ESTA情報

Blog on ESTA visa waiver news and updates

米国カリフォルニア州サンフランシスコのビザ

発行: Aug 12, 2019, 編集: Jul 25, 2019 | タグ: 米国ビザ, ESTA

始めに サンフランシスコ訪問について誰かに尋ねてください。ゴールデンゲートブリッジやアルカトラスについて話すチャンス。サンフランシスコ湾周囲の50平方マイルに87万人が住むこの街ですが、それ以上のものがあります。このガイドは観光アクティビティの概要のほか、サンフランシスコにビザが必要かどうかという情報を提供します。 サンフランシスコにはESTA、それとも米国ビザ? ほとんどの国の国民には、サンフランシスコに入るために有効なビザが必要となる一方で、「加入国」は、「ビザ免除プログラム」(VWP)の下でビザなく、観光や特定の支払いを受けない事業活動の目的で90日を超過しない期間、入る資格を得ることができます。しかし、セキュリティ強化のために、国土安全保障省(DHS)はVWPの下で米国に入国したい人は誰でもまず、渡航認証電子システム(ESTA)として知られるオンラインの手続きによって資格を確認されなければならないということも要求します。加入国の全リストはDSHによってオンラインで公開されています。 とビザの違い ESTAはビザではありません。VWP申請者が処理手数料を支払ってオンラインで必要なフォームを完了して提出できる安全なサービスです。システムは、申請者が実際に資格があるかどうかを確認し、資格があればESTA(2年間またはパスポートの有効期限のいずれか早い方)が許可されます。ESTAは観光アクティビティまたはカンファレンス参加などの支払いを受けない事業活動に関係するビザ免除プログラムの下で入国する所持者の資格を確認するだけです。仕事、勉学、結婚、または永住者などの別のすべてのアクティビティには米国大使館または領事館が発行する適切なビザが必要です。観光目的でもESTAとビザは著しく異なります。例えば、訪問者ビザは所定期間を超えて延長することが可能ですが、ビザ免除プログラムではそれはできません。ビザを所持した訪問者には、ESTA申請は不要です。VWPの下で入国の資格があるけれども、その仕組みで許可されている目的なのかどうか分からないというどの渡航者も、代わりにサンフランシスコへの適切なビザを申請することを強くお薦めします。 文化 サンフランシスコのヒッピー、フラワーパワー、フリーラブ、サイケデリック・ロック、どのドラッグシーンのカラフルな歴史も街中で実証されています。今日ではサンフランシスコはハイテックなデジタルスタートアップ、シリコンバレー、チャイナタウン、国際的な料理、歴史的建造物、ケーブルカー、モダンなアトラクションのすべてとなっています。 サンフランシスコに到着: 米国西海岸に行くためには、英国からサンフランシスコ国際空港まで直行便で11時間かかります。多くの人は、途中で2、3か所の別の目的地で数日間2週間の休暇を分ける選択をします。 街は空港からたったの13マイル。ホテルのシャトルバス、タクシー、または国際ターミナルから運行している街の高速鉄道システムで簡単にたどり着くことができます。 サンフランシスコをから外出: 街のどこの滞在を選んでも、簡単に早く出かけることができます。速さ重視であれば、タクシーや高速鉄道。シティバスは頻度が高く安価な方法です。しかし丘の多いサンフランシスコを訪問する際にはケーブルカー乗車が好ましい移動方法かも知れません。 サンフランシスコで訪問する場所: 現代世界の七不思議のひとつとして、ゴールデンゲートブリッジは訪れるべき場所。1.7マイルの橋をタクシー、徒歩、サイクリングで渡ると、土木工事のこの偉業の巨大さが強調されます。 アルカトラスのガイドツアーに参加しましょう。少し一枚上手になるために、この不気味な島やその過去のオバケのナイトツアーもアレンジします。 信じられないことに、この次が街のアトラクションで最も訪問されている場所のひとつですが、理由はすぐに分かります。ビーチストリートのフィッシャーマンズワーフのピア39は驚きのウォーターフロントの眺めを2段階で提供します。人工島で日光浴をするアシカ、レストラン、カフェバー、エンターテインメント、ショッピング、湾の水族館。午後に予定しておきましょう。 その他の興味あるエリアには1,000エーカーのクリッシー・フィールドがあります。橋に近いこの公園には、涼む、犬の散歩、ジョギングをする地元の人にとても人気のビーチ、レストラン、フィッシングピアがあります。 その歴史、繁華な雰囲気、建築物、中国料理レストランにはチャイナタウンを訪問しましょう。 グラフィティアートに興味がある人は、ミッション・ストリート・ツアーに参加しましょう。グラフィティアートに専門の明るく色が塗られた壁や建物が2ブロックに広がっています。 カリフォルニア科学アカデミーは、あらゆる年齢層に何かがあります。自然史博物館、水族館、プラネタリウム、ペンギン村を備えたこの場所は、興味いっぱいの場所です。 訪問する場所は他にも多数ありますが、食事にはどこかで並ぶ必要があります。 サンフランシスコの昼食と夕食: ホテルが必要な食事をすべて提供するかも知れませんが、地元の人のように外出して何か食べることはいつでも素敵なこと。旅行中にランチタイムのスナックを楽しみましょう。カストロ畜のIke’s…

