ESTA情報

Blog on ESTA visa waiver news and updates

フロリダ州キーウエスト訪問のビザ

発行: Jan 16, 2023, 編集: Jan 16, 2023 | タグ: 米国ビザ, エスタ

はじめに フロリダのキーウエストは米国で最も独特な場所のひとつです。トロピカルな気候と広大な景色で有名なこの小さな島は、これまでに2世紀の間観光客を迎えています。当初から、訪問者は釣り、日光浴、元気回復のためにフロリダのキーウエストにやって来ています。今年、あなたやご家族がキーウエストの訪問を考えているなら、米国への旅行を予約する前に、重要な観光情報のほか、キーウエスト訪問にビザが必要なのかどうかという情報を得るために、このガイドを見ましょう。 キーウエスト訪問にはESTAそれとも米国ビザ?

グローバルエントリープログラムとは?

発行: Dec 15, 2022, 編集: Dec 15, 2022 | タグ: Global Entry, ESTAの経験

グローバルエントリープログラムは、CBP(税関・国境警備局)が作成しました。米国到着時に事前承認された渡航者が優先的に入国を許可されます。プログラムのメンバーは指定空港の自動キオスクを介して米国に入国します。 空港では、グローバルエントリープログラムのメンバーは、 機械読み取り式パスポート または米国グリーン(永住者)カードの提示を必要とする自動キオスクに進み、スキャナーで指紋を認証し、最後に税関審査をします。その後、手荷物受取所に向かう前に、キオスクは渡航者に取引受領書を発行します。 グローバルエントリープログラムの全申請者は、登録前に厳しい身元確認と対面の面接で、事前承認される必要があります。 グローバルエントリーの目的は、渡航者の入国処理を促進することですが、メンバーは米国入国の際にさらに質問を受ける場合があります。プログラムの利用規約違反が見つかった場合には、強制措置を講じ、渡航者のメンバーシップは終了されます。

ESTA承認にかかる時間は?

発行: Nov 15, 2022, 編集: Nov 15, 2022 | タグ: ESTA申請時間, ESTAフォーム, ESTA期間

はじめに ESTA申請はオンラインで即座に処理され、ほとんどの申請は送信して1分以内に承認されます。ですが、申請の決断は最長72時間まで遅れる場合があります。ESTA申請が承認されると、ユーザーは使用しているウェブブラウザかメールで通知を受け取ります。承認通知には申請または認証番号、ESTAの有効期限のほか、送信時に提供したその他の申請情報が含まれます。 ESTA処理時間の調査 2019年に実践されたESTA処理時間の調査では、92%の申請が申請送信後4時間以内に剃証人されたことが分かりました。その他の8%は「保留」申請で、追加で1~72時間処理時間が必要でした。ESTA申請の処理時間が24時間以上必要になる見込みは大体5%でした。

コロラド州アスペン訪問のビザ

発行: Nov 12, 2022, 編集: Nov 12, 2022 | タグ: 米国ビザ, エスタ

はじめに アスペンはコロラド州の最も貴重な部分です。壮大なロッキー山脈とエルク山に囲まれたアスペンはすばらしい訪問場所です。轟音を立てるフォークリバーがコロラドのピトキン郡のこの忘れられない町で待っています。このガイドでは、アスペンを楽しく訪問することに必要なすべての情報のほか、アスペン訪問にビザが必要なのかどうかを確認する情報源も提供します。 ビザとESTAの概要 別の国からコロラド州アスペンに来る場合、アスペン訪問にはビザか電子渡航認証システム…

