ESTA情報

Blog on ESTA visa waiver news and updates

米国での免税品の購入

発行: Jul 26, 2022, 編集: Jul 26, 2022 | タグ: 渡航制限, 米国税関

関税とは? 関税とは、米国国境を越えて輸送される製品に対して輸入者、輸出車が支払う税金です。関税は国の経済、環境、そして製品、特に禁制品が国に出入りする方法とコントロールする仕事を保護するために欠かせません。 課税品とは? 課税品とは、関税を負うべき品物です。各製品には、さまざまな要因から決定されている指定の関税があります。これらの要因には、製品が作られた原産国や地域、製品製造に使用されたが材料などがあります。戻って来るものも「申告」すべきですが、米国を離れる時にはしません。例えば、海外にいる時に得たスーツや外国にいる時に手に入れたギフトなどの変更を申告する必要があります。米国に帰国する人は「戻って来た米国製品」(AGR)を申告する必要はありませんが、アメリカ合衆国税関・国境警備局に製品がAGRであることを証明する準備を常にしておくべきです。十分な証拠がない場合には関税を支払うことになってしまうことがあります。 関税請求方法は? 関税はパーセンテージで支払います。レート決定要因は、原産国で支払われた製品の合計購入金額です。製品の重量、サイズ、数量などの要因は、パーセンテージ決定には関係ありません。統計品目番号(HTS)を利用して、存在するほぼすべての製品の課税率を決定することができます。アメリカ合衆国税関・国境警備局(CBP)は、製品の課税率を確認したい時の参照マニュアルとして、注釈付き米国HTSコード(HTSUS)を利用します。HTSUSは、適用される関税率を提供し、米国に輸入されるすべての製品の統計カテゴリーを識別することに役立ちます。 免税店製品はどうなりますか? 免税店で購入した製品は、購入した国で税金が無料となるだけです。つまり、個人の許容を超えた免税品製品がある場合には、母国の入国地点に到着したら製品の関税を支払わなければならないでしょう。海外、米国のいずれで購入したとしても、関税が適用されます。米国に戻って来る時に米国の免税店で購入した製品でも、米国の関税も支払います。例えば、カナダに行く途中にニューヨークにある免税店でアルコール飲料を購入し、その後で旅行から戻る時に、持ち物にそのアルコール飲料を持って米国に戻って来た場合、その飲料は、内国歳入税(IRT)と関税の両方の対象となります。 関税の計算方法は? 数量が課税控除額を超えていなくても、基礎控除ではなく、均一関税率を課税製品に対して支払うだけとなります。例えば、2リットルのアルコール飲料を含む200米ドルの価値がある製品を海外から持って帰って来た場合、基礎控除以下として1リットル分は関税がかかりません。残りの1リットルに対しては、相応の内国歳入税(IRT)と併せて、3%の関税を支払わなければなりません。 共同申告とは、同居していて米国に一緒に戻る家族による税関審査のことです。家族は海外での購入品すべてをまとめて、組み合わせた一律の税率からメリットを得ることができます。誰が指定の製品を所持していても関係ありません。例えば、家族が一緒に旅行した場合に、家族4人が製品を合わせると、すべての製品が均一関税率の対象ならば、4,000米ドルに対して均一関税率を支払うことになります。 たばこ製品に違いはありますか? 訪問、海外からの帰国のどちらでも、21歳以上の米国訪問者または居住者は個人許容範囲で指定されている量以下のタバコ製品を持って来ることができます。たばこの場合、渡航者はタバコ200本、葉巻100本まで持ち込むことができます。前もって輸出たばこを400本申告して、それが「戻って来た米国製品」であることを証明したら、関税を支払わずにAGRで米国への入国許可がされます。たばこ製品の許容された基礎控除を超えた場合、没収、拘留、放棄、罰金なの対象となります。ほとんどの米国訪問者または居住者は免税店、国際的に運営されているショップや海外のショップでたばこ製品を購入します。これらの製品は「非課税」などのマークが記載されています。「米国外での使用」または「米国外での使用のために米国で免税」とあります。 例えば、それぞれの訪問者または帰国する居住者には31日ごとに800米ドルまで免税の基礎控除の資格があります。アメリカ領ヴァージン諸島の控除では米国の領海線外では少なくとも48時間過ごさなければなりません。訪問者または居住者がフリーゾーンや港がある近接州から来ている場合、24時間以上米国の領海線を越えたままでいるべきです。 アルコール飲料 アルコール飲料を所持した米国人でない訪問者または帰国する米国居住者は、アメリカの1リットル(33.8液量オンス)の個人租税控除の資格があります。ですが、渡航者は21歳以上でなければならず、飲料は販売目的ではなく個人用途のものでなければなりません。最後に飲料は訪問者の最終目的地または居住者の本拠州で合法であるとみなされます。 連邦法に従い、個人用途である限りは1リットルのアルコール飲料は免税であるとみなされます。一部の州では渡航者は1リットル以上持ち帰ることができますが、IRTや関税などすべての適用される税金を支払わなければなりません。 連邦法では、基礎控除金額以上を持ち帰る量に関して制限を指定していません。ですが、普通ではない量であれば、再販など他の目的で製品を輸入していると捉えられる場合があります。そのような場合、CBP職員はアルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局の法律、規則、規制を実行します。職員には輸入した商品が商用であることを申告する権限があります。このような決定は、製品を取り戻したければ、許可を得て、飲料輸入に対する正式な輸入通関を申請する必要があるということを意味します。 ライセンスがない場合、州法では…

