡航者がビザを取得するために与えられる追加の権利を与えずに、一般的な商用または観光の渡航向けに使用するために渡航者に十分な許可を提供します。これによってCBPはもっと精密に訪問者を分けて、セキュリティまたは入出国関連のリスクをもっともたらすとみなす渡航者を審査するために一層の努力をすることができます。

ESTA申請ガイドの完成

発行: May 08, 2019, 編集: Mar 27, 2019 | タグ: ESTA, ESTAアプリケーションガイド

10年以上の間、ESTAビザ免除プログラムは米国への観光客や出張を簡単にしてきました。その初めから、さまざまな申請要件における変更が行われ、一部の例では特に申請書の要件、資格、セキュリティスクリーニングへの広範な追加があります。 ESTAは他の従来のビザとはまったく異なります。まず、ESTAは「ビザ免除」です。つまり専門用語のビザではないということです。ESTAとは短期間で国に入国する簡単な方法を提供するもので、目的が達成されたら、米国外に出るということを必要とているものです。逆に、従来のビザは、ESTAと比較して人々が特定の目的で長期的に米国へ入国することが許可されます。 もっと重要なことは、ESTAは米国民、または米国永住権または労働ビザを保有する人に与えられる法的権利を米国訪問者には提供しないので別物であるいうことです。例えば、ビザを所有している人は適用された有効期限の間、同じく特定の入国の権利が許可されている限り、米国に渡航する能力があります。ESTA渡航者は、90日間を超えない限り商用またはレジャーで短期滞在だけが可能です。逆に、米国ビザ所有者は10年間であっても滞在目的を達成するまで国内に滞在することができます。 有効な米国ビザを所有している人はESTAビザ免除を申請する必要はありません。言い換えれば、有効なビザがある人は機能の重複を避けるために渡航許可を申請する適用がないということです。米国税関・国境警備局(2017)の条項によると、別の国の領事館が渡航を承認していることを証明しますが、両方の形式のビザを持つことが米国入国を保証するものではないとしています。渡航申請の許容性を決定するのは米国入国管理局の権限の裁量であり、しかも申請者へ渡航を承認、拒否する理由を与える必要はありません。 にもかかわらず、資格要件を満たし90日の短期間内で用途が正当であるならば、個人がESTAを申請することができます。免除プログラムにリストされている38か国から来るならば、ESTAビザ免除プログラムの元で許可の資格があります。これらの国は次の通りです:オーストラリア、オーストリア、アンドラ、ベルギー、ブルネイ、チリ、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、日本、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、マルタ共和国、サンマリノ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、英国です。これらの国の国民であることに加え、申請者は以下の資格要件を満たす必要があります。 申請者は訪問者ビザを所持していてはいけない 滞在期間は最大90日間 これらの目的は長期的な滞在を要求しないので、渡航は観光または商用とする。そのために長い申請処理が不要になる ビザ免除プログラムに参加している国によって法的に発行された有効なパスポート 申請者が国の居住者でない限り、計画された渡航が隣接した領域または近隣した領域で終わらない 移民および国籍法を通じて米国税関・国境警備局に正当な理由を提供する ビザ申請に必要なすべての条件が満たされた生体情報認証、有効なパスポート、個人詳細を通じて証拠を提供する 9/11の出来事以降、特に、米国の健康、安全性、福利、セキュリティに脅威を与えないとみなされる人は資格がある

ESTAを更新できますか?