陸路で米国に入国する旅行者はESTAが必要になります

発行: Oct 15, 2022, 編集: Oct 15, 2022 | タグ: ESTA申請保留中, 国境警備, ESTA要件

2022年4月7日、税関・国境警備局 (CBP) は陸路で米国に入国するビザ免除プログラム (VWP) 渡航者の要件を改訂しました。 陸路で入国するビザ免除プログラム渡航者にESTAが必要になる時は? 2022年10月1日より、空路、海路、そして今後は陸路で米国に入国する全渡航者は、入国が許可される前に承認されたESTAを所持している必要があります。以前は、空路または海路で米国に入国するVWP渡航者だけにESTAが必要でした。 ESTAとは? ESTAとは、電子渡航認証システムのことです。米国への入国を許可する前に、渡航者を事前に確認するためにCBPが使用します。ESTAの目的は、全渡航者の保安を高めることです。

ESTA承認後に拒否

発行: Oct 12, 2022, 編集: Oct 12, 2022 | タグ: ESTA状態, ESTA申請書

はじめに ESTAが承認された後に拒否されることは不運ですが、米国のビザ免除プログラムの多くの訪問者によくある結果です。米国への船舶や航空機に搭乗するために空港や港に向かう前に、ESTA承認の状況を確認し損ねたために無数の休暇や出張が無駄になってきました。休暇の計画に参加できない米国行きの渡航者は、航空運賃、ホテルや移動の予約の違約金の経済的な結果に困る見込みもあります。 ESTAが承認された後に拒否される理由は? ESTAは、認証承認の許可の後にいつでも取り消されることがあります。米国税関・国境警備局 (CBP) はビザ免除プログラムで渡航するどのESTA申請者の容認にも権利を有しています。ESTAは、申請者の資格について複数の継続的な入国および