医療機器を備えて米国に渡航

発行: Jun 30, 2022, 編集: Jun 30, 2022 | タグ: 航空安全, 空港のセキュリティ

医療用品や機器を持って渡航することは厄介なことがありますが、不可能ではありません。簡単に処理すべきコツを下記にてご紹介します。      ポートや栄養管などの外部医療機器を持って渡航する人は、チェックポイント到着時に警備員に知らせるべきです。その後に警備員は適切に審査するためにあなたの手助けをし、あなたがチェックポイントを通過している間に医療機器に2度目の審査をします。 ペースメーカーなどの内部医療機器を装着している場合には、審査前にこのことを警備員に知らせるべきです。その後に警備員が適切に審査するので、遅れることなく、搭乗エリアに進むことができます。 医療デバイス、障害、疾患がある渡航者への助言 1つ以上の医療機器を使用する必要がある疾患または障害を持った渡航者は、渡航への支障としてTSA(運輸保安庁)チェックポイントで検査する理由がありません。実際の所、搾乳機やCPAP機を持って渡航することは問題はありません。オストミーパウチやインシュリンポンプを持って渡航する必要がある場合、飛行しない理由にはなりません。一時的な疾患がある人、例えば骨折などの場合、TSAチェックポイントで妨げとはならないはずです。 実際には、すべての渡航者はチェックポイントで審査されなければなりません。疾患または障害がある渡航者、またはその渡航同行者は、審査プロセスに関する懸念に対処するためにできるだけ最適な方法をTSA職員と自由に話すことができます。渡航者は患っている状態を個別に説明するTSA通知カードなどの医療書類をその職員に提供できます。セキュリティ審査手続きへの便宜についても尋ねることができます。 疾患、医療機器、または障害を持った渡航者がTSA…

障害者と一緒に米国に渡航

発行: May 28, 2022, 編集: May 28, 2022 | タグ: 障害のある旅行, 航空会社の安全性

「障害を持つアメリカ人法」は、1つ以上の主要の生命活動を著しく制限する精神または身体的欠陥がある場合、その人は障害を患っていることと規定しています。良い知らせとしては、ACAA(航空アクセス法)により、どの航空会社も、障害によって旅客の対処に不公平または害を与える差別をすることは違法であるとされていることです。この法律の施行を担うのはDOT(運輸省)で、米国発着すべてのフライトに適用されます。 法律では、すべての航空会社は障害を患っている旅客に対して特定の種類の援助を提供することも要求しています。そのリストには、支援機器のアップロードと保管の手助け、車いすや、搭乗、降機、および2番目のフライトへの接続に対するその他のタイプの援助の提供、障害者の方が必要な場合がある特定のタイプの座席の手配の手助けなどがあります。こうすることで、障害のある渡欧者はほぼどの国際目的地にも飛行し、必要な準備を完了させることができます。聴力損失、資力喪失、運動制限、認知障害などの特定のタイプの障害がある渡航者には、特別・個別な注意が必要な場合があります。 米国への旅行を予約する前に、障害がある渡航者の方は、障害あって旅行する際に何か困難なことがあるかどうかを見つけるために、特化したツアー運営会社や旅行会社に相談に乗ってもらって可能な旅程を査定すべきです。2番目に、旅行のヘルスプロバイダーと旅行のことを話し合って忠告してもらいましょう。3番目に、旅行のどの側面も計画し、要件に対応できる必要な宿泊施設を予約しましょう。 障害者と一緒の渡航に関するACAAガイドラインは? ACAAガイドラインの点から、障害のある旅客が援助を求めた場合、航空会社はいくつかの特定のアクセス性要件を満たすことを義務付けられています。例えば、航空機の扉へのアクセス(理想としてはレベルエントリーブリッジ経由)、取り外しができるアームレストがある座席、通路側の座席などがあります。30座席未満の航空機は、普通は上記要件が除外されます。 60席以上の座席があるどの飛行機でも、機内の車いす(通路側の座席)を提供することが義務付けられており、スタッフは座席からトイレに移動する手助けをしなければなりません。航空会社スタッフは車いすから車いすに、車いすから座席に、車いすからトイレの座席に移動させる必要はありません。その他にも、旅客がトイレに行く、食事をする、薬を投与する手助けをする必要もありません。 2つ以上通路がある幅の広い航空機だけが、完全な障害者用トイレを提供するように義務付けられています。手助けが必要な障害のある旅客は、付き添いまたは仲間と一緒に渡航する方が良いでしょう。ですが、理由の範囲内で、航空会社は、障害のある人に付き添い人と一緒に飛行することを義務付けることは許可されていません。 航空会社は、障害を患っている旅客の事前告知を強要することは許可されていません。ですが、可能であれば、以下のような場合には、48時間前までに事前告知のほか、準備に時間が必要となる特定の適応タイプに対して1時間早いチェックインを必要とすることは許可されています。 保育器の運搬 フライト中に使用される医療用酸素 人工呼吸器用の航空機の電源への設備接続 担架で渡航しなければならない人の座席 60座席未満の航空機での電動車いすの運搬 他の支援機器で使用される車いすのバッテリーまたはバッテリー用の危険物包装の提供 グループとして飛行する10人未満の障害者のグループの座席の提供 障害者用トイレが備わっていない航空機搭乗で使用する車いす(通路側の座席)の提供 アメリカ合衆国運輸省は通話料無料のホットラインがあります。音声通話の番号は800-778-4838、TTY通話は800-455-9880です。この2つの電話番号は、祝祭日を除く平日午前9時から午後5時(東部時間)にご利用いただけます。この問い合わせのラインは、障害者に関連する緊急を要する問題がある空路の渡航者に役立ち、一般の人々に障害のある空路の渡航者の権利に関する総合案内も提供します。 旅行開始前に 障害のある渡航者のアクセス性基準は国によって異なることにご注意ください。例えば、障害者の搭乗を航空会社に要求する法律がない国もあります。航空会社または船舶会社、ホテルや旅行会社に相談して、旅の間のほか、目的地で利用できるサービスに関する詳細を見つけましょう。盲導犬などのサービスアニマルがいる場合には、同じような障害を持つ人の渡航手配に特化した関連組織に相談しましょう。米国市民であれば、STEP(Smart…

