渡航防止法のビザ免除プログラムへの影響

発行: Jun 30, 2020, 編集: Jun 30, 2020 | タグ: ESTA資格, ビザ免除プログラム

始めに

2016年1月、米国政府は強化と前年のテロリスト防止法を通じて、ビザ免除プログラムへの変更をし始めました。この法令は、イラン、イラク、スーダン、シリアなどの人々を含む、テロの国のスポンサーであると国土安全保障省 (DHS) がみなす国の国民を除外することを目的としています。法令は2018年に改訂され、追加の国にはリビア、北朝鮮、ソマリア、イエメンがあります。

ESTA申請に、以前 イラン、イラク、リビア、北朝鮮、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンに訪問したことは問題となりますか?

強化された規則は、そういった国に渡航したことがある人々にも適用されます。資格があったとしてもVWPの資格を得る妨げとなります。新しい規則は、渡航者が米国訪問しないようにするものではありません。ですが、対象となる国に以前渡航履歴がある人や国民は、ESTAを拒否される、または既存の認証が無効になるでしょう。その場合には、このような渡航者は米国入国前に米国ビザを申請する必要があるでしょう。除外国に渡航する理由次第でケースバイケースで、一部の除外が適用される場合もあります。

どのような渡航者が法令の影響を受けますか?

ビザ免除プログラム強化とテロリスト渡航防止法の下で、以下の基準のひとつに分類される人は、ビザ免除プログラムのビザ免除の下で米国への渡航・入国の資格はもうありません。

  • 2011年3月1日以降にイラン、イラク、リビア、北朝鮮、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンに渡航または訪問したビザ免除プログラム加入国の国民
  • イラン、イラク、リビア、北朝鮮、ソマリア、スーダン、シリア、イエメン国の国民でもあるビザ免除プログラム加入国の国民

このような規制に例外はありますか?

新規則は、VWP国の軍事サービスの実行や、ビザ免除プログラム加盟国の契約従業員として公的役割を実行するために、上記の禁止国にいたことがあってVWPで渡航する人には適用されません。

公的にでも軍事的理由であってもいずれかの国(イラン、イラク、リビア、北朝鮮、ソマリア、スーダン、シリア、イエメン)に渡航した人は、承認された通関港を通じて米国入国の際にはすべての関連書類を持って行くことをお薦めします。ビザ免除プログラム強化とテロリスト渡航防止法に対するこういった除外は、禁止国のいずれかで二重国籍を持った人には適用されません。

ESTAフォームの追加の質問は?

ESTAフォームに追加または改訂された質問は以下の通りです:

  • 2011年3月1日以降にイラン、イラク、リビア、北朝鮮、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンに渡航した、またはいたことがありますか?そうであれば、国、訪問日のほか、観光、家族、商用、専門の交換プログラム、文化交流プログラム、大学の理由、公式任務、軍事、ジャーナリズム、人道支援活動、国内外組織の仕事、または記載のないその他の理由など主な訪問理由を提供してください。
  • 他国で発行されたパスポートや渡航目的のIDカードを所持していますか?そうであれば、所持している場合にはその文書の情報提供を要求します。この情報には発行国、文書タイプ、文書番号、有効期限年が含まれます。
  • 他国の国籍や国民ですか?そうであれば、市民権の国、国籍、市民権/国籍獲得方法に関する情報提供を要求します。
  • 以前別の国の国籍や市民権を持っていましたか?そうであれば、市民権の国、国籍提供を要求します。
  • CBPグローバルエントリープログラムのメンバーですか?そうであれば、CBPグローバルエントリーパスID/メンバーシップ番号の提供を要求します。
  • ソーシャルメディア情報。ご希望であれば、プラットフォームやソーシャルメディア識別子などのオンラインでの存在に関連するソーシャルメディア情報を提供することができます。この欄はオプションです。

2011年3月1日以降にイラン、イラク、リビア、北朝鮮、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンにいる場合にはどうしたらいいですか?

新しい規則は、渡航者が米国入国をできないようにすると同時に、渡航者は米国大使館か領事館でビザフォームを申請する必要があります。VWPに加入している国にある米国大使館や領事館には、ビザ面接の短い待ち期間があるだけです。ビザ申請に関する詳しい情報についてはtravel.state.govをご訪問ください。あなたの居住国の管轄の米国大使館の住所を見つけるためには、usembassy.govをご訪問ください。

治療、人道的または商用理由、新しい法令の結果としてESTAが拒否・はく奪されて、差し迫って渡航する義務がある場合には、迅速なビザ面接予約を要求することができます。

ESTAよりもビザを申請する利点は?

ESTAよりもビザには利点があります:ESTAは2年間だけ有効ですが、ビザは最長10年間有効です。VWPでは90日間ですが、ビザは米国に最長6か月間とどまるオプションがあります。ビザを所持した渡航者は、米国にいる間に、6か月間以上の滞在延長を要求することもでき、さまざまなビザクラスに変更することができます。どちらのオプションもビザ免除プログラムでは許可されていません。

最後に

新しい法令はVWP諸国のほとんどの渡航者に影響を与えないことが予測されます。米国国土安全保障省は、現行リストにいつでも追加の国を追加することがあります。

シェア

FacebookTwitterYoutube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する

ツイート