発行: Apr 24, 2019, 編集: Mar 27, 2019 | タグ: ESTA, ESTAの更新, ESTAの有効期限

ESTA申請を更新する方法について疑問に思っているようであれば、現在、米国税関・国境警備局はビザ免除プログラムを通じてESTA申請更新を許可していません。例えばあなたがESTA申請状況を確認して、その状況が「申請期限切れ」または「申請が見つかりません」の場合には、新たにESTA申請を提出する必要があります。同じように、最近新しいパスポートを取得した場合には、再度ESTA申請をする必要があります。ESTAは、本質的に電子入国許可システムなので、オンラインで申請を完了させ、費用を支払う必要があります。有効または期限切れのESTA申請も延長することはできません。 保有しているESTAを更新すべき? 米国訪問者はESTA申請に関して不要に誤って考えを持っています。米国出発の日の前に有効期限切れになる場合に限り、ESTA更新が必要となります。新しいESTA取得は、米国に滞在できる日数をリセットせず、米国入国のあなたのリクエストを査定する国境警備隊の好ましさの度合いを増やすものではありません。 再申請するためにESTAの期限切れを待つべきですか? いいえ、有効な許可書があっても新しいESTAを再申請することができます。既存の許可証の有効期限の前でも後でも、新たなESTAを申請することが可能です。 再申請していますが、既存の申請に関して警告があります。どうしたらいいですか? 以前のESTAがまだ有効な間に、新しいESTAを申請している場合には、「このパスポートには30日以上有効な、承認された申請があります。この申請書提出すると、この申請の手数料が必要となり、その後に既存の申請が取り消されます。」と説明されたシステム警告メッセージを受け取ります。以前の申請に上書きをして継続したい場合には、続行することが可能で、以前のESTAはすぐに期限切れとなって新しいESTA申請がパスポート詳細に関連付けられます。ESTAが承認されると、承認の日から2年間、またはパスポートの有効期限の先に来る日付まで有効となります。この2年間の間、合計で90日を超えない滞在で、ビザ免除プログラムを利用して米国に住もうとする人としてCBPにみなされない限り、複数の訪問にESTAを使用することができます。

ESTA適格性の質問は?

発行: Apr 10, 2019, 編集: Mar 27, 2019 | タグ: ESTAに関する質問, ESTAアプリケーション, ESTAの資格

ESTA適格性の9つの質問は、ビザ免除プログラムにおいて、米国税関・国境警備局(CBP)が米国への申請者の許容性を決定することに役立てることを目的としています。それぞれの質問は、個人の健康、犯罪歴、薬物歴、テロ関連行動、米国での雇用願望、米国入国、ビザ履歴のほか、アフリカや中東の国を選択する渡航歴などの面における申請者の回答は、申請者がセキュリティリスクをもたらすかどうかという明確な表示をCBPに与えるので、非常に重要です。 ESTA適格性質問1 「あなたは身体的あるいは精神的な疾患がありますか、あるいは薬物乱用者または依存症ですか、あるいは現在以下の疾病を患っていますか(伝染病についてはsection 361(b) of…

ESTAの質問とは?

発行: Apr 01, 2019, 編集: Apr 09, 2019 | タグ: ESTAフォーム, ESTAアプリケーション, ESTAに関する質問, ESTAガイド

ESTA申請書は、国土安全保障省によって処理・管理されます。申請の目的は、相当量の情報を集めることです。それによって米国税関・国境警備局が膨大な海外テロ、飛行禁止、犯罪データベースから申請者詳細を検討することができます。しかしESTA申請に時間がかかり過ぎて扱いづらいようであればオンライン渡航認証の目的は損なわれ、渡航者にとって不便で米国への観光への意欲を失わせることがあるので、米国職員は申請時間を思慮しています。従って、申請のESTAの質問は、申請者が米国の好況の安全に考えられるリスクを課さないという信用を国境当局に提供する最低レベルの情報を尋ねる要望を反映しています。 以下の表はESTAフォームの各セクションで尋ねられる質問欄の参照として使用することができます。(供給源: https://www.cbp.gov/)