米国での免税品の購入

発行: Jul 26, 2022, 編集: Jul 26, 2022 | タグ: 渡航制限, 米国税関

関税とは? 関税とは、米国国境を越えて輸送される製品に対して輸入者、輸出車が支払う税金です。関税は国の経済、環境、そして製品、特に禁制品が国に出入りする方法とコントロールする仕事を保護するために欠かせません。 課税品とは? 課税品とは、関税を負うべき品物です。各製品には、さまざまな要因から決定されている指定の関税があります。これらの要因には、製品が作られた原産国や地域、製品製造に使用されたが材料などがあります。戻って来るものも「申告」すべきですが、米国を離れる時にはしません。例えば、海外にいる時に得たスーツや外国にいる時に手に入れたギフトなどの変更を申告する必要があります。米国に帰国する人は「戻って来た米国製品」(AGR)を申告する必要はありませんが、アメリカ合衆国税関・国境警備局に製品がAGRであることを証明する準備を常にしておくべきです。十分な証拠がない場合には関税を支払うことになってしまうことがあります。 関税請求方法は? 関税はパーセンテージで支払います。レート決定要因は、原産国で支払われた製品の合計購入金額です。製品の重量、サイズ、数量などの要因は、パーセンテージ決定には関係ありません。統計品目番号(HTS)を利用して、存在するほぼすべての製品の課税率を決定することができます。アメリカ合衆国税関・国境警備局(CBP)は、製品の課税率を確認したい時の参照マニュアルとして、注釈付き米国HTSコード(HTSUS)を利用します。HTSUSは、適用される関税率を提供し、米国に輸入されるすべての製品の統計カテゴリーを識別することに役立ちます。 免税店製品はどうなりますか? 免税店で購入した製品は、購入した国で税金が無料となるだけです。つまり、個人の許容を超えた免税品製品がある場合には、母国の入国地点に到着したら製品の関税を支払わなければならないでしょう。海外、米国のいずれで購入したとしても、関税が適用されます。米国に戻って来る時に米国の免税店で購入した製品でも、米国の関税も支払います。例えば、カナダに行く途中にニューヨークにある免税店でアルコール飲料を購入し、その後で旅行から戻る時に、持ち物にそのアルコール飲料を持って米国に戻って来た場合、その飲料は、内国歳入税(IRT)と関税の両方の対象となります。 関税の計算方法は? 数量が課税控除額を超えていなくても、基礎控除ではなく、均一関税率を課税製品に対して支払うだけとなります。例えば、2リットルのアルコール飲料を含む200米ドルの価値がある製品を海外から持って帰って来た場合、基礎控除以下として1リットル分は関税がかかりません。残りの1リットルに対しては、相応の内国歳入税(IRT)と併せて、3%の関税を支払わなければなりません。 共同申告とは、同居していて米国に一緒に戻る家族による税関審査のことです。家族は海外での購入品すべてをまとめて、組み合わせた一律の税率からメリットを得ることができます。誰が指定の製品を所持していても関係ありません。例えば、家族が一緒に旅行した場合に、家族4人が製品を合わせると、すべての製品が均一関税率の対象ならば、4,000米ドルに対して均一関税率を支払うことになります。 たばこ製品に違いはありますか? 訪問、海外からの帰国のどちらでも、21歳以上の米国訪問者または居住者は個人許容範囲で指定されている量以下のタバコ製品を持って来ることができます。たばこの場合、渡航者はタバコ200本、葉巻100本まで持ち込むことができます。前もって輸出たばこを400本申告して、それが「戻って来た米国製品」であることを証明したら、関税を支払わずにAGRで米国への入国許可がされます。たばこ製品の許容された基礎控除を超えた場合、没収、拘留、放棄、罰金なの対象となります。ほとんどの米国訪問者または居住者は免税店、国際的に運営されているショップや海外のショップでたばこ製品を購入します。これらの製品は「非課税」などのマークが記載されています。「米国外での使用」または「米国外での使用のために米国で免税」とあります。 例えば、それぞれの訪問者または帰国する居住者には31日ごとに800米ドルまで免税の基礎控除の資格があります。アメリカ領ヴァージン諸島の控除では米国の領海線外では少なくとも48時間過ごさなければなりません。訪問者または居住者がフリーゾーンや港がある近接州から来ている場合、24時間以上米国の領海線を越えたままでいるべきです。 アルコール飲料 アルコール飲料を所持した米国人でない訪問者または帰国する米国居住者は、アメリカの1リットル(33.8液量オンス)の個人租税控除の資格があります。ですが、渡航者は21歳以上でなければならず、飲料は販売目的ではなく個人用途のものでなければなりません。最後に飲料は訪問者の最終目的地または居住者の本拠州で合法であるとみなされます。 連邦法に従い、個人用途である限りは1リットルのアルコール飲料は免税であるとみなされます。一部の州では渡航者は1リットル以上持ち帰ることができますが、IRTや関税などすべての適用される税金を支払わなければなりません。 連邦法では、基礎控除金額以上を持ち帰る量に関して制限を指定していません。ですが、普通ではない量であれば、再販など他の目的で製品を輸入していると捉えられる場合があります。そのような場合、CBP職員はアルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局の法律、規則、規制を実行します。職員には輸入した商品が商用であることを申告する権限があります。このような決定は、製品を取り戻したければ、許可を得て、飲料輸入に対する正式な輸入通関を申請する必要があるということを意味します。 ライセンスがない場合、州法では…