ESTAウェブサイトの問題

発行: Aug 07, 2019, 編集: Jul 25, 2019 | タグ: ESTAウェブサイトの問題, ESTAアプリケーション

ESTAウェブサイトの問題は稀ですが、きつい時間帯の渡航者には、イライラすることがあります。ウェブサイトの技術的問題はどのオンラインシステムにも、特に高ボリュームのユーザーをサポートするウェブサイトではつきものです。ESTAシステムは99%以上の高い稼働時間を維持していますが、税関・国境警備局(CBP)は通常、週末にESTAウェブサイトの必要な更新を行います。一番多いのはGMT(グリニッジ標準時)の土曜の朝です。 ESTAウェブサイトは、どこでも1~10時間の停止期間が続きます。残念ながら、この停止時間には渡航者は予定している米国への渡航前に認証と取得することができません。ESTAウェブサイトの問題、または技術的な問題を経験している場合には、次のことをお試しください: a) ブラウザキャッシュをクリアにする b) ESTAウェブサイトに戻る c)…

一般的なESTA申請のエラーを最小限にする

発行: Jul 15, 2019, 編集: Jul 25, 2019 | タグ: ESTA申請書, ESTAフォーム

ESTA申請のエラーには費用がかかり、さらにひどい場合にはビザ免除プログラムの下で渡航認証をしないことで、米国渡航の渡航者の能力を制限することができます。従って、生じることがある多数のタイプのエラーを考慮して、ESTA申請者は注意してフォームを記入すべきです。 エラーのタイプは2つのカテゴリーに分けられます。最初のカテゴリーは、ESTA申請者が新しい申請書の提出が必要になる見込みがある、または申請者がエラーを考慮して再申請するために税関・国境警備局に連絡して例外要請をする必要がある重要なエラーを含みます。CBPより要請を拒否された場合には、申請者は米国観光または商用ビザを申請する必要があります。2番目のカテゴリーは軽度な過ちで、申請者は提出後に申請書を編集することができるエラー、または修正できないエラーながらも米国への入国に影響を与える見込みがないエラーです。 ESTA申請書で最も一般的ながらも避けられる11のトップエラーには以下のものが含まれます:

ESTA規則とは?

発行: Jul 03, 2019, 編集: Jul 25, 2019 | タグ: ESTAの資格, ESTAの妥当性, ESTAの規則

ESTAは商用、観光、治療、乗り継ぎ、その他の一時的な目的のためにビザを取得せずに米国に訪問する資格を渡航者に与える渡航認証です。米国ビザ取得手続きと比べると簡単にオンラインで取得することが可能です。米国への渡航に乗り出す前に、外国人訪問者はESTA使用の規制を認識しなければなりません。ESTA使用の規則は次の通りです: 承認期間– ESTAは米国への出発日に有効である場合に限り使用することができます。ESTAは2年間、またはパスポートの有効期限のどちらか早い方の日付で発行されます。ESTAは許容性に影響を与えずに、渡航者が米国にいる間に有効期限切れになることがありますが、ESTAの特に滞在期間に関する規則、詳細変更、渡航目的などのその他の渡航規則はまだ適用されるままです。 滞在期間…