米国への渡航を効率よくする方法(到着と出発)

発行: Apr 27, 2022, 編集: Apr 27, 2022 | タグ: 米国ビザの要件, ESTA要件

この記事は、米国への到着を効率よくするために役立つ情報を米国の訪問者へ提供することを目的としています。旅程予約、フライトの準備のほか、米国国境到着に関連するトピックをカバーしています。 ESTAまたはビザの申請 米国を訪問する外国国籍の人は、入国のために米国ビザまたはESTAのいずれかが必要となります。ESTAはビザ免除で、39か国の人が1訪問あたり最長90日間まで観光または商用目的で米国に入国できます。ESTAはパスポートにデジタルで関連付けられていて、オンラインで獲得できます。ESTAの資格がない、またはESTAを拒否された場合には、米国訪問を希望するなら米国ビザを申請しなければなりません。米国ビザはDS-160というデジタルフォームの送信のほか、申請者は国籍がある、または居住国の大使館か領事館で面接をする必要があります。 事前に航空券を予約する 旅程を決定したらすぐに航空券を予約することを検討しましょう。早期に予約すると希望するフライト日時で航空券を確保できます。需要によって運賃の上げ下げがある場合がある航空運賃は、通常は出発の数週間前まで料金は変動しません。商用渡航者はできるだけ早く予約することをお勧めします。普通、プレミアム航空券はフライト日程に近づくと料金が上がります。早期に予約すると航空機でお好みの座席を選択するオプションももっとあります。 事前に宿泊施設を確保する 米国到着前に宿泊施設を予約すべきです。土壇場の宿泊施設予約は、必要条件を満たす選択肢が十分にない場合に、がっかりしてしまうことがあります。ホテル、モーテル、サービス付きアパートメント、ピアツーピアの相部屋のどれでも、予算やお好みのサービスレベルに合う多数のオプションを渡航者に提供します。特定期間にそのつぃで大きなイベントが計画されている場合には、適切な宿泊施設を見つけることが難しい場合があります。そのため、事前予約は米国にいる間に滞在する場所を確保できないというリスクを軽減します。 医療問題に気をつける 何か薬品を持って行くなら、旅行中に持続するために十分に整えておきましょう。母国への帰国が遅れた場合の追加の薬品を持って行くことを考慮すべきです。薬品が米国で規制薬物の場合、薬品は、医者の文書として入手可能な処方箋情報付きで、元の容器に入っている必要があります。同時に、米国に入国できる前に、予防接種が最新であること、追加のワクチンが不要であることを確認することは良い考えです。WHOは次のワクチンを推奨しています。A型肝炎、B型肝炎、はしか、おたふく風邪と風疹、ポリオ、髄膜炎、三種混合、水ぼうそう、帯状疱疹、肺炎、インフルエンザです。米国入国のためにこの予防接種のすべてが必要というわけではありませんが、自分を危険にさらすかも知れない場所に渡航しているなら良い考えかもしれません。医者に相談して、どのワクチンを検討すべきなのか判断してもらいましょう。食事規制やアレルギーがある場合には、必ず航空会社にあらかじめ知らせておきましょう。そうすれば、口にしても安心な食事や飲み物を準備してくれます。 機内持ち込み荷物のパッキング これは、航空機に持ち込むバッグやパックのことです。このバッグにはすべてのアイテムが許可されているというわけではないので、選択した航空会社の規制を必ず把握しておきましょう。渡航書類、身分証明書、航空券、搭乗券、クレジットカード、現金、健康・旅行保険カード、薬品、充電器と携帯電話を入れるべきです。何か読むもの、機上の気候によっては衣類の着替えも入れたいかも知れません。機上に何か液体を持ち込む計画であれば、3-1-1ルールに従う必要があります。これは、各ボトルは3.4オンス(約100g)以下、1クォート(約1リットル)のファスナー付きバッグにすべて合う、各渡航者は1枚しかバッグを持ち込めないという意味です。ですが、一部の空港では、薬品用であれば、渡航者は追加のバッグを持ち込むことができます。 チェックインの荷物のパッキング 荷チェックインの荷物ですが、荷物の追加手数料を支払わない限り、チェックインできる荷物の数が通常は規制されています。効率よくパッキングして、渡航中に持ち歩くチェックイン荷物の費用と荷物数を減らしましょう。危険な製品、特に可燃性のものや、機上で人々の健康と安全性に危険をもたらすものに関する規制に注意しましょう。