ニューヨークのビザ

発行: Mar 27, 2019, 編集: Jul 14, 2020 | タグ: 米国ビザ申請, 米国のビザ条件, 米国ビザ

ニューヨークのビザ、またはESTAビザ免除にご興味がある場合には、この短い記事があなたの適切な申請に必要な情報を提供するでしょう。

眠らぬ街ニューヨーク。ニューヨークは世界で最も賞賛されている観光名所のひとつ。毎年5,400万人の外国人、米国人観光客に利用されています。このように誰もが簡単に全世界の大流行と好ましさを想像することができます。この巨大都市には28,000エーカー以上の緑地と14リニアマイルの公共のビーチが広がっています。ニューヨークには多数のアトラクションがあって観光客の心を奪います。さらにアトラクションはとても変化に富んでいて、この街はどの年齢の方にもご興味にも何かがあります。最も重要なことは、街は多大な音楽文化と歴史を備えていて魔法のようにメロディアスだということ。ニューヨークシティは食文化で有名で、さらにもっと多様性があります。珍しい料理の中でも一番珍しいものもこの街では手に入れることができます。ニューヨークのビザまたはビザ免除はニューヨークへの渡航前に獲得する必要があります。

ビザ免除プログラム(ESTA)

ビザ免除プログラム(VWP)は、特定の国のパスポート所持者がビザを申請せずにニューヨークに簡単に入れることを目的としていました。現在ではビザ免除プログラムのメンバーは 39 か国です。観光目的、商用、乗り継ぎ目的、または治療を受ける目的の90日以下のニューヨーク訪問を希望する個人に資格がある場合があります。ESTAビザ免除は、最長2年間、またはパスポート有効期限日のいずれか先に来る有効性で発行されます。

ビザ免除プログラムの資格を満たす必要がある追加要件がいくつかあります。以下記載通りです:

承認される商用

  • 事業仲間との相談
  • 科学、教育、専門またはビジネスコンベンションや会議への参加
  • 短期トレーニングへの参加(滞在に付随的な費用以外、ニューヨークのどのソースからも支払いを受けることはできません)
  • 契約交渉

承認される観光目的

  • 観光
  • 休暇(休日)
  • 友人や親戚と訪問
  • 治療
  • 共済組合、社会組織、サービス組織が主催するソーシャルイベントへの参加
  • 音楽、スポーツまたは類似イベントやコンテストへのアマチュア参加。そうでない場合には勉学の短期レクリエーションコースで登録参加に支払いをされておらず、学位の履修単位のためでないもの(例えば、渡航中の2日間の料理クラスなど)

ビザ免除プログラムで許可されていない渡航目的

  • 学位のための勉学
  • 雇用
  • 海外プレス、ラジオ、映画、ジャーナリストやその他情報メディアとして働く
  • 米国に永住

追加要件

  1. 訪問者はESTA(電子渡航認証システム)の下で認証がなければなりません。ESTAは国土安全保障省(DHS)、税関・国境警備局(CBP)の自動ウェブベースシステムを構築していて、観光でも商用でもニューヨークにビザなしで渡航する資格を決定します。
  2. 承認された往復の航路または海路の旅程で渡航する場合に、米国だけに入国ことができます。
  3. 事前の国境拒否がないので、以前米国ビザ要求を拒否されたことがある場合には、ESTAを受ける資格がない場合があります。
  4. 電子パスポートが必要です。

観光ビザ、商用ビザ、訪問者ビザ

ESTAビザ免除の資格がない、またはニューヨークに90日間以上滞在したい場合には、B1商用ビザ、B2観光ビザ、またはB1-B2訪問者ビザが必要となります。訪問者ビザにはさまざまなカテゴリーがあり訪問目的に応じて分類されます。

  • カテゴリー B1 - 商用、会議遂行、不動産決定。
  • カテゴリー B2 - 観光、休暇、レジャー、その他訪問目的

申請手続き

ビザ申請のためには、従うべき手順が設定されています。時折、この指示の流れは申請している国によって異なる場合があります。

  1. オンラインビザ申請用紙を記入 – 最初にオンラインビザ申請用紙DS-160を完成させなければなりません。申請用紙を記入できたら、確認ページに進みます。この確認ページをプリントアウトする必要があります。プリントアウトは、面接に持って行くために必須です。
  2. 面接のスケジュール – 米国大使館、またはあなたの母国の領事館でのビザの面接のアポイントメントを決める必要があります。その後にビザ係官からの電話を待ってください。ビザのオフィスからの電話には指定時間がありません。電話の時間は、あなたの所在地、時期、ビザのカテゴリーなどの多数の要因に左右されます。従って、あらかじめビザを申請しなければなりません。
  3. 必須の文書を揃えておいてください – a) 有効なパスポート、b)フォームDS16の確認ページ、c) 申請費用支払いの領収書、d)写真
  4. 大使館面接 / アポイントメント – 面接であなたを審査した後に、ビザ係官が、資格があるかどうかを決定します。ビザの面接後、求められたら追加の文書を提供する必要がある場合があります。ビザ承認後には、適用されるビザ発行手数料を支払わなければなりません。すぐにパスポートとビザが届けられます。

ビザ免除適格性国のパスポートを所持していて、観光、商用、治療、乗り継ぎ目的でESTAを取得したい場合には、申請を開始するほか、ESTAに関してもっと知るためによくある質問を訪問ください

ホームページ

シェア

FacebookTwitterYoutube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する