ESTA申請をする時

発行: Jun 19, 2019, 編集: Jul 25, 2019 | タグ: ESTAステータス, ESTA申請時間

ESTA申請をする時を決定することは、申請者がいつESTA申請を開始するかというタイミングに関する良いアイデアを与えます。承認されればESTAは2年間または申請者のパスポートの有効期限のどちらか早い方の期間で発行されます。例えば、申請者が2年間に渡って米国に複数の短期旅行を計画している場合には、申請者はESTA申請前に最初の出発日に近づくまで待つともっと適しているかも知れません。 逆に、申請者が今後2年間で米国に一度しか渡航を計画していない場合には、CBPがESTA申請処理にかかる最大の時間として出発の最低72時間前までのいつでもESTA申請書を提出する選択をして申請することができます。 米国出発の何時間か前にESTAを申請したい申請者は渡航計画の混乱の危険を冒しています。ESTA保留または拒否のために米国への渡航承認できないとみなされることになります。米国に向かう訪問者は米国向けの航空機に搭乗する前、同様に米国目的地への到着時にESTAが確認されます。 ESTA申請が拒否された場合に、渡航者が米国入国を希望するならば、米国ビザを申請する必要があります。従って、「用心にけがなし」ということで、ESTA承認習得で生じることがある予期せぬ状況に備えて、米国に向かう訪問者は米国へ出発する最低8週間前にESTA申請をすることをお勧めします。これによって、ESTAを拒否された人が米国ビザ申請するのに8週間ほどあります。申請者の選択した米国大使館や個人の状況により、通常はどこでも4~6週間かかります。

フロリダのビザ

発行: Jun 17, 2019, 編集: Jul 25, 2019 | タグ: 米国ビザ申請書, 米国ビザ要件, 米国ビザ

前書き 下記の記事はフロリダのビザ取得またはフロリダのビザ免除に関する情報を提供します。 フロリダはビーチ好きな人のための州。この州は600「ビーチ」マイルにも及びます。リラックスできる雰囲気と快適な気候のために休暇を求める人のすばらしい目的地となっています。 マイアミは観光客のホットスポット。プロのスポーツチームから音楽演奏のほか、その他のアトラクションに至るまでさまざまなイベントを継続的に主催しています。人気のマイアミビーチストリップも観光客が日光浴をして海岸沿いの素敵なレストランで食事をするエリア。他の人気の街にはディズニーワールドの本拠地オーランド、人気のビーチが数か所あるフォートローダーデールのほか、マイアミから車で4時間のフロリダ海峡の人気の島キーウエストなどがあります。 この州を訪問したい人は、訪問目的のほか国籍に応じてフロリダのビザまたはフロリダのビザ免除を取得する必要があります。 ビザ免除プログラム(VWP) ビザ免除プログラム(VWP)は、90日以下の滞在にビザ不要で加入国(現在38か国)の居住者にフロリダを訪問する許可を与えます。志願者は、VWPを利用する資格がなければならず、航路または海路でフロリダに出発する前に、渡航認証電子システム(ESTA)認証がなければなりません。 観光ビザ…

ESTAとビザのどちらが必要?

発行: Jun 05, 2019, 編集: Jul 25, 2019 | タグ: アメリカビザ条件, 米国ビザ拒否, ESTAの資格

序文 米国に向かう外国籍の渡航者はESTAまたはビザのいずれかが必要です。渡航者にどちらの形式の渡航認証が必要であるかを決定することは、いくつかの要因次第です。 訪問も茎 観光、友人や家族の訪問、商用、乗り継ぎ、治療またはその他類似の短期の目的のために米国を訪問したい場合には、ESTAに資格があるかどうかを決定すべてきです。ESTA申請は非常に簡単で複雑でない申請手続きで、渡航認証の申請はオンラインで完了することができます。あなたがビザ免除プログラム38か国のパスポートを所持しているかどうか、以下のリンクを訪問してESTAの資格を確認することができます。https://official-esta.jp/requirements-for-esta 個人の状況 医療、犯罪、入出国履歴などの追加要因があり、ESTA取得の申請者の能力に影響します。これらの資格の質問の関留守最新の情報については、example.com/applyを訪問して、フォームの下部分の現在の資格に関する質問をご覧ください。 旅行状況…

ESTA持続期間は?