医療機器を備えて米国に渡航

発行: Jun 30, 2022, 編集: Jun 30, 2022 | タグ: 航空安全, 空港のセキュリティ

医療用品や機器を持って渡航することは厄介なことがありますが、不可能ではありません。簡単に処理すべきコツを下記にてご紹介します。      ポートや栄養管などの外部医療機器を持って渡航する人は、チェックポイント到着時に警備員に知らせるべきです。その後に警備員は適切に審査するためにあなたの手助けをし、あなたがチェックポイントを通過している間に医療機器に2度目の審査をします。 ペースメーカーなどの内部医療機器を装着している場合には、審査前にこのことを警備員に知らせるべきです。その後に警備員が適切に審査するので、遅れることなく、搭乗エリアに進むことができます。 医療デバイス、障害、疾患がある渡航者への助言 1つ以上の医療機器を使用する必要がある疾患または障害を持った渡航者は、渡航への支障としてTSA(運輸保安庁)チェックポイントで検査する理由がありません。実際の所、搾乳機やCPAP機を持って渡航することは問題はありません。オストミーパウチやインシュリンポンプを持って渡航する必要がある場合、飛行しない理由にはなりません。一時的な疾患がある人、例えば骨折などの場合、TSAチェックポイントで妨げとはならないはずです。 実際には、すべての渡航者はチェックポイントで審査されなければなりません。疾患または障害がある渡航者、またはその渡航同行者は、審査プロセスに関する懸念に対処するためにできるだけ最適な方法をTSA職員と自由に話すことができます。渡航者は患っている状態を個別に説明するTSA通知カードなどの医療書類をその職員に提供できます。セキュリティ審査手続きへの便宜についても尋ねることができます。 疾患、医療機器、または障害を持った渡航者がTSA…

障害者と一緒に米国に渡航

発行: May 28, 2022, 編集: May 28, 2022 | タグ: 障害のある旅行, 航空会社の安全性

「障害を持つアメリカ人法」は、1つ以上の主要の生命活動を著しく制限する精神または身体的欠陥がある場合、その人は障害を患っていることと規定しています。良い知らせとしては、ACAA(航空アクセス法)により、どの航空会社も、障害によって旅客の対処に不公平または害を与える差別をすることは違法であるとされていることです。この法律の施行を担うのはDOT(運輸省)で、米国発着すべてのフライトに適用されます。 法律では、すべての航空会社は障害を患っている旅客に対して特定の種類の援助を提供することも要求しています。そのリストには、支援機器のアップロードと保管の手助け、車いすや、搭乗、降機、および2番目のフライトへの接続に対するその他のタイプの援助の提供、障害者の方が必要な場合がある特定のタイプの座席の手配の手助けなどがあります。こうすることで、障害のある渡欧者はほぼどの国際目的地にも飛行し、必要な準備を完了させることができます。聴力損失、資力喪失、運動制限、認知障害などの特定のタイプの障害がある渡航者には、特別・個別な注意が必要な場合があります。 米国への旅行を予約する前に、障害がある渡航者の方は、障害あって旅行する際に何か困難なことがあるかどうかを見つけるために、特化したツアー運営会社や旅行会社に相談に乗ってもらって可能な旅程を査定すべきです。2番目に、旅行のヘルスプロバイダーと旅行のことを話し合って忠告してもらいましょう。3番目に、旅行のどの側面も計画し、要件に対応できる必要な宿泊施設を予約しましょう。 障害者と一緒の渡航に関するACAAガイドラインは? ACAAガイドラインの点から、障害のある旅客が援助を求めた場合、航空会社はいくつかの特定のアクセス性要件を満たすことを義務付けられています。例えば、航空機の扉へのアクセス(理想としてはレベルエントリーブリッジ経由)、取り外しができるアームレストがある座席、通路側の座席などがあります。30座席未満の航空機は、普通は上記要件が除外されます。 60席以上の座席があるどの飛行機でも、機内の車いす(通路側の座席)を提供することが義務付けられており、スタッフは座席からトイレに移動する手助けをしなければなりません。航空会社スタッフは車いすから車いすに、車いすから座席に、車いすからトイレの座席に移動させる必要はありません。その他にも、旅客がトイレに行く、食事をする、薬を投与する手助けをする必要もありません。 2つ以上通路がある幅の広い航空機だけが、完全な障害者用トイレを提供するように義務付けられています。手助けが必要な障害のある旅客は、付き添いまたは仲間と一緒に渡航する方が良いでしょう。ですが、理由の範囲内で、航空会社は、障害のある人に付き添い人と一緒に飛行することを義務付けることは許可されていません。 航空会社は、障害を患っている旅客の事前告知を強要することは許可されていません。ですが、可能であれば、以下のような場合には、48時間前までに事前告知のほか、準備に時間が必要となる特定の適応タイプに対して1時間早いチェックインを必要とすることは許可されています。 保育器の運搬 フライト中に使用される医療用酸素 人工呼吸器用の航空機の電源への設備接続 担架で渡航しなければならない人の座席 60座席未満の航空機での電動車いすの運搬 他の支援機器で使用される車いすのバッテリーまたはバッテリー用の危険物包装の提供 グループとして飛行する10人未満の障害者のグループの座席の提供 障害者用トイレが備わっていない航空機搭乗で使用する車いす(通路側の座席)の提供 アメリカ合衆国運輸省は通話料無料のホットラインがあります。音声通話の番号は800-778-4838、TTY通話は800-455-9880です。この2つの電話番号は、祝祭日を除く平日午前9時から午後5時(東部時間)にご利用いただけます。この問い合わせのラインは、障害者に関連する緊急を要する問題がある空路の渡航者に役立ち、一般の人々に障害のある空路の渡航者の権利に関する総合案内も提供します。 旅行開始前に 障害のある渡航者のアクセス性基準は国によって異なることにご注意ください。例えば、障害者の搭乗を航空会社に要求する法律がない国もあります。航空会社または船舶会社、ホテルや旅行会社に相談して、旅の間のほか、目的地で利用できるサービスに関する詳細を見つけましょう。盲導犬などのサービスアニマルがいる場合には、同じような障害を持つ人の渡航手配に特化した関連組織に相談しましょう。米国市民であれば、STEP(Smart…

