犯罪歴がある場合のビザ取得

発行: Feb 17, 2020, 編集: Feb 17, 2020 | タグ: ESTA, 犯罪歴のあるビザ

初めに

以前の犯罪歴のためにESTAを拒否された場合には、米国への渡航認証取得の次のオプションは米国訪問ビザを申請することです。訪問ビザは3種類あります:B-2 観光ビザ、B-1/B-2 用途混合観光 & 商用ビザ。

犯罪歴がある場合の米国ビザ申請方法は?

犯罪歴のためにESTAを拒否された場合には、観光、ビジネス、治療、通過目的のB-2またはB-1 訪問ビザを申請する資格があります。訪問ビザは申請処理にもっと時間と費用がかかりますが、もっと長期間有効で滞在許可期間が長いなどの追加のメリットがあります。すべてを比較するためには、ESTAとビザどちらが必要のページをご訪問ください。

DS-160 申請書の犯罪歴に関する関連の質問は何ですか?

DS-160 申請書のテロ関連でない犯罪歴がある人への最も関連する質問は以下の通りです:

  • 「薬物乱用者、または薬物中毒ですか?」
  • 「恩赦、特赦あるいはその他類似の措置の対象に関わらず、違反や犯罪で逮捕または有罪判決を受けたことがありますか?」
  • 「規制薬物に関する法律を犯したことがある、または犯す陰謀に従事したことがありますか?」
  • 「売春または違法な商業化悪習に従事するために米国に来ますか?または過去10年以内に売春に従事あるいは売春を周旋したことがありますか?」
  • 「マネーロンダリングに巻き込まれたことがある、または従事しようとしていますか?」
  • 「米国内または米国外で人身売買違反を犯したことがある、またはそれを共謀したことがありますか?」

提供元:https://ceac.state.gov/genniv/

上記の各質問には、個人の状況に関する詳細と上記の状況から生じた関連犯罪活動に関する有罪判決以降、あなたが回復した理由を提供する必要があります。回答には正直に誠実に、証拠のどの主張も裏付けるべきです。例えば、回復の一環となる活動には、繰り返した犯罪歴がない、仕事取得、事業開始、家族を養うなどがあります。

米国ビザを拒否されたらどうしますか?

米国ビザを拒否される場合には、拒否を正当化するために移民法において適用された理由を提供されます。再申請前に、以前米国ビザ申請を拒否するために利用された移民規定が、もう今後の申請には関係しないという主張を裏付ける証拠を準備しなければなりません。

最後に

ESTA拒否は米国に入国できないという意味ではありません。B-2 観光ビザやB-1 商法ビザなどの訪問ビザは代わりの渡航認証です。

時間も費用も申請処理にかかりますが、通常はESTAよりももっとメリットを提供します。

シェア

FacebookTwitterYoutube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する