ESTA情報

Blog on ESTA visa waiver news and updates

ESTA適格性の質問は?

発行: Apr 10, 2019, 編集: Mar 27, 2019 | タグ: ESTAに関する質問, ESTAアプリケーション, ESTAの資格

ESTA適格性の9つの質問は、ビザ免除プログラムにおいて、米国税関・国境警備局(CBP)が米国への申請者の許容性を決定することに役立てることを目的としています。それぞれの質問は、個人の健康、犯罪歴、薬物歴、テロ関連行動、米国での雇用願望、米国入国、ビザ履歴のほか、アフリカや中東の国を選択する渡航歴などの面における申請者の回答は、申請者がセキュリティリスクをもたらすかどうかという明確な表示をCBPに与えるので、非常に重要です。 ESTA適格性質問1 「あなたは身体的あるいは精神的な疾患がありますか、あるいは薬物乱用者または依存症ですか、あるいは現在以下の疾病を患っていますか(伝染病についてはsection 361(b) of…

ESTAの質問とは?

発行: Apr 01, 2019, 編集: Apr 09, 2019 | タグ: ESTAフォーム, ESTAアプリケーション, ESTAに関する質問, ESTAガイド

ESTA申請書は、国土安全保障省によって処理・管理されます。申請の目的は、相当量の情報を集めることです。それによって米国税関・国境警備局が膨大な海外テロ、飛行禁止、犯罪データベースから申請者詳細を検討することができます。しかしESTA申請に時間がかかり過ぎて扱いづらいようであればオンライン渡航認証の目的は損なわれ、渡航者にとって不便で米国への観光への意欲を失わせることがあるので、米国職員は申請時間を思慮しています。従って、申請のESTAの質問は、申請者が米国の好況の安全に考えられるリスクを課さないという信用を国境当局に提供する最低レベルの情報を尋ねる要望を反映しています。 以下の表はESTAフォームの各セクションで尋ねられる質問欄の参照として使用することができます。(供給源: https://www.cbp.gov/)

ニューヨークのビザ

発行: Mar 27, 2019, 編集: Mar 27, 2019 | タグ: 米国ビザ申請, 米国のビザ条件, 米国ビザ

ニューヨークのビザ、またはESTAビザ免除にご興味がある場合には、この短い記事があなたの適切な申請に必要な情報を提供するでしょう。 眠らぬ街ニューヨーク。ニューヨークは世界で最も賞賛されている観光名所のひとつ。毎年5,400万人の外国人、米国人観光客に利用されています。このように誰もが簡単に全世界の大流行と好ましさを想像することができます。この巨大都市には28,000エーカー以上の緑地と14リニアマイルの公共のビーチが広がっています。ニューヨークには多数のアトラクションがあって観光客の心を奪います。さらにアトラクションはとても変化に富んでいて、この街はどの年齢の方にもご興味にも何かがあります。最も重要なことは、街は多大な音楽文化と歴史を備えていて魔法のようにメロディアスだということ。ニューヨークシティは食文化で有名で、さらにもっと多様性があります。珍しい料理の中でも一番珍しいものもこの街では手に入れることができます。ニューヨークのビザまたはビザ免除はニューヨークへの渡航前に獲得する必要があります。 ビザ免除プログラム(ESTA) ビザ免除プログラム(VWP)は、特定の国のパスポート所持者がビザを申請せずにニューヨークに簡単に入れることを目的としていました。現在ではビザ免除プログラムのメンバーは38か国です。観光目的、商用、乗り継ぎ目的、または治療を受ける目的の90日以下のニューヨーク訪問を希望する個人に資格がある場合があります。ESTAビザ免除は、最長2年間、またはパスポート有効期限日のいずれか先に来る有効性で発行されます。 ビザ免除プログラムの資格を満たす必要がある追加要件がいくつかあります。以下記載通りです: 承認される商用 事業仲間との相談 科学、教育、専門またはビジネスコンベンションや会議への参加 短期トレーニングへの参加(滞在に付随的な費用以外、ニューヨークのどのソースからも支払いを受けることはできません) 契約交渉 承認される観光目的 観光 休暇(休日) 友人や親戚と訪問 治療 共済組合、社会組織、サービス組織が主催するソーシャルイベントへの参加 音楽、スポーツまたは類似イベントやコンテストへのアマチュア参加。そうでない場合には勉学の短期レクリエーションコースで登録参加に支払いをされておらず、学位の履修単位のためでないもの(例えば、渡航中の2日間の料理クラスなど) ビザ免除プログラムで許可されていない渡航目的 学位のための勉学 雇用 海外プレス、ラジオ、映画、ジャーナリストやその他情報メディアとして働く 米国に永住 追加要件 訪問者はESTA(電子渡航認証システム)の下で認証がなければなりません。ESTAは国土安全保障省(DHS)、税関・国境警備局(CBP)の自動ウェブベースシステムを構築していて、観光でも商用でもニューヨークにビザなしで渡航する資格を決定します。 承認された往復の航路または海路の旅程で渡航する場合に、米国だけに入国ことができます。 事前の国境拒否がないので、以前米国ビザ要求を拒否されたことがある場合には、ESTAを受ける資格がない場合があります。 電子パスポートが必要です。 観光ビザ、商用ビザ、訪問者ビザ ESTAビザ免除の資格がない、またはニューヨークに90日間以上滞在したい場合には、B1商用ビザ、B2観光ビザ、またはB1-B2訪問者ビザが必要となります。訪問者ビザにはさまざまなカテゴリーがあり訪問目的に応じて分類されます。 カテゴリー…

ESTA(エスタ)がまだ有効かどうかを確認する方法は?

発行: Mar 26, 2019, 編集: Mar 26, 2019 | タグ: ESTA, ESTA期間, ESTA有効

お持ちのESTA認証番号と有効期限を検索するためには、渡米前に既存のESTA申請の状況を確認しましょう。パスポート詳細のほか、申請者の姓名でフォームに記入するだけでESTAの有効期限とESTAの有効性を確認し、ESTA番号を検索することができます。申請がまだ有効であれば、ESTA状況、認証番号、有効期限日が提供されます。ESTAの有効性の確認によって返信される可能性がある状況は5つあります。 ESTA申請が見つかりません 「申請が見つかりません」は通常、元のESTA申請書に誤った情報を提供している申請者の結果です。そのために正確または誤った生体情報間に構築されたリンクがありません。生体情報には、申請者名、パスポート発行国、パスポート番号、パスポート発行日、有効期限日などの詳細が含まれます。あるいは、「

シェア

FacebookTwitterGoogle+Youtube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する

ツイート

アーカイブ