ネバダ州のビザ

発行: Sep 04, 2019, 編集: Jul 25, 2019 | タグ: アメリカビザ, アメリカビザ条件, 米国ビザ申請

始めに

この記事は、商用または観光目的の人にネバダ州へのESTAまたはビザの取得に関する情報を提供します。

ビザとESTAの概要

別の国からネバダ州に到着する前に、必ずビザ免除プログラム(WVP)とその機能方法について理解してください。基本的に、VWPは加入国の国民が90日間以下、ネバダ州に渡航することを許可するものです。しかし、渡航前に特定の要件を満たす必要があります。要件には、ネバダ着・発の旅程期間全体の間、有効な電子パスポートを所持していることなどが含まれます。またビザなしで渡航するためには、航空機または船舶に搭乗する前に旅行認証(ESTA)のための電子システムを通じて承認を得る必要があり、承認された運送機にいて、米国外の国からの帰りのチケットがあることを述べている往復のチケットもなければなりません。

ネバダへの観光ビザを手に入れることもできます。観光ビザはBカテゴリービザとしても知られています。DS-160という申請書を記入して、パスポートスタイルの写真を取得する必要があります。また、あなたがお住まいの国の米国大使館で通常は受ける面接のスケジュールを立てる必要があります。大使館の予約のスケジュールを立てた時に、返金されないDS-160申請手数料の160米ドルを支払う必要があります。

ネバダへの旅行を計画する際には、Bカテゴリーまたはビザ免除で渡航中は米国の雇用主のために働く許可がないことを覚えておいてください。

ESTAビザ免除プログラム(ESTA)

ESTA(旅行認証電子システム)ビザ免除プログラムはビザの申請不要で、ビザ免除諸国からのパスポート所持者に米国への入国を促進するために考案されています。商用、観光、治療を受ける、または乗継目的のどれであっても90日以内の期間、ネバダを訪問する目的の人はESTAビザ免除の資格がある場合があります。ESTAビザ免除は発行日から2年間、または渡航者のパスポートの有効期限のどちらか早い方の日付まで有効です。ESTAビザ免除プログラムの資格のために、一部さらに要件を満たす必要がありますが、それは以下の通りです:

承認される商用

  • 事業仲間との相談
  • 科学、教育、専門またはビジネスコンベンションや会議への参加
  • 短期トレーニングへの参加(滞在に付随的な費用を除く)
  • 契約交渉

承認される観光目的

  • 観光やレジャー
  • 休暇(休日)
  • 友人や親戚を訪問
  • 治療を受ける
  • サービス、共済組合、社会組織、が主催するソーシャルイベントへの参加
  • アマチュアとして(支払いを受け取らない)音楽、スポーツまたは類似イベントやコンテストへの参加。
  • 休暇中の4日間の絵画教室など、学位の履修単位に数えられないレクリエーション的な目的の勉学の短期コースへの参加

ビザ免除プログラムで許可されていない渡航

  • 学位履修単位に数えられる大学の勉学
  • 報酬を受ける雇用
  • 海外プレス、ラジオ、映画、ジャーナリストやその他メディアとして働く

追加要件

  1. 訪問者は、観光でも商用でも米国のビザなしで渡航するために、ESTA規制の下で認証されていなければなりません。ESTAは米国入国の資格があるかどうかを決定する国土安全保障省(DHS)、税関・国境警備局(CBP)の自動オンラインシステムです。
  2. 承認された往復の航路または海路の旅程で渡航する人だけがESTAを所持して米国に入国ことができます。
  3. ESTAの認証をされるためには、以前に国境拒否があってはいけません。以前米国ビザ要求を拒否されたことがある人は資格がありません。
  4. 電子パスポートを所持していなければなりません。

観光ビザ、商用ビザ、訪問者ビザ

ESTAビザ免除の資格がない人、または90日間以上米国に留まる予定をしている人はB2観光ビザ、B1商用ビザ、またはB1-B2訪問者ビザが必要となります。訪問時期によって分類されている別々の訪問者ビザカテゴリーがあります。

  • カテゴリー B1 - 商用、事業仲間との打ち合わせ、不動産決定のために訪問している人に適用
  • カテゴリー B2 - レジャー、観光、バケーション、その他の訪問目的に適用

ビザ申請

ビザ申請をする際には、従うべき手続きが一式あります。手続きは居住国によって異なる場合があります。

  1. まずはオンラインビザ申請書DS-160を記入しなければなりません。申請書をうまく完了できたら、確認ページに進みます。面接に持って行くために欠かせないので、これをプリントアウトしなければなりません。
  2. 2番目に、米国大使館または居住国の領事館に面接の予約をアレンジしなければなりません。それから、大使館のビザ職員からの電話を待つ必要があります。ビザオフィスからいつ電話を受けるのかという固定の時間はありません。電話はいつでも来ることがあり、ビザカテゴリー、居場所、時期などの要因によります。従って、前もってビザを申請することをお勧めします。
  3. 必要な書類を入れます:a) 有効なパスポート、b) DS160フォームの確認ページ、c) 申請手数料の支払い領収書、d) 最近の写真

面接での審査に従い、ビザ職員は資格があるかどうかを決定します。ビザの面接に加え、追加の文書を提出する必要がある場合があります。要求される場合には、その準備ができていることが望ましいです。その後、間もなくパスポートとビザを受け取ります。

ネバダの旅行情報

このよく知られている国際的な「世界のエンターテインメントの首都」を訪問するために世界各地から多数の人が旅行します。ラスベガスは呼ばれている通り、大人のエンターテインメント、派手なカジノ、ナイトクラブやレストランでランキングの上に入っています。

訪問する人気のカジノには、生い茂ったトロピカルカジノがある「ミラージュ」がありますが、毎晩開催される「火山噴火」ショーの噴火山も見物です。「ベラージオ」は、音楽にセットされた踊る滝がある贅沢なリゾート。別の国を旅行したいですか?イタリアテーマのリゾート・カジノ「ベネツィアン」に向かいましょう。イタリアの通りを抜けてゴンドラに乗ることができます!本当にすばらしいホテルの敷地が揃っています。ラスベガスでどこに入っても、スロットマシンにラッキーなクォーターやドルを入れる多数の「テーマ付き」カジノを見つけることができます。ラスベガスで提供されている多数のショーのひとつにも参加することを忘れないでください。「ダニ―・アンド・マリー」として知られる人気の兄妹の歌などがあります。ギャンブルに限定されず、ショッピングや「食べ放題」のバッフェの食事などラスベガスエリアには他のアクティビティも揃っています。

最後に

ネバダには探索する砂漠が多数あります。ミード湖近辺でのキャンプ、ハイキング、釣り、ボートは楽しむことができるアウトドアアクティビティです。もっと冒険気分?熱気球に乗ることができます。リチャード・ペティのルーキー体験を試したり、レースカーの運転をしてみましょう。人気の歴史チャンネルテレビショー「ポーンスターズ」を訪問してみてはいかがでしょう?撮影中のキャストを目にするかも知れません。ギャンブル、ショー、ショッピング、ナイトクラブの他にもラスベガスにいる間には誰もの好みや予算に合わせできることが山ほどあります。

ビザ免除適格性国のパスポートを所持していて、観光、商用、治療、乗り継ぎ目的でESTAを取得したい場合には、申請を開始するほか、ESTAに関してもっと知るためによくある質問を訪問ください

ホームページ

シェア

FacebookTwitterGoogle+Youtube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する

ツイート