米国への渡航を効率よくする方法(到着と出発)

発行: Apr 27, 2022, 編集: Apr 27, 2022 | タグ: 米国ビザの要件, ESTA要件

この記事は、米国への到着を効率よくするために役立つ情報を米国の訪問者へ提供することを目的としています。旅程予約、フライトの準備のほか、米国国境到着に関連するトピックをカバーしています。 ESTAまたはビザの申請 米国を訪問する外国国籍の人は、入国のために米国ビザまたはESTAのいずれかが必要となります。ESTAはビザ免除で、39か国の人が1訪問あたり最長90日間まで観光または商用目的で米国に入国できます。ESTAはパスポートにデジタルで関連付けられていて、オンラインで獲得できます。ESTAの資格がない、またはESTAを拒否された場合には、米国訪問を希望するなら米国ビザを申請しなければなりません。米国ビザはDS-160というデジタルフォームの送信のほか、申請者は国籍がある、または居住国の大使館か領事館で面接をする必要があります。 事前に航空券を予約する 旅程を決定したらすぐに航空券を予約することを検討しましょう。早期に予約すると希望するフライト日時で航空券を確保できます。需要によって運賃の上げ下げがある場合がある航空運賃は、通常は出発の数週間前まで料金は変動しません。商用渡航者はできるだけ早く予約することをお勧めします。普通、プレミアム航空券はフライト日程に近づくと料金が上がります。早期に予約すると航空機でお好みの座席を選択するオプションももっとあります。 事前に宿泊施設を確保する 米国到着前に宿泊施設を予約すべきです。土壇場の宿泊施設予約は、必要条件を満たす選択肢が十分にない場合に、がっかりしてしまうことがあります。ホテル、モーテル、サービス付きアパートメント、ピアツーピアの相部屋のどれでも、予算やお好みのサービスレベルに合う多数のオプションを渡航者に提供します。特定期間にそのつぃで大きなイベントが計画されている場合には、適切な宿泊施設を見つけることが難しい場合があります。そのため、事前予約は米国にいる間に滞在する場所を確保できないというリスクを軽減します。 医療問題に気をつける 何か薬品を持って行くなら、旅行中に持続するために十分に整えておきましょう。母国への帰国が遅れた場合の追加の薬品を持って行くことを考慮すべきです。薬品が米国で規制薬物の場合、薬品は、医者の文書として入手可能な処方箋情報付きで、元の容器に入っている必要があります。同時に、米国に入国できる前に、予防接種が最新であること、追加のワクチンが不要であることを確認することは良い考えです。WHOは次のワクチンを推奨しています。A型肝炎、B型肝炎、はしか、おたふく風邪と風疹、ポリオ、髄膜炎、三種混合、水ぼうそう、帯状疱疹、肺炎、インフルエンザです。米国入国のためにこの予防接種のすべてが必要というわけではありませんが、自分を危険にさらすかも知れない場所に渡航しているなら良い考えかもしれません。医者に相談して、どのワクチンを検討すべきなのか判断してもらいましょう。食事規制やアレルギーがある場合には、必ず航空会社にあらかじめ知らせておきましょう。そうすれば、口にしても安心な食事や飲み物を準備してくれます。 