商用のESTA

発行: Dec 03, 2019, 編集: Dec 03, 2019 | タグ: ESTA要件, ビジネス向けESTA

初めに

ESTAは米国を訪問するビジネス渡航者に便利な渡航認証。ビザ免除加入国のパスポートを所持する人が利用することができます。ESTAは、ビジネス関連リサーチ活動、仕事関係者とのコンサルティング、および科学、教育、専門または事業コンベンションやカンファレンスのための渡航、契約交渉、不動産の決定などさまざまな事業活動に利用することができます。

商用のESTAに適した状況例

1

あなたが38か国のビザ免除国の1か国のパスポートを保持していて、技術開発者である、またはロンドンから飛行機に乗ってネバダ州ラスベガスのコンシューマー・エレクトロニクス・ショー (CESIに訪問者として数日間参加したい。この場合にはESTAは適した渡航認証となります。

2

人事部長はドイツのエンジニアスタッフの渡航準備責任者で、エンジニアは全員ドイツのパスポートを所持している。エンジニアたちは1週間米国のクライアントを訪問する必要があり、給与はドイツの雇用主から支払われる。この場合には、人事部長はドイツ人エンジニアの代理でESTAを申請することができます。

3

スウェーデンのパスポート保持者でアントレプレナー。スウェーデン企業を運営している。米国のサプライヤーや顧客と契約交渉をするのに4日間米国を訪問したい。アントレプレナーの活動が自身のスウェーデン企業経由のものならば、ESTAはこの商用に適した渡航認証です。

ESTAを利用して、米国で行うことができるその他の仕事は?

収益源が米国でない限り、限定能力で従業員が仕事をするためにESTAを利用することが可能です。雇用主は海外を基盤としているが一時的に米国を訪問する米国市民である、または米国基盤だがB, E, F, H, I, J, L, M, O, P, Qのいずれかのカテゴリービザを保有している外国人である必要もあります。

その他のESTA要件

商用でESTAを取得したい渡航者は申請前にESTA要件のほか、ビザ免除プログラムの詳細を確認してください。

詳細と無資格

ESTA拒否に抗議することはできません。ESTAを拒否された、または無資格の申請者は、まだB-1 商用ビザを申請することができます。

制約

滞在延長や状況変更 ― 米国領域にいる間は、ESTAの延長やビザカテゴリーへの切り替え申請をすることはできません。他のどのビザ申請やその後のESTA申請も米国外で提出しなければなりません。ESTAを利用して米国領域に到着してから90日以内に米国を出発しない場合、申請者は今後のビザやESTA申請が難しくなります。

渡航目的 ― 渡航者が履修単位のための勉学、米国源からの支払いを受ける仕事、またはラジオ、印刷、映画、その他のメディア形態の役割でプレスの寄稿者として働く目的の場合には、ESTAを利用することはできません。なんらかの形態で支払いを受ける競技や、有料の観衆の前での展示パフォーマンスでもESTAを利用できません。最後に、ビザ免除プログラムで許可されている90日間以外に、恒久的にも一時的にも居住獲得の方法としてESTAを利用することはできません。

許容性

承認されたESTAは商用での米国入国を保証しません。米国税関国境保護局(CBP)はESTAを承認されたどの渡航者でも米国入国を拒否する権利を有しています。国境での拒否は、品物や商品の申告の誤り、ESTA申請書の誤解を招く情報、または米国へ移住の可能性や安全性やセキュリティリスクとしてみなされるその他の理由などが考えられます。国境で入国拒否をされた場合には、抗議をする権利はありません。

最後に

ESTAはさまざまな商用に利用できます。米国に向かう従業員、雇用主、アントレプレナーに使いやすい渡航認証を提供します。ESTAで実行できる事業活動や仕事には重要な制約がいくつかあるので、渡航者はESTA要件を慎重に確認して確実に渡航目的が許可されるようにしてください。

ビザ免除適格性国のパスポートを所持していて、観光、商用、治療、乗り継ぎ目的でESTAを取得したい場合には、申請を開始するほか、ESTAに関してもっと知るためによくある質問を訪問ください

ホームページ

シェア

FacebookTwitterYoutube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する

ツイート