名前変更、結婚後ESTA申請

発行: Jan 29, 2021, 編集: Jan 29, 2021 | タグ: ESTA資格, ESTAパスポート, 日付を過ぎたパスポート

ESTAを利用して米国訪問を計画している新婚の渡航者は、名前の変更や婚姻によって申請を完了する方法に影響を与えることがあるということに注意してください。渡航者が名前を変更した場合や新しいパスポートを待っている間は特にそうです。以下の記事では、先日付パスポートを使ってオンラインでESTAを申請する情報を提供し、申請者共通の問題を避ける手助けをします。

先日付パスポートとは何ですか?

結婚を予定していて、婚姻後に海外旅行を計画している人は、先日付パスポートを申請することができます。これは、実際に結婚する、または婚姻届けを出す前に、将来の結婚名で発行されるパスポートです。旧姓の既存パスポートで渡航することはできますが、結婚証明書のコピーを持って行き、そして旧姓で発行されたパスポートが渡航している国によって有効であると考慮されるかどうかも確認することをお勧めします。

先日付パスポート取得方法

先日付パスポート申請の際に一番重要なことは、十分に時間を取ることです。理想的には、処理のどんな難点(例えば申請が需要増の時期と一致した場合などに備えて)にも余裕を持つために、婚姻の大体3か月前に申請した方がよいでしょう。最後の段階でもそのままの場合には、最適なオプションは、既存のパスポートで渡航して、戻って来た後に結婚名に文書を変更することです。

時間がなくても新しい名前でパスポートを所持したい場合には、可能であればファストトラック・サービスに追加料金を払うことができます。優先サービスを利用することで、新しいパスポートを1週間以内に受け取ることができます。

考慮するその他の影響

個人の状況に応じて、先日付パスポート申請の決定に影響する考慮すべき点がその他にもあります。

  • その他の渡航計画申請提出時に既存のパスポートは引き渡さなければならず、先日付パスポートは結婚後まで有効にはならないので、その合間に海外に渡航することができなくなります。
  • 結婚がキャンセルされた場合–  何らかの理由で結婚がキャンセルされた場合には、旅券事務所に先日付パスポートを返却して、旧姓で新しいパスポートを再申請しなければなりません。
  • 二重国籍- 二重国籍のために英国でないパスポートを所持している場合には、両方の名前が一致していなければなりません。一致していない場合には、先日付英国パスポート申請前に英国でないパスポートで詳細を変更しておきましょう。
  • 海外で結婚- 渡航開始と終わりには旧姓のパスポートが必要なので、海外で結婚する場合には先日付パスポートを申請することができません。

先日付パスポートでESTAを申請することはできますか?

先日付パスポートを申請する英国民は、婚姻の届け出をする日にパスポートが有効になるまでESTAを申請することができません。結婚式と空港到着間の時間が足りない場合には、代理で親戚や友人にESTA申請を頼むことをお勧めします。

別のビザ免除プログラム(VWP)国の国民が米国への渡航を承認されたものの、例えば離婚や婚姻のために名前を変更する場合には、渡航前に別のESTA認証を申請しなければなりません。申請者には渡航の最低72時間前に申請することをお勧めしますが、さまざまな状況でこれを実行できなくなることがあります。

以前の名前でパスポートを使用できますか?

旧姓でパスポートを所持していたけれども、発行後に婚姻や離婚などの理由で名前が変わった場合には、以前のパスポートの名前と番号で申請を送信する資格があります。申請はパスポートにある名前でするべきですが、他の名前や別名で知られているかどうかという質問に回答する時には、新しい名前を入力してフォームを完成させてください。旧姓のパスポートと新しい名前のチケットで渡航することができますが、パスポートにある名前と新しい名前のつながりを証明するために、婚姻証明書や離婚届などの法的文書を持って行った方がよいでしょう。

シェア

FacebookTwitterYoutube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する