発行: May 22, 2019, 編集: Jul 25, 2019 | タグ: ESTA, ESTA期間

ESTAビザ免除プログラムは、ビザ申請不要で、38か国の参加諸国の国民が観光、商用、乗り継ぎ、治療、短期学習目的で米国に渡航できるようにします。ESTAは英国、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、その他多数の欧州国、アジア及び南米諸国の渡航者が米国に簡単に渡航できるようにしています。申請書完了には10-15分かかり、認証は99%の割合で即座に許可されます。 ESTA承認期間 承認されたESTAは2年間またはパスポートの有効期限のどちらか早い方で許可がおります。しかし、これは米国に2年間滞在できるという意味ではありません。ESTAは12か月間の間に最大90日までの訪問のために使用できるものです。ですから、渡航者が最近ESTAを受け取り、90日間、米国に滞在、それから国に戻ると、再度ESTAを使用するまで12か月間かかる見込みであるということです。しかし、米国税関・国境警備局(CBP)は米国への訪問で待つ期間に対して厳しい要件を設定していません。代わりに、過去の90日間の滞在後12か月以内に再度米国を訪問したい場合には、渡航者は米国ビザを申請することができます。渡航者が入国またはその他米国のビザ情報を探すようであれば、資格を持った米国出入国管理弁護士から法的な助言を見つけてください。国境警備隊は、滞在中に「理にかなった長さ」であったかどうかを確認します。渡航者が米国に住もうとしていると国境警備隊が疑う場合には、入国できません。米国への入国の裁量はCBPに決定されるので、これらはめったにないガイドラインであることをご注意ください。 ESTA申請の最適な時 渡航者が米国に渡航する時期によって、米国訪問前に渡航の大部分と認証を確実に得るために計画的にESTA申請の時期を定めるべきです。ESTA申請前の最小期間は72時間として考慮されていますが、申請が拒否されて代わりに米国ビザを申請する必要がある場合に備えて、賢く計画しましょう。90日以上米国に滞在する計画であれば、米国ビザを申請する必要があります。ESTAで滞在が超過すると、プログラムから禁じられ、米国国境で今後拒否されるという結果になる可能性があります。さらに、ESTAで滞在を超過すると、今後のどの米国ビザ申請でも承認を危うくすることがあります。 近隣国に訪問して米国滞在を延長 まず居住国に飛ばずにカナダやメキシコ、またはカリブ海などの近隣国を訪問することは、90日の滞在に計算される見込みがあります。CBP国境警護隊は、米国訪問を延長するために訪問者が利用するこの方法を認識しており、この方法を利用する人の入国を拒否することがあり得ます。本当にカナダ、メキシコまたはカリブ海を訪問したい、同様に米国に90日以上滞在したい場合には、適切に旅程を計画してください。90日を1日でも超える滞在に寛容さは恐らくないので、そうすることで米国に90日以上滞在しないでしょう。 米国でのESTA更新 ESTAは米国にいる間に延長または更新できません。認証は米国またはその領域に到着する前に取得していなければなりません。しかし、米国滞在中にパスポートまたはESTAが有効期限切れになる場合には、最大90日間の訪問期間のために新しいESTAを申請する必要はありません。

米国の電子ビザ

発行: May 19, 2019, 編集: Jul 25, 2019 | タグ: ESTA申請, ESTA適格性, 米国ビザ

米国は、現在米国渡航向けの外国人の電子ビザを提供していません。米国への渡航向けの唯一の「電子認証」形式はESTAです。従って、ESTAという存在を考慮して米国渡航向け電子ビザは存在しません。ESTAは渡航認証の電子システムを表わしています。ESTAは電子ビザではなく、電子ビザ免除として扱われていて、観光、商用または乗継の目的で、38か国のビザ免除諸国のパスポート所持者が利用することができます。この38か国の有資格国はhttps://official-esta.jp/visa-waiver-program/で調べることができます。承認されたESTAを取得している渡航者は、デジタル的に米国への渡航許可を与えられ、パスポートとその他の申請情報は、米国入国のすべてのポイントで国境当局がアクセスできる税関・国境警備局(CBP)システムに電子的に送られます。 ESTAの目的は、米国への出発前にCBPが渡航者を審査することに役立てることです。ESTAは、CBPが米国向けの航空機または船舶搭乗からセキュリティリスクをもたらす人を防ぐのに役立ちます。ESTA認証はオンラインで1日24時間申請することができます。ESTA申請提出に利用されるウェブサイトではメンテナンスの延長を経験することがめったにないので、非常に利用しやすくなっています。ESTA申請の決定は、通常は申請書提出60秒以内、またはメール経由で決定されます。このようにESTAは実際に電子渡航認証としてみなされ、取得や申請、使用に物理的なフォームや文書は必要ありません。 米国は、発行前に大使館での面接や幅広い確認の必要性を与えて、B-2観光ビザ、B-1商用ビザ、またはC-1乗り継ぎビザなどの人気のビザタイプの電子ビザを実行します。これは、ESTAの資格がない渡航者には不便かも知れませんが、ビザタイプの区別には理由があります。ESTAは渡航者がビザを取得するために与えられる追加の権利を与えずに、一般的な商用または観光の渡航向けに使用するために渡航者に十分な許可を提供します。これによってCBPはもっと精密に訪問者を分けて、セキュリティまたは入出国関連のリスクをもっともたらすとみなす渡航者を審査するために一層の努力をすることができます。