許可されるなら、荷物の一番上の所に電子機器を入れておくべきです。そうすると、空港警備員が簡単に審査することができます。 空港到着前に 渡航日には空港に早めに到着し、フライトに影響を与える変更がある場合に備えて、アナウンスや警告に注意しましょう。通常は出発2時間前の到着が推奨されている時間ですが、北米以外の所から米国に到着する場合には、追加の時間が欲しいかも知れません。渡航をさらにスムーズに進めるためには、オンラインでフライトにチェックインする、または早めの搭乗をリクエストすることを検討しましょう。病状がある、または障害がある場合には、航空会社に知らせると、到着時に準備してもらえます。 チェックインターミナルで 空港のチェックインターミナル到着時には気をつけることがいくつかあります。パスポートや渡航書類のほか、形態電話と印刷した搭乗券も必ず準備しておいてください。セキュリティに進む時に、液体と電子機器を移動させて、チェックポイントの入れ物にいれなければなりません。靴を脱いでジュエリーを外し、X線装置を通ります。セキュリティ審査機を通ったら、手荷物を集めて、ターミナルに移動します。 米国到着時に 別の国から米国に渡航する際には、到着時に税関を通過する必要があります。早く通過できるように、パスポートと記入した税関フォームを持っているようにしてください。税関を通過したら、荷物を受け取って目的地に向かうことができます。 最後に この記事では、米国訪問を計画している渡航者に考慮点に関する概要を提供しました。渡航日程計画、パッキング、フライト、米国国境到着に関して、いくつかのトピックを話してきました。渡航に関する計画を効率よくすると、米国訪問をもっと楽しむ時間ができるでしょう。

アメリカ文化に関する渡航者ガイド

発行: Mar 29, 2022, 編集: Mar 29, 2022 | タグ: 観光のためのESTA

米国は広大な国です。50州におよび、3億2,500万人の人が住んでいます。西欧諸国と比べるとまだ比較的若い国ですが、米国には多様で豊かな文化と歴史があります。米国のそれぞれの州は、趣、法律、体質、価値の点で独特です。 もしあなたが渡航者なら、これはチャレンジであり、エキサイティングになるでしょう。下記にて米国の文化を簡単にご紹介します。観光客または商用渡航者としてこの国を訪問する時に理解すべき欠かせないことをいくつか特集します。 地勢、年、人口 近代米国文化を見る前に、国の規模に 関連する人口統計を見ると役立ちます。アメリカ合衆国は、インドと中国に次いで世界で3番目に人口の多い国です。地理的な観点からでは、世界で4番目に大きな国となっています。 そのため、9つの時間帯があり、合計50州で構成されています。これには太平洋のハワイ州とカナダの北西地域アラスカ州が含まれます。 ワシントンDCが首都ですが、最大の都市はニューヨークです。ニューヨークの人口は900万人です。米国で他に人口密度が高い都市には、サンノゼ、ロサンゼルス、ダラス、シカゴ、サンディエコ、サンアントニオ、ヒューストン、フェニックス、フィラデルフィアがあります。 自然の風景は居住者と同じように独特で異なっています。穏やかなマイアミビーチから、雪がピークに達したコロラドの山頂、カリフォルニア州シエラネバダ山脈の青々とした森林、そしてアリゾナの広い砂漠に至るまで、米国の地勢は各州のアイデンティティの重要な一面を形成しています。 国家として、米国は地域に分けられています。北東部、南部、中西部、西部です。各地域には独自の文化や趣があります。 国家の象徴 米国には、国歌、旗、モットー、印章など多くの国家の象徴があります。アメリカ合衆国の国旗は、国家の重要な部分であると考えられています。米国は、大英国の統治に対する反乱後に建国されました。長い間、旗は圧政のすべての形からの自由の象徴として見られてきました。星とストライプですが、合衆国の国旗には50州それぞれにひとつの星があるほか、最初の13の植民地を表すために使用された縞があります。 国歌の『星条旗』には、アメリカ革命の紹介として使われる感動的な歌詞が入っています。米国の国歌と旗はそれぞれ親密な関係があります。                米国には2つのモットーがあります。「我々は神の信じる」は1956年に公認された最初のモットーで、国歌の最後の節で引用されています。このモットーは、そのまま訳すと「多数からひとつへ」という以前の非公式のラテンのモットー「E…

