家族やグループ渡航者向けのESTA

発行: Nov 04, 2019, 編集: Nov 04, 2019 | タグ: このファミリーアプリケーション, ファミリーESTA

始めに

ご家族またはグループ渡航者向けのESTAが必要な場合には、グループ申請として申請が可能です。ご家族またはグループESTAの申請をするためには、米国に向かうグループの渡航者全員がビザ免除の資格がある国のパスポートを所持していなければなりません。

グループのESTA申請プロセスは?

ご家族またはグループ渡航者向けESTAが必要な場合には、オンラインで申請することができます。各申請を完了させるまで約10分間かかります。承認には最長で72時間かかることがあります。従って、グループの責任者はESTA申請の保留や拒否による渡航の中断を避けるために、米国出発日前に申請者の申請をうまく計画してください。

家族やグループESTAの適用に必要なものは?

グループ申請では一度の支払いで最大50名の渡航者のESTA申請を提出することができます。グループ申請の申請者は一緒に渡航をする必要はありません。グループ申請提出には追加のメリットもあります:

  • 一度の支払いを実行することで、申請ごとの個々の支払いにかかる時間を節約する。
  • グループの全渡航者の状況を調べて追跡できる。
  • グループ申請を一緒に更新ができるほか、グループに申請を追加または削除して、渡航グループをうまく監視することもできる。

家族やグループESTAの申請ですべきことは?

別の渡航者の代理として申請可能ですが、他の人の代理で申請していることを申請書に表示する必要があります。通常は、申請者の代理で申請する第三者に最も当てはまるボックスを選択して実行されます。

個人グループの申請には、申請完了のために各渡航者に関する以下の必要な情報を手に入れる必要があります。申請者は申請前にすべてのESTA質問リストを調べることができます。

  • パスポート情報 - パスポート番号、パスポート発行国、パスポートの国籍、パスポート発行日と有効期限日のほか、追加パスポートの同じ情報。
  • 個人情報 - 名(ミドルネームを含む)、苗字、生年月日、出生市町村、出生国、性別、知られている別名
  • 両親 – 分かれば両親の名・苗字、もしくは「不明」を入力
  • 連絡先情報 – 住所ライン1と2、州(都道府県)、市町村、国、メールアドレス、電話番号
  • 米国内の緊急連絡先情報 – 名・苗字、電話番号、メールアドレス。米国のホテル情報にすることができます
  •  米国連絡先情報 - 米国滞在の場合、米国の連絡先名、住所ライン1と2、州、市、電話番号が必要です。米国のホテル情報にすることができます。
  • 米国内の住所 - 米国に滞在する場合には、住所ライン1と2、州、市を提供する必要があります。
  • 雇用情報 - 雇用されている場合には、申請者の雇用主名、住所ライン1と2、州、市、国が必要です。
  • ESTA資格の質問に対する回答 – 9つのESTA資格質問に対する各申請者の回答が必要です。

赤ちゃんにESTAは必要ですか?

はい。年齢に関係なく、ビザ免除資格があるすべての渡航者は米国出発前に認された自分のESTAを所持する必要があります。各渡航者は、受け入れ可能なパスポートのESTA要件も満たすご自分の名前の有効な期限内のパスポートと承認されたESTAを所持していなければなりません。家族やグループの代理で申請する人は米国への未成年者との渡航に関する規則も熟知していなければなりません。

ESTAの資格がない、またはビザ免除プログラムでエントリーを拒否された渡航者は、米国を訪問したい場合にはビザを申請する必要があります。

最後に

ESTAは、個人が最大50名の渡航者の申請を提出できるようにしています。グループや家族申請を提出する人は、グループや家族申請を開始する前に渡航グループの人たちのパスポート、個人、および渡航詳細を収集しなければなりません。

ビザ免除適格性国のパスポートを所持していて、観光、商用、治療、乗り継ぎ目的でESTAを取得したい場合には、申請を開始するほか、ESTAに関してもっと知るためによくある質問を訪問ください

ホームページ

シェア

FacebookTwitterGoogle+Youtube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する

ツイート

投稿