ESTA申請ガイドの完成

発行: May 08, 2019, 編集: Jul 25, 2019 | タグ: ESTA, ESTAアプリケーションガイド

10年以上の間、ESTAビザ免除プログラムは米国への観光客や出張を簡単にしてきました。その初めから、さまざまな申請要件における変更が行われ、一部の例では特に申請書の要件、資格、セキュリティスクリーニングへの広範な追加があります。 ESTAは他の従来のビザとはまったく異なります。まず、ESTAは「ビザ免除」です。つまり専門用語のビザではないということです。ESTAとは短期間で国に入国する簡単な方法を提供するもので、目的が達成されたら、米国外に出るということを必要とているものです。逆に、従来のビザは、ESTAと比較して人々が特定の目的で長期的に米国へ入国することが許可されます。 もっと重要なことは、ESTAは米国民、または米国永住権または労働ビザを保有する人に与えられる法的権利を米国訪問者には提供しないので別物であるいうことです。例えば、ビザを所有している人は適用された有効期限の間、同じく特定の入国の権利が許可されている限り、米国に渡航する能力があります。ESTA渡航者は、90日間を超えない限り商用またはレジャーで短期滞在だけが可能です。逆に、米国ビザ所有者は10年間であっても滞在目的を達成するまで国内に滞在することができます。 有効な米国ビザを所有している人はESTAビザ免除を申請する必要はありません。言い換えれば、有効なビザがある人は機能の重複を避けるために渡航許可を申請する適用がないということです。米国税関・国境警備局(2017)の条項によると、別の国の領事館が渡航を承認していることを証明しますが、両方の形式のビザを持つことが米国入国を保証するものではないとしています。渡航申請の許容性を決定するのは米国入国管理局の権限の裁量であり、しかも申請者へ渡航を承認、拒否する理由を与える必要はありません。 にもかかわらず、資格要件を満たし90日の短期間内で用途が正当であるならば、個人がESTAを申請することができます。免除プログラムにリストされている38か国から来るならば、ESTAビザ免除プログラムの元で許可の資格があります。これらの国は次の通りです:オーストラリア、オーストリア、アンドラ、ベルギー、ブルネイ、チリ、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、日本、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、マルタ共和国、サンマリノ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、英国です。これらの国の国民であることに加え、申請者は以下の資格要件を満たす必要があります。 申請者は訪問者ビザを所持していてはいけない 滞在期間は最大90日間 これらの目的は長期的な滞在を要求しないので、渡航は観光または商用とする。そのために長い申請処理が不要になる ビザ免除プログラムに参加している国によって法的に発行された有効なパスポート 申請者が国の居住者でない限り、計画された渡航が隣接した領域または近隣した領域で終わらない 移民および国籍法を通じて米国税関・国境警備局に正当な理由を提供する ビザ申請に必要なすべての条件が満たされた生体情報認証、有効なパスポート、個人詳細を通じて証拠を提供する 9/11の出来事以降、特に、米国の健康、安全性、福利、セキュリティに脅威を与えないとみなされる人は資格がある 申請者がすべての資格要件を満たしたら、満たす必要がある追加要件があります。まず、ビザ免除プログラムに参加している38か国からの有効なパスポートを持っていなければなりません。これは、許容性決定をするために必要な関情報を含んでいるので、申請処理の間に提供されなければならない基本要件です。ESTA申請の基本的要素を除くので、訪問者ビザを所有していてはいけません。 さらに、ほとんどの人が安全な支払いをする方法に関してうまく情報を得ていないので、McNeill,…

シェア

FacebookTwitterGoogle+Youtube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する

ツイート

アーカイブ