米国へ空路で渡航する際に着るものは?

発行: Feb 28, 2022, 編集: Feb 28, 2022 | タグ: 観光のためのESTA, ビジネス向けESTA, 航空会社の安全

快適に渡航 米国への長距離フライトでの渡航は疲れることがあります。多くの場合は、フライトの遅れ、温度変動、脱水症状の状態などです。そのため、旅立つ前に衣類を着る最適な方法を知っておくことが賢明です。適切に衣類を着ることも重要です。この記事では、米国への長距離フライトに乗る渡航者のために、いくつか重要な考慮点をカバーします。 安全性第一 事前に衣類を考える場合には、快適、ふさわしい、着脱しやすい生地のものだとチェックインやフライトでの遅れを止めます。合成素材は可燃性で、皮膚の炎症を起こすことがあるので、快適な適した生地を選びましょう。 重ね着 重ね着はさまざまな状況で役立ちます。空路で渡航する時には特にそうです。重ね着には、薄くて温かく、着脱しやすい軽量フリースやジャンパーがあります。使わない時には、手荷物に入れることもできます。寒い環境を出発したと思ったら、暑い天気の良い天候場所に着陸することがあります。自分の目的地の途中の航空機で温度の変化に左右されるでしょう。 トップスとシャツ 涼しくて湿気も吸収するコットンやリネンなどの天然素材の衣類を着用することはいつでも良い考えです。機内の温度は空中では下がるので、長袖の衣類を持って行くことも良い考えです。ジーンズはピッタリとして制限があるので、快適でスタイリッシュな要件を満たす、着用できる一般的な衣類としては、レギンス、ヨガパンツ、チノパンなどがあります。追加の重ね着として、柔らかい素材の長袖セーターも薄手の毛布として使用できます。 薄手のフリースやセーターは、温度が下がった時にあると役立ちます。それに間に合わせの枕としても使えます。シルクのスカーフやその他の薄手素材は、手荷物に簡単にしまうことができて、特に寒い時にはカバンの中で場所を取るセーターがなくても心地よく重ね着することができます。 小さなスペースに何時間も閉じ込められるので、ピッタリフィットの衣類は避けるべきです。食事や飲み物をこぼした場合に備えて、明るい色の衣類よりも目立たないので濃い色の衣類を着用することを考慮しましょう。 ランジェリーと下着 アウター衣類のように、肌着や下着にも同じルールが当てはまります。ですから、コットンやウールなどの天然繊維がおススメです。合成繊維は、窮屈、かゆい、暑いことがあります。長いフライトの時に、ちくちくするレースやナイロンを着用していると、潜在的に皮膚の炎症や不快感が起こることがあります。 靴 どの旅行の間でも、列に並んで立っていたり、空港で移動する長い時間がある場合があります。旅行中は快適な靴を必ず履きましょう。ハイヒールを履くと旅を始めて早々に心地悪くなるのでお勧めしません。加えて、ハイヒールは客室のカーペットにダメージを与えることが時々あります。快適な種類の靴は、スリップオントレーナーやフラットシューズです。セキュリティチェックで簡単に脱ぐことができます。このような靴は、足の循環をもっと良くするためにフライト中に少しずらせます。 最後に この記事では、米国への長距離フライトでの飛行中の快適な衣類の着用に関する重要性をお話ししました。この記事のヒントをいくつか取り入れると、渡航者の方は米国への旅行でもっと快適に衣類を着用できます。

