ビザ免除プログラムが認められる国は?

発行: Apr 23, 2020, 編集: Jul 14, 2020 | タグ: 国境警備, ビザ免除プログラム

始めに

ビザ免除プログラム (VWP)は、年間2,000万人以上の世界39か国の提携国の国民がビザなしで渡航できるようにします。VWPは多層セキュリティシステムを利用して、潜在的に危険な人物が米国に入国することを阻止します。この安全措置には、米国出発前、渡航者の旅程の複数のポイント、それと米国到着時のWVP渡航者の広範囲なスクリーニングが含まれます。ポーランドが資金VWPに加入し、大衆がプログラム参加国の資格基準に関してもっと学ぶことに新たな関心が集まっています。

VWPに加入する国の経済利益は?

すべての国がビザ免除プログラムに認められるわけではありませんが、経済にプラスの影響を期待できます。強固で有益な経済は、米国のセキュリティを保証するために欠かせません。2014年、米国は平均で2,000万人のVWP渡航者を迎えましたが、商務省によると、消費者製品がおよそ840億ドル費やされました。VWP渡航者は米国の地元経済に毎日2.31億ドル貢献しました。

VWPプログラムは米国とその他の国の間の渡航成長も促します。関連するすべての国にプラスの経済影響を導きます。良い例は韓国です。2008年にVWPに加入しました。韓国-米国間の渡航は急激に増えました。韓国がVWPに加入する前には、ソウル-ダラス間のフライトはおよそ週3便でした。ですが、2013年には、1週間のフライト数は14便にまで増えました。米国への韓国人渡航者は2016年には86億ドル費やしました。

個人や国に対するVWP要件は?

VWPの下でビザなしで米国を渡航するためには、個人には 次の要件が適用されます:

  • すべての渡航者は、米国に向かう輸送機搭乗前に有効な渡航認証電子システム (ESTA)を持っていなければなりません。新しいパスポートを適用する、または国籍、名前、性別が変わった場合には、新しいESTAを獲得しなければなりません。
  • パスポートは、米国から出発予定の日付から最低6か月間有効でなければなりません。埋め込みチップが入ったさらに安全なタイプの電子パスポートもWVPの必要条件です。電子パスポートに関する最新情報はここで確認することができます。
  • 加盟国の中で1か国の国民でなければなりません:オーストラリア、オーストリア、アンドラ、ベルギー、ブルネイ、チリ、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、日本、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、モナコ、オランダ、ニューニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、サンマリノ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、イギリス共和国。

VWPに加入する国が満たすべき条件は?

VWPに加入またはとどまる資格を得るためには、各加入国は以下のことを遵守しなければなりません:

  • 過去2年の会計年度で、非移民訪問者ビザの拒否率が年間3%以下であること
  • DHSが実行を要求した3週間以内に、米国から追放される国民の送還を受け入れる準備をすること
  • 紛失または盗難したパスポートに関する詳細を米国と共有することに同意すること
  • 米国と正式な契約を締結して、テロやその他のタイプの組織的または重大な犯罪活動に関する情報を共有すること
  • 生体情報が入った電子パスポートを提供すること
  • 国のセキュリティ、警察管理、米国での入国の影響に関してVWP指定の結果のDHS評価を提出すること
  • 情報処理のDHSオフィスによって扇動された独立した情報評価を提出すること

VWP諸国の渡航者のふるい分けの方法は?

VWPはリスクベース、多角的アプローチを利用して、テロリスト、犯罪者、その他の指名手配中の人物を見つけて米国入国を阻止します。 

国がVWP加入の許可前には、国のリスク評価が実行されます。加えて、単独のVWP渡航者は、米国の港や空港到着時、米国内の追加のフライト中、そして米国を離れる前にチェックされなければなりません。

渡航者の調査は米国の安全水準を上げるために重要で、鍵となる対テロイニシアティブです。調査はESTA情報確認で実行されます。米国国土安全保障省 (DHS) は、テロ情報に関して毎日ESTAデータをチェックして、米国税関・国境警備局 (CBS)とその他エージェンシーと密接に取り組んで、さまざまな観点でESTAの有効性を確認します。

ESTAがセキュリティリスクを見極める方法に関する詳しい情報については、こちらをご訪問ください:ESTAがセキュリティリスクを見極める方法は?

国間の情報共有契約とは?

VWPは、既知または疑わしい犯罪者やテロリストに関連する情報共有契約を米国と締結する権限を与えます。VWP要件は個人の調査を後押しして、国全体の安全性を高めます。

VWP諸国は、VWP情報共有協定の結果として、6,000人以上の既知の、または疑わしいテロリスト情報を米国と共有しています。

この情報の流れは、米国のセキュリティサービスとVWP諸国間の既存情報を支持します。実際にVWP加盟国は、インターポールの盗難・紛失渡航データベースの3分の2以上の記録を供給していて、毎日DHSがESTAチェックを実行するために使用しています。

情報はDHSの能力を著しく高めて、潜在的に米国に害を及ぼすことがあるすべての人の動きを認識・妨害します。WVPに加入したい国は、強化されたセキュリティ対策やさまざまな他の義務に完全に従うことを約束しなければなりません。

最近のビザ免除プログラムの改善は?

新しい要件が絶えず、改訂・更新されています。ESTAウェブサイトは2019年11月に改新されました。新しいユーザーインターフェースは、後日完了させる申請を保存する能力など、新たな機能を備えてリリースされました。重要な強化の別のラウンドは2015年8月のオバマ政権したで行われました。強化された渡航者調査、情報共有、その他セキュリティ要件などの変更で、WVP諸国は海外のテロリストからの脅威に対処することができます。