通過目的のESTA

発行: Jan 20, 2020, 編集: Jan 22, 2020 | タグ: ESTA要件, 乗り継ぎのためのESTA

初めに

米国を通過することは、最終目的地の経路でもっと便利な、またはもっと安価な航空運賃で予約を探している人にメリットがあります。ビザ免除プログラム諸国からの渡航者はそのような通過目的にESTA (電子渡航認証システム)を利用することができます。ESTA通過申請が拒否される、または渡航者がESTAの資格がない場合には、代わりにC-1 通過ビザを申請することができます。

ESTAは2年間、またはパスポートの有効期限のいずれか先の日付で発行されます。ESTAは訪問ごとに最長で90日間の米国入国に何度でも利用することができます。さらに、通過渡航者は、認証が承認されている間は米国で観光または商用にESTAを利用することが可能です。

通過目的でESTAを利用したい渡航者は、申請書に米国を通過するだけであるということ、最終目的地が米国領域外であることを表示しなければなりません。

カナダ、メキシコ、隣接諸島への通過の場合には?

米国入国へのカナダ、メキシコ、隣接諸島で費やす時間は、陸路、海路、空路での渡航の輸送方法に関係なく、訪問ごとに90日限定に加算されます。つまり、前述の周辺領域に合計で90日間を超えずに訪問する限り、米国再入国に承認されたESTAを利用することができます。

隣接諸島には多数の英国領、フランス領、オランダ領やカリブ海周辺が含まれます:バハマ、バルバドス、バミューダ、ハイチ、ドミニカ共和国、ジャマイカ、マルティニーク、サンピエール島・ミクロン島、トリニダード・トバゴ、リーワード諸島、アングィラ島、アンティグア島、グアドループ島、ネイビス島、セント・キッツ島、英領ヴァージン諸島、ウィンドワード諸島、ドミニカ、グレナダ、セントルシア、セントヴィンセント。

その他ESTA要件

通過目的のESTA取得を望む渡航者は、申請前にESTA要件のほか、ビザ免除プログラムの詳細をレビューするべきです。

拒否と無資格

ESTA拒否に抗議することはできません。ESTAを拒否された、または無資格の申請者は、まだC-1 通過ビザを申請することができます。

制約

滞在延長や状況変更 ― 米国領域にいる間は、ESTAの延長やビザカテゴリーへの切り替え申請をすることはできません。他のどのビザ申請やその後のESTA申請も米国外で提出しなければなりません。ESTAを利用して米国領域に到着してから90日以内に米国を出発しない場合、申請者は今後のビザやESTA申請が難しくなります。

渡航目的 ― 渡航者が履修単位のための勉学、米国源からの支払いを受ける仕事、またはラジオ、印刷、映画、その他のメディア形態の役割でプレスの寄稿者として働く目的の場合には、ESTAを利用することはできません。なんらかの形態で支払いを受ける競技や、有料の観衆の前での展示パフォーマンスでもESTAを利用できません。最後に、ビザ免除プログラムで許可されている90日間以外に、恒久的にも一時的にも居住獲得の方法としてESTAを利用することはできません。

許容性

証人されたESTAは商用での米国入国を保証しません。米国税関国境保護局(CBP)はESTAを承認されたどの渡航者の米国へも入国を拒否する権利を有しています。国境での拒否は、品物や商品の申告の誤り、ESTA申請書の誤解を招く情報、または米国へ移住の可能性や安全性やセキュリティリスクとしてみなされるその他の理由などが考えられます。国境で入国拒否をされた場合に、抗議をする権利はありません。

米国での治療

予定された治療 - 米国で予定された治療がある場合には、国境で計画されている治療の証拠を提供するように求められることがあります。手元に何か証拠のものがあれば、米国国境で治療についての情報の要求を満たすには十分なはずです。証拠には医療診断に関する情報や、米国で治療をしなければならない理由などが含まれます。他の証拠の形としては、米国を基盤としている医師や外科医の治療詳細、費用、予知や治療後の回復時間などの手続き期間が入った手紙のほか、手続きの費用を申請者自身で支払いできるという文書などがあります。該当する証拠には銀行取引明細書や、治療手続きの支払いに利用される他の形態の現金ベースの資産があります。

計画されていない治療 - 米国への旅行中に生じる医療問題は、地元の医療スタッフによって治療されます。どの無計画な請求される治療の費用も、あなたの旅行保険会社がカバーする、または治療前または後にいつでも支払いをすることができます。

終わりに

通過目的の資格がある渡航者はESTAを利用することができます。承認されたESTA申請者は許可された観光または商用で米国に滞在することも可能です。カナダ、メキシコ、周辺領域に滞在する日数はESTAの90日間制限に追加されることにご注意ください。そのため、他の目的地の国々を併せて米国渡航規制に基づいて旅行計画を立てることをお薦めします。

ビザ免除適格性国のパスポートを所持していて、観光、商用、治療、乗り継ぎ目的でESTAを取得したい場合には、申請を開始するほか、ESTAに関してもっと知るためによくある質問を訪問ください

ホームページ

シェア

FacebookTwitterYoutube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する

ツイート