機内持ち込み荷物のパッキング これは、航空機に持ち込むバッグやパックのことです。このバッグにはすべてのアイテムが許可されているというわけではないので、選択した航空会社の規制を必ず把握しておきましょう。渡航書類、身分証明書、航空券、搭乗券、クレジットカード、現金、健康・旅行保険カード、薬品、充電器と携帯電話を入れるべきです。何か読むもの、機上の気候によっては衣類の着替えも入れたいかも知れません。機上に何か液体を持ち込む計画であれば、3-1-1ルールに従う必要があります。これは、各ボトルは3.4オンス(約100g)以下、1クォート(約1リットル)のファスナー付きバッグにすべて合う、各渡航者は1枚しかバッグを持ち込めないという意味です。ですが、一部の空港では、薬品用であれば、渡航者は追加のバッグを持ち込むことができます。 チェックインの荷物のパッキング 荷チェックインの荷物ですが、荷物の追加手数料を支払わない限り、チェックインできる荷物の数が通常は規制されています。効率よくパッキングして、渡航中に持ち歩くチェックイン荷物の費用と荷物数を減らしましょう。危険な製品、特に可燃性のものや、機上で人々の健康と安全性に危険をもたらすものに関する規制に注意しましょう。許可されるなら、荷物の一番上の所に電子機器を入れておくべきです。そうすると、空港警備員が簡単に審査することができます。 空港到着前に 渡航日には空港に早めに到着し、フライトに影響を与える変更がある場合に備えて、アナウンスや警告に注意しましょう。通常は出発2時間前の到着が推奨されている時間ですが、北米以外の所から米国に到着する場合には、追加の時間が欲しいかも知れません。渡航をさらにスムーズに進めるためには、オンラインでフライトにチェックインする、または早めの搭乗をリクエストすることを検討しましょう。病状がある、または障害がある場合には、航空会社に知らせると、到着時に準備してもらえます。 チェックインターミナルで 空港のチェックインターミナル到着時には気をつけることがいくつかあります。パスポートや渡航書類のほか、形態電話と印刷した搭乗券も必ず準備しておいてください。セキュリティに進む時に、液体と電子機器を移動させて、チェックポイントの入れ物にいれなければなりません。靴を脱いでジュエリーを外し、X線装置を通ります。セキュリティ審査機を通ったら、手荷物を集めて、ターミナルに移動します。 米国到着時に 別の国から米国に渡航する際には、到着時に税関を通過する必要があります。早く通過できるように、パスポートと記入した税関フォームを持っているようにしてください。税関を通過したら、荷物を受け取って目的地に向かうことができます。 最後に この記事では、米国訪問を計画している渡航者に考慮点に関する概要を提供しました。渡航日程計画、パッキング、フライト、米国国境到着に関して、いくつかのトピックを話してきました。渡航に関する計画を効率よくすると、米国訪問をもっと楽しむ時間ができるでしょう。

シェア

FacebookTwitterYoutube

ESTAを申請する

ESTA は、90 日未満の滞在で陸路、空路、または海路で米国に入国する資格のある旅行者に必須の渡航認証です。

ESTAを申請する