米国への陸路旅行の計画

発行: Jan 31, 2022, 編集: Jan 31, 2022 | タグ: 観光のためのESTA, ESTA要件

米国は、訪問者に探検するさまざまな地形を提供する多様な景色があります。このすべては地域から地域を横切る長い道路を通じて相互に連結していて、陸路の旅行は米国探検にすばらしい方法となっています。計画が必要なので、旅行者は訪問を最大限に活用することができます。ですが、のびのびとした計画を立てることが好きな人は、あらかじめ訪問したい場所をいくつか考えておくことが大事です。 米国渡航認証が必要 米国への訪問にはビザまたはビザ免除の取得が必要となります。国に滞在したい期間に関係なく承認が必要です。3か月以内の滞在を予定している人なら、ESTA(電子渡航認証システム)を利用することを検討すべきです。この期間以上の訪問には、正式なビザの取得が必要となります。米国に足を踏み入れた瞬間からこの90日間の期間が始まります。南米、カナダ、カリブ海へ回り道をするなら、期間としての旅程がリセットされないことにご注意ください。90日間の訪問を必ず最大限に活用できるようにしましょう。90日以上陸路の旅行を計画している渡航者は、B-2観光ビザ申請を検討すべきです。

米国で一番人気の都市

発行: Dec 07, 2021, 編集: Dec 07, 2021 | タグ: COVID-19, 観光のためのESTA

米国には何千もの都市があり、観光や商用で世界中から何百万もの人が訪問します。ですが、他と全く異なる特徴、景色、歴史、経済成長、独特な特徴を提供する都市は一握りです。下記にて米国の人気の目的地の一部をご紹介します。COVID-19 パンデミックのために、一部の目的地は大部分は閉鎖されたままですが、2022年夏までには多数の都市が観光客をまた迎え入れることが予測されています。 ニューヨーク州ニューヨーク市 ニューヨークは米国で一番人気の都市。「ビックアップル」としても知られているマンハッタンは、ウォールストリートやブロードウェイシアターのおかげで、世界最大の金融、文化ハブのひとつです。ニューヨークは眠らない街としても知られています。世界で最もアイコン的な複数のレストラン、ショッピングアウトレット、近郊地、博物館/美術館の本場です。名所には、数ある中でも自由の女神像、メトロポリタン美術館、タイムズスクエア、エンパイア・ステート・ビルディング、セントラ―ルパークなどがあります。ニューヨークは観光客、投資家、職を求める人にも人気の目的地であり続けています。 カリフォルニア州ロサンゼルス 天使の街としても知られ、世界中の旅行者に幅広く名高い目的地。ロサンゼルスは、セレブ、名声、幸運の本場ということは言うまでもなく、娯楽と贅沢な不動産の世界のハブです。その名声の多くは、複数の世界的に有名な博物館/美術館や公園、ビーチ、それにハリウッドやビバリーヒルズなどの地域があることが理由です。観光客向けの他のアトラクションには、ハリウッドヒルズ、アイコン的なハリウッドサイン、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム、ユニバーサルスタジオ・ハリウッド、ウォルトディズニーコンサートホールなどがあります。 ネバダ州ラスベガス ラスベガスはネバダ州のモハーヴェ砂漠にある最大都市。この年はカジノの輝くネオンのほか、世界クラスのホテル、展示会、テーマパーク、博物館/美術館、その他複数のレクリエーションセンターで、世界中で認識されています。ラスベガスは、娯楽オプションの範囲が広いので、世界のエンターテインメントの首都というニックネームがついています。ギャンブル、買い物、ナイトライフ、スポーツイベント、バチェラー・パーティやバチェロレッテ・パーティ、結婚式、週末の息抜き、家族旅行にも、ずっと人気の目的地です。 ワシントンDC この都市は米国首都であるという事実で知られています。稼働する連邦都市ということに加え、人目に立つ観光客の目的地、国際的な中心都市でもあり、並ぶもののない米国史の宝庫です。ワシントンDCは多くの博物館/美術館や、建国者、大統領、米国史で力を発揮した市民への賛辞であるモニュメントの本場です。それにはジェファーソン記念館、リンカーン記念堂、ベトナム戦争戦没者慰霊碑、第二次世界大戦記念碑、ワシントン記念塔、いくつかのすばらしいスミソニアン博物館、舞台芸術向けのジョン・F・ケネディ・センターのほか、ホワイトハウスがあります。 カリフォルニア州サンフランシスコ サンフランシスコも米国で人気の都市。その名声は、折衷主義の食事のシーン、涼しい海洋気候、急な坂、気楽な芸術文化、パステルカラーのヴィクトリア朝の家、それにアルカトラズ島によるものです。この都市は、近郊で多数のアウトドアアクティビティを提供します。何百万もの観光客やビジネスマンが毎年サンフランシスコを訪問します。 カリフォルニア州サンディエゴ サンディエゴには70マイルのビーチがあり、何百万もの地元の人や海外観光客の人気の目的地となっています。ワールドクラスの家族のアトラクションがあり、サンディエゴ動物園、シーワールド…