ニューヨークのビザ

発行: Mar 27, 2019, 編集: Mar 27, 2019 | タグ: 米国ビザ申請, 米国のビザ条件, 米国ビザ

ニューヨークのビザ、またはESTAビザ免除にご興味がある場合には、この短い記事があなたの適切な申請に必要な情報を提供するでしょう。 眠らぬ街ニューヨーク。ニューヨークは世界で最も賞賛されている観光名所のひとつ。毎年5,400万人の外国人、米国人観光客に利用されています。このように誰もが簡単に全世界の大流行と好ましさを想像することができます。この巨大都市には28,000エーカー以上の緑地と14リニアマイルの公共のビーチが広がっています。ニューヨークには多数のアトラクションがあって観光客の心を奪います。さらにアトラクションはとても変化に富んでいて、この街はどの年齢の方にもご興味にも何かがあります。最も重要なことは、街は多大な音楽文化と歴史を備えていて魔法のようにメロディアスだということ。ニューヨークシティは食文化で有名で、さらにもっと多様性があります。珍しい料理の中でも一番珍しいものもこの街では手に入れることができます。ニューヨークのビザまたはビザ免除はニューヨークへの渡航前に獲得する必要があります。 ビザ免除プログラム(ESTA) ビザ免除プログラム(VWP)は、特定の国のパスポート所持者がビザを申請せずにニューヨークに簡単に入れることを目的としていました。現在ではビザ免除プログラムのメンバーは38か国です。観光目的、商用、乗り継ぎ目的、または治療を受ける目的の90日以下のニューヨーク訪問を希望する個人に資格がある場合があります。ESTAビザ免除は、最長2年間、またはパスポート有効期限日のいずれか先に来る有効性で発行されます。 ビザ免除プログラムの資格を満たす必要がある追加要件がいくつかあります。以下記載通りです: 承認される商用 事業仲間との相談 科学、教育、専門またはビジネスコンベンションや会議への参加 短期トレーニングへの参加(滞在に付随的な費用以外、ニューヨークのどのソースからも支払いを受けることはできません) 契約交渉 承認される観光目的 観光 休暇(休日) 友人や親戚と訪問 治療 共済組合、社会組織、サービス組織が主催するソーシャルイベントへの参加 音楽、スポーツまたは類似イベントやコンテストへのアマチュア参加。そうでない場合には勉学の短期レクリエーションコースで登録参加に支払いをされておらず、学位の履修単位のためでないもの(例えば、渡航中の2日間の料理クラスなど) ビザ免除プログラムで許可されていない渡航目的 学位のための勉学 雇用 海外プレス、ラジオ、映画、ジャーナリストやその他情報メディアとして働く 米国に永住 追加要件 訪問者はESTA(電子渡航認証システム)の下で認証がなければなりません。ESTAは国土安全保障省(DHS)、税関・国境警備局(CBP)の自動ウェブベースシステムを構築していて、観光でも商用でもニューヨークにビザなしで渡航する資格を決定します。 承認された往復の航路または海路の旅程で渡航する場合に、米国だけに入国ことができます。 事前の国境拒否がないので、以前米国ビザ要求を拒否されたことがある場合には、ESTAを受ける資格がない場合があります。 電子パスポートが必要です。 観光ビザ、商用ビザ、訪問者ビザ ESTAビザ免除の資格がない、またはニューヨークに90日間以上滞在したい場合には、B1商用ビザ、B2観光ビザ、またはB1-B2訪問者ビザが必要となります。訪問者ビザにはさまざまなカテゴリーがあり訪問目的に応じて分類されます。 カテゴリー…

ESTA(エスタ)がまだ有効かどうかを確認する方法は?

発行: Mar 26, 2019, 編集: Mar 26, 2019 | タグ: ESTA, ESTA期間, ESTA有効

お持ちのESTA認証番号と有効期限を検索するためには、渡米前に既存のESTA申請の状況を確認しましょう。パスポート詳細のほか、申請者の姓名でフォームに記入するだけでESTAの有効期限とESTAの有効性を確認し、ESTA番号を検索することができます。申請がまだ有効であれば、ESTA状況、認証番号、有効期限日が提供されます。ESTAの有効性の確認によって返信される可能性がある状況は5つあります。 ESTA申請が見つかりません 「申請が見つかりません」は通常、元のESTA申請書に誤った情報を提供している申請者の結果です。そのために正確または誤った生体情報間に構築されたリンクがありません。生体情報には、申請者名、パスポート発行国、パスポート番号、パスポート発行日、有効期限日などの詳細が含まれます。あるいは、「

シェア

FacebookTwitterGoogle+Youtube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する

ツイート

アーカイブ