前科がある場合のESTA申請

発行: Jan 06, 2020, 編集: Jan 06, 2020 | タグ: 犯罪歴のあるビザ, ESTA要件, 犯罪歴のあるESTA

前科があってもESTAを手に入れることができますか?

はい、ESTAは前科を手に入れることができます。ですが、ESTA取得は、犯罪の性質、犯罪者の当時の年齢のほか、犯罪が行われた時期次第です。世界のどこで犯罪が起きたとしても、逮捕、警告、有罪判決は、ESTA、関連場所、または米国ビザ申請で申告される必要があります。

米国入国のためにESTA申請を計画している前科がある渡航者は、申請書の適格性に関する質問の細部を見逃すことがよくあります。ESTA適格性の質問は、申請者経歴のさまざまな状況をカバーします。こういった質問は申請者の可能性があるセキュリティリスクを捉えることを目的としています。ESTA申請書で最も検討される2つの適格性の質問は、不道徳行為に伴う逮捕や有罪判決に関連しています。不道徳行為は、公認基準やコミュニティの感情に反する道徳的に堕落した、またはひどいふるまいであると考えられています。この2つの質問は次の通りです:

「他者あるいは政府当局に対する重大な器物破損または傷害行為を招いた犯罪で逮捕されたり有罪判決を受けたりしたことがありますか?」

この質問は、重大な器物破損、または別の人や政府当局への重大な傷害の結果としての有罪判決や逮捕に関連しています。含まれるが限定されず、重要であると考慮される例は:

  • 殺人、故殺、強姦、わいせつ行為、重大な暴行、誘拐など人に対する犯罪
  • 放火、夜盗、窃盗、強盗、詐欺、盗難器物の受け取りなど器物に対する犯罪
  • 給付詐欺、脱税、贈賄、偽証など政府当局に対する犯罪

「違法薬物の加工、使用、流通に関連する法を犯したことがありますか?」

この質問は、違法薬物の加工、使用、流通に関連する法を犯したことがあるかどうかを特に尋ねていて、より明確なものです。ですが、一部の国境越えの矛盾が申請者の回答を分かりづらくすることがあります。例えば、申請者の在住国の医療大麻など規制薬物の合法使用。一部の州では使用が法律化されているものの、米国連邦法ではまだ違法薬物使用とみなされます。違法薬物の使用がESTA拒否になる見込みとなるこの質問への「はい」という回答を正当化すべきかどうかを申請者は決定する必要があります。最終的に、薬物関連の有罪判決を受けていない場合には、税関・国境警備局 (CBP) は薬物違反を確認することができないので、米国質問への回答はむしろ申請者の誠実さに関するものです。

薬物の有罪判決があっても渡航は可能ですか?

違法薬物の有罪判決があってESTAを取得することは、犯罪歴と違法薬物使用の両方の質問に「いいえ」と回答する必要があります。ですが、違法薬物の処理、使用、流通に関連する法を犯したことに「いいえ」と回答すると、違法薬物に関連する質問で記述されている活動に対して有罪判決を受けているかどうかが疑わしくなります。ESTA申請が拒否された場合でもB-2観光ビザやB-1商用ビザの申請が可能で、過去の薬物所持や使用に関する有罪判決の状況を明確にする機会があります。

飲酒運転の有罪判決があってもESTAで渡航は可能ですか?

アルコールの影響で1度だけ運転をした場合には、品行方正を定めている米国規定によって不道徳行為の犯罪であるとはみなされません。ですが、申請者が複数の飲酒違反がある愛飲者、または他の人や別の人や政府当局の器物に重要なダメージを与えた飲酒の結果としての罪を犯した場合には、ESTA申請者の犯罪歴に関する質問に対して「はい」と回答できるでしょう。

暴行罪があってもESTAで渡航は可能ですか?

暴行が人や器物への重要な危害や破損でない場合、最も正確に状況を反映しているのであれば、犯罪歴に関する質問に対して「いいえ」と回答できます。

執行猶予があってもESTAで渡航は可能ですか?

執行猶予は、本質的に今後罪を犯さないかどうかを施行する条件付きの司法処分です。ESTA申請者の回答は、犯罪歴と薬物所持に対する適格性の質問に変更を与えず、執行猶予で使用します。申請者の有罪判決が不道徳行為犯罪としてみなされていない場合には、犯罪歴に関する質問への解答は「いいえ」と入力することができます。

終えた有罪判決があってもESTAで渡航は可能ですか?

米国ビザ・移民法は、更生保護法を認識していないので、有罪判決が英国であった、または他の国での有罪判決同様の取り決めがあったとみなされる場合には、人への重大な危害、人の器物や政府当局の器物の破損であった場合に限り、申請者はESTA申請書上で有罪判決を考慮すべきです。

保釈であっても米国に渡航は可能ですか?

この質問はオーストラリアの渡航者から寄せられました。保釈は監護権のない刑で、今後罪を犯したら、犯罪者は一定期間刑期を務めます。潜在的なESTA申請者は犯罪歴のほか、薬物所持や使用歴の類の質問に正直に回答する必要があります。従って、保釈はESTA申請者の状況を法律的に変えませんが、ESTAが拒否された場合には、保釈は米国ビザ申請の際に品行方正(GMC) 立証に役立つでしょう。

ESTAやビザなしでも米国に渡航は可能ですか?

いいえ、米国入国には承認されたESTAまたは有効な米国ビザが必要です。大抵の場合、承認されたESTAか有効なビザがなければ、航空機や船舶に搭乗することはできません。陸路で米国に渡航する場合にはESTAは不要ですが、国境越えの際にI-94/I-94W用紙を記入しなければなりません。

ESTA申請で嘘をついたらどうなりますか?

CBPがESTA申請書で虚偽を見つけた場合には、申請は提出してから72時間以内に拒否されます。加えて、以前承認されていてもESTAは拒否されることになるでしょう。多くの場合、通知や説明なくESTAは承認または拒否されることがあります。CBPはいつでもESTAをはく奪する権利を有しています。ESTA申請者は、ビザ免除プログラムでの米国入国への申請の一環として、渡航認証拒否に対する抗議をする権利を放棄することになります。

最後に

犯罪歴があってESTAを取得するためには、申請者の状況に基づいてさまざまな考慮が必要となります。真実を述べる最高の能力と方法でいつでも質問に答えてください。ESTAが拒否された場合でも、米国ビザを申請する資格があります。詳しい情報については、犯罪歴がある場合の米国ビザ取得をご訪問ください。

シェア

FacebookTwitterYoutube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する

ツイート