米国にペットやサービスアニマルと一緒に渡航

発行: Nov 20, 2021, 編集: Nov 20, 2021 | タグ: ペット, 航空会社の安全

同伴、サービスアニマル、エモーショナル・サポート・アニマルのどの動物が飼い主と同伴するにしても、米国にペットと渡航することは難しいことがあります。海外に行くことを考えているなら、ペットが米国の要件を満たすこと、そしてペットが渡航するために十分に健康であるということを確認するために、できるだけ早くかかりつけの獣医外科に連絡を取る必要があるでしょう。これには、血液検査を受けたこと、予防接種が最新であること、必要な所にマイクロチップ情報を提供することなどを保証することが含まれる場合があります。 ペットとサービスアニマル 規則や規制の点において、米国はここ数年、航空会社で渡航するエモーショナル・サポート・アニマルの認識や許可において先駆けです。難聴、視覚障害、機能障害、発作などがある方が利用できるサービスアニマルもそうです。これを利用すると、所有者が客室の座席の下に合う特別なキャリアの中に小型のネコや犬を入れて一緒に渡航することができます。ですが、すべての航空会社で許可しているわけではなく、航空会社によっては客室に動物を許可しないことを明示しています。通気、暖房のある船倉に貨物として動物を輸送するだけの航空会社もあるでしょう。 米国規制の変更 エモーショナル・サポート・ペットとして、七面鳥、蜘蛛、ヘビとの渡航を認めてほしいという顧客からの山ほどの要求の後、アメリカ合衆国運輸省は、幅広い動物をエモーショナル・サポート・ペットしてもう考慮しないという新規則を今年早くに適用しました。多くの場合、動物を無料で輸送するとか、かなりの輸送費用を避ける手段として、乗客がペットはサービスアニマルであると不正に申告することを防ぐことを目的としています。 現在までに新方針を導入している航空会社は、デルタ航空、ユナイテッド航空、サウスウエスト航空、アメリカン航空です。これらの航空会社は、動物がエモーショナル・サポート・アニマルとして医学的に考えられる公文書と、トレーニングをしているという証拠を要求するでしょう。 要件 さまざまなエキゾチックなペットを除き、米国に入国または渡航するすべての渡航者に対して、要件は同じです。1人に対して1匹だけ、エモーショナル・サービス・アニマルが許可されており、動物はネコか犬でなければなりません。米国を出国または帰国する犬に関しては、狂犬病予防注射を打っていなければならないので、少なくとも生後12週であることが要求され、最初の狂犬病予防注射の後に、渡航まで28日間待つ必要があります。米国入国に、ネコには狂犬病予防注射は不要です。ですが、一部の米国の州では要件がある場合があります。 また、動物は清潔、訓練されている、しつけされていて、あなたの目の前の座席の下またはあなたの膝の上にいることができなければなりません。その上、動物は旅行のために清潔に保たれていなければなりません。その他の航空機での健康および安全性の実用規則に従い、動物は非常口の列に配置せず、または障害を起こすために通路に突き出ないようにしてください。また、座席を使用できず、トレイテーブルから食べることもできません。 規則は変更されているので、渡航日前に各航空会社の方針をよく確認することは必須です。サービスアニマルを連れた米国への渡航に関する現行規則と規制が分からない場合には、詳しい情報について航空会社に問い合わせましょう。 大型の動物 一部の場合、エモーショナル・サポート・ペットとして分類されていても、客室で安全に輸送するのに大きすぎる、体重がありすぎると考慮される場合があります。このような状況の場合には、もっとオープンな座席オプションがある別のフライトに再予約する、航空機の貨物で動物を輸送する、動物のチケットを購入するなどの選択肢があります。ですから、航空会社に連絡する時には、サイズやその他の関連情報などペットに関する詳細をできるだけ多く提供するようにしてください。 ペットの行動 全旅客の安全性は航空会社にとって最も重要なことです。怖がらせる、または危険である行動には、噛む、噛もうとする、うなる、吠える、人に大声を出す、ジャンプするなどがあります。航空会社のスタッフと客室乗務員は、空港到着時から動物の行動を観察しているでしょう。行動を制御できない、直すことができない場合には、彼らはサービスアニマルではなく、普通のペットとしての動物に分類する権利を有しています。これによって、追加費用となる、またはあなたとペットに追加の渡航規制を行う見込みがあります。 事前告知とフォーム 航空機客室でエモーショナル・サポート・アニマルと渡航するためには、フォームを記入して、フライトの48時間前までに航空会社に送付しなければなりません。     エモーショナル・サポート・アニマルについては、一般要件は獣医の健康フォームなどのフォームを記入する、または最新情報を示す健康診断書を提供することです。サービスアニマルのメンタルヘルスや医療専門フォームの記入も求められる見込みがあるでしょう。最後に、航空会社の行動基準を動物が遵守することを確認するフォームを記入することを求められます。航空会社や空港スタッフが審査で必要とする場合には、渡航中にはフォームを持っておいてください。 その他の規制は動物の安全性と快適性、旅客の安全性にある場合があります。例えば、一部の航空会社は、猛暑のために、5~9月の間はペットが航空機で渡航する許可をしない場合があります。そのため、これも渡航プランの要因として考えなければなりません。 最後に 新しい規制は、特定の種類のペットやサービスアニマルの輸送が難しくなる、または不可能になるという意味です。短期間ペットなしで渡航できると思うなら、他の手配を検討すべきです。これには、信頼できる友達、家族、ペットホテルにペットを預けるなどが含まれます。ペットとの渡航は複雑で、関係する当時者全員に難しくなりすぎることがあるので、これらのオプションは動物にとってはさほどトラウマになる経験にはならないでしょう。渡航者は、サービスアニマルやペットを米国に連れて行く計画を立てる前に、航空会社とかかりつけの獣医に連絡を取るべきです。

