米国ビザとビザ免除者のカテゴリーとは?

発行: Mar 23, 2020, 編集: Mar 23, 2020 | タグ: ESTA要件, ESTA資格, 米国ビザの要件

始めに

米国を訪問する外国人は米国ビザまたはビザを所持するか、ビザ免除者でなければなりません。ビザ申請処理には、通常はオンラインでフォームとパスポートスタイルの写真の提出、返金負荷の手数料の支払いのほか、14~79歳の申請者は予約で大使館に出向くことが伴います。ビザ免除者の申請処理は、完全にオンラインで実行され、必要な申請条件は少なく、大使館の予約で出向く必要はありません。この記事では一般的な米国ビザカテゴリーの一部をレビューするほか、ESTAと呼ばれる米国ビザ免除者について話します。

米国ビザカテゴリー

米国ビザはメインで2種類あります:移住者用と非移住者用。このふたつの主な違いは、渡航目的と滞在期間です。無期限で米国に住みたい外国人は移民ビザを申請しなければなりません。観光、就業、学業、一時的な就労、治療、短期間の家族の再会、その他一時的な訪問の場合には非移民ビザを申請する必要があります。

ビザを認められたら、渡航者は自動的に米国入国の資格を得ます。ビザは、領事館や大使館の職員が申請を認めて、申請者が入国の資格があるとするものですが、申請書に記述されている目的だけに基づいたただの証明です。その人が移民法の下で米国への入国許可がされるかどうかは、通関港での米国税関国境保護局 (CBP) の決定次第です。

米国移民ビザ

定住目的で米国に渡航する外国人には、移民ビザの資格がある場合があります。そのような申請者は、まず米国市民権・移民業務局 (USCIS)に申請書を提出しなければなりません。特別な技術を備えた申請者や投資家は通常支援に頼りませんが、その他のほとんどの申請者には雇用主や親せきなどスポンサーが必要となるでしょう。

移民ビザカテゴリーには複数のビザ申請タイプがあります。

  • 法的な永住者や米国国民の親戚、配偶者、婚約者が家族ベースのビザを申請することができます。
  • 海外から孤児を養子にしたい人は、国際養子縁組ビザを申請することができます。
  • 100万ドルの最低資金を備えた投資家 (貧困地域の投資ではその半分) は投資家ビザを申請することができます。

 承認されると、移民ビザを発行する地元の領事館または海外の大使館を通過します。移民者は米国にビザを所持して、通関港でCBP職員に表示しなければなりません。

米国非移民ビザ

観光、治療の理由、一時的な就労、就業、学業のために米国に短期滞在をする計画がある外国人は非移民ビザを申請しなければなりません。申請者は、渡航目的やビザのタイプに応じてサポートする証拠を付随しなければなりません。学生、観光者、商用渡航者は地元の領事館または大使館を通じて申請することが可能です。

コンベンション、会議、米国で契約交渉などに参加したい商用渡航者は、訪問者ビザ (B-1)を申請することができます。米国の学校プログラムやスポンサーシップに受け入れられる学生が申請可能なビザは:

  • 進路が大学であれば、学生ビザ (カテゴリー F)。
  • 事実上、職業コースの学生ビザ (M)。
  • 承認された交換プログラムに参加する交換訪問者ビザ (J)。

観光者、治療で渡航する人、上記のカテゴリーに入らない学生 (例えば単位を取得しないコース)は、観光ビザとも呼ばれる訪問者ビザ (B-2) を申請することができます。

他国への途中で米国に入国する渡航者は、通過 (C) ビザが必要です。観光、友人訪問、その他のレジャー目的の場合には、短期滞在であっても渡航者は訪問者 (B) ビザ取得が必要です。

特殊な移民ビザとその他のビザカテゴリー

渡航目的によって、申請者は複数のタイプのビザの資格がある場合があります。含まれるものは:

移民多様化ビザ ― 移民多様化プログラムとは、米国で歴史的に移民数が少ないさまざまな国の国民に開かれているものです。DV-2021、DV-2022のふたつのいずれのスケジュールに登録しても費用は無料です。

公式政府訪問向け米国ビザ ― 州や政府のトップ (たとえば大統領は首相など)はA-1ビザを申請することができます。大使、領事、大臣、閣僚、EUやAU代表団の代表、その肉親者も通常はA-1またはA-2ビザの資格があります。政府職員、一部の軍当局者、EUやAUスタッフ、その近親者や扶養家族はA-2ビザを申請できる場合があります。

国際組織のスタッフ向け米国ビザ ― G-1~G-4タイプのビザは、政府スタッフやその肉親者など国際組織で勤める人に発行が可能です。国民代表、NATOのスタッフ、その肉親者はNATO-1~NATO-6ビザを申請することができます。その個人の従業員もNATO-7ビザの資格があります。

一時的な宗教従事者向けビザ ― 一時的な宗教従事者 (R-1)ビザの資格がある渡航者は、聖職者または聖職従事者として米国で任務を計画している同じ宗教組織で最低2年間働いたことがなければなりません。米国滞在中に、この組織で少なくともパートタイムで働く必要もあります。

搭乗員ビザ ― 商用飛行機で勤めるパイロットやフライトアテンダント、船長、エンジニア、一部の船舶乗員、護衛、キッチン給仕スタッフ、その他船舶のスタッフ、訓練船で訓練を受ける人は、搭乗員ビザ (D)を申請することができます。このビザの資格を得るためには、申請者は入国29日以内に米国を離れることを目的としていなければなりません。

難民、亡命者結合のフォローアップ ― 米国内で亡命者や難民状態を認められた渡航者は、I-730フォームを利用して配偶者や未婚の子供が一緒になれるように申請することができます。

ビザ免除プログラム

ビザ免除プログラムは、現在では米国国土安全保障省(DHS)が最長90日間、ビザなしで渡航を提供しています。現在、39か国の国民に申請資格があります。こういった外国人の方は渡航認証電子システム (ESTA) を介してオンラインで渡航認証承諾に向けて申請をしなければなりません。申請は更新することができず、申請者は延長で滞在することもできません。

ESTA申請者はオンラインで申請書を完成させて、関連するすべてのフォームにある質問に答えなければなりません。普通は決断は数分以内ですが、一部の場合には処理に最長で72時間かかる場合があります。

承認されると、観光、商用、通過目的にESTAを使用することができます。ですが、申請者は就業する、履修単位獲得の目的でコースに参加することはできません。認証資格を得るためには、申請者は往復のチケットを所持し、ビザ免除プログラム契約に申し込んでいる輸送会社を利用しなければならず、同様にその他ESTA要件を満たす必要があります。

最後に

移住や非移住目的の米国ビザには複数のカテゴリーがあります。この記事では、移民ビザや非移民ビザの一番よくあるタイプの一部を紹介したほか、関連する資格基準をレビューしました。訪問が一滞在あたり90日以内、短期商用、観光、通過目的であれば、米国にビザのいらない渡航の資格がある申請者は、ESTA経由でビザ免除プログラムの下の入国申請を考慮すべきです。

ビザ免除適格性国のパスポートを所持していて、観光、商用、治療、乗り継ぎ目的でESTAを取得したい場合には、申請を開始するほか、ESTAに関してもっと知るためによくある質問を訪問ください

ホームページ

シェア

FacebookTwitterYoutube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する

ツイート