米国の航空旅行に関する機内の安全性ガイド

発行: Oct 18, 2021, 編集: Oct 18, 2021 | タグ: 空港のセキュリティ, 航空会社の安全, COVID-19

毎年ほぼ4千万のフライトがあり、航空旅行は世界中で最も人気がある輸送方法のひとつです。空の旅は人気度が増していますが、増える需要と技術の進歩に合わせるために、渡航者を安全な状態に保つ健康と安全性の予防策も取り入れられています。 ここでは米国へのフライトに関する機内の安全性ガイドをご用意しました。近いうちにいつかフライトを利用する予定があるなら、このガイドラインを見ると役立つでしょう。フライト離陸前に、客室乗務員がこの機内安全性ガイドを見直して行くはずです。 安全性の実演 前述通り、航空機が離陸しようとする前に、機内アシスタントは、すべて、広範に安全性の実演を行います。この実演には注意を払う必要があります。飛行機に慣れた人には、フライト経験のこの部分に無関心になるかもしれませんが、実演する専門家は、緊急事態時に安全に分別のある行動をするために、知る必要があることをすべて見せて伝えています。 シートベルト シートベルトは、座席に固定して安全な状態に保ちます。離陸や着陸など、旅行で大事な時にシートベルト着用は必要です。ほとんどの航空会社は、通常は座席に座っている時にはシートベルトをゆるく締めておくように忠告します。空中で、フライトが何か乱気流や緊急事態を経験し始める場合にもシートベルトを締めるように求められるでしょう。これは、座席のオーバーヘッドコンソールのシートベルトサインに表示されます。 酸素マスクの場所 酸素マスクは、客室の圧力損失の場合の緊急予防策としてすべての航空機に取り付けられています。大体、このマスクは座席から頭の上の所にあるでしょう。マスクが解除されたら、顔に取り付けて必要なレバーを引くと酸素が出ます。酸素マスクは、万が一客室の圧力が損失した場合に限り解除されます。 非常口 すべての航空機は非常口を考慮していて、飛行機の翼の所にあります。この扉は、緊急事態の時に搭乗している全員を飛行機から降ろす場合に備えて、大きめで旅客が簡単に利用できるようになっています。これは、普通は客室乗務員が非常口を開けて、膨張式のスライドを降ろし、旅客が非常用救助機または地上に降りる手助けをして行われます。 非常口席 どの飛行機にも、非常口の隣に座席が並んでいます。この座席は非常口席として分類されています。この座席のひとつに割り当てられたら、フライト中に若干責任を負ってもらえるかどうかを尋ねられるでしょう。緊急の場合、避難できるように、落ち着いて非常口を操作して開くことが負かされます。この責任が不快な方は、普通は別の旅客と座席を交換する機会を与えられます。 避難 避難は、水と陸のどちらに退出するにしても、避難はまず同じプロセスとなるでしょう。避難の場合には、体を地面の方に低くし、床の一倍近い所の空気を吸います。スライドで退出する時には、ヒールなどの尖った靴を脱ぐ必要があります。退出の時には、胸の所で腕を交差して、最初に脚から飛び込みます。柔らかい膨張式のスライドで、救助機または地上に向けて滑り降りることができます。 子供の安全性 赤ちゃん連れで渡航するなら、別の座席は不要です。大体9~18kgの体重の幼児は、フライト中にチャイルドシートの着用が必要です。大体18kg以上の体重のお子様はふつうのシートベルトを使用できます。酸素マスクが必要となる緊急時には、お子様のマスクを着用する前に自分のマスクを最初につけることを覚えておきましょう。 アルコール摂取 フライト中に過度に飲むと、あなた自身が危険になるだけでなく、行動が予測不能なふるまいにつながって周りの人にも危険になります。緊急の状況では、アルコールは合理的に考える力を損ない、行動が避難手順にマイナスの影響を与えた場合には、潜在的に生命を失うことにつながることがあります。 最後に 上記の記事は…

シェア

FacebookTwitterYoutube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する