Showing articles for May 2019

Blog on ESTA visa waiver news and updates

ESTA持続期間は?

発行: May 22, 2019, 編集: Nov 09, 2019 | タグ: ESTA, ESTA期間

ESTAビザ免除プログラムは、ビザ申請不要で、39か国の参加諸国の国民が観光、商用、乗り継ぎ、治療、短期学習目的で米国に渡航できるようにします。ESTAは英国、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、その他多数の欧州国、アジア及び南米諸国の渡航者が米国に簡単に渡航できるようにしています。申請書完了には10-15分かかり、認証は99%の割合で即座に許可されます。 ESTA承認期間 承認されたESTAは2年間またはパスポートの有効期限のどちらか早い方で許可がおります。しかし、これは米国に2年間滞在できるという意味ではありません。ESTAは12か月間の間に最大90日までの訪問のために使用できるものです。ですから、渡航者が最近ESTAを受け取り、90日間、米国に滞在、それから国に戻ると、再度ESTAを使用するまで12か月間かかる見込みであるということです。しかし、米国税関・国境警備局(CBP)は米国への訪問で待つ期間に対して厳しい要件を設定していません。代わりに、過去の90日間の滞在後12か月以内に再度米国を訪問したい場合には、渡航者は米国ビザを申請することができます。渡航者が入国またはその他米国のビザ情報を探すようであれば、資格を持った米国出入国管理弁護士から法的な助言を見つけてください。国境警備隊は、滞在中に「理にかなった長さ」であったかどうかを確認します。渡航者が米国に住もうとしていると国境警備隊が疑う場合には、入国できません。米国への入国の裁量はCBPに決定されるので、これらはめったにないガイドラインであることをご注意ください。 ESTA申請の最適な時 渡航者が米国に渡航する時期によって、米国訪問前に渡航の大部分と認証を確実に得るために計画的にESTA申請の時期を定めるべきです。ESTA申請前の最小期間は72時間として考慮されていますが、申請が拒否されて代わりに米国ビザを申請する必要がある場合に備えて、賢く計画しましょう。90日以上米国に滞在する計画であれば、米国ビザを申請する必要があります。ESTAで滞在が超過すると、プログラムから禁じられ、米国国境で今後拒否されるという結果になる可能性があります。さらに、ESTAで滞在を超過すると、今後のどの米国ビザ申請でも承認を危うくすることがあります。 近隣国に訪問して米国滞在を延長 まず居住国に飛ばずにカナダやメキシコ、またはカリブ海などの近隣国を訪問することは、90日の滞在に計算される見込みがあります。CBP国境警護隊は、米国訪問を延長するために訪問者が利用するこの方法を認識しており、この方法を利用する人の入国を拒否することがあり得ます。本当にカナダ、メキシコまたはカリブ海を訪問したい、同様に米国に90日以上滞在したい場合には、適切に旅程を計画してください。90日を1日でも超える滞在に寛容さは恐らくないので、そうすることで米国に90日以上滞在しないでしょう。 米国でのESTA更新 ESTAは米国にいる間に延長または更新できません。認証は米国またはその領域に到着する前に取得していなければなりません。しかし、米国滞在中にパスポートまたはESTAが有効期限切れになる場合には、最大90日間の訪問期間のために新しいESTAを申請する必要はありません。

米国の電子ビザ

発行: May 19, 2019, 編集: Nov 09, 2019 | タグ: ESTA申請, ESTA適格性, 米国ビザ

米国は、現在米国渡航向けの外国人の電子ビザを提供していません。米国への渡航向けの唯一の「電子認証」形式はESTAです。従って、ESTAという存在を考慮して米国渡航向け電子ビザは存在しません。ESTAは渡航認証の電子システムを表わしています。ESTAは電子ビザではなく、電子ビザ免除として扱われていて、観光、商用または乗継の目的で、39か国のビザ免除諸国のパスポート所持者が利用することができます。この39か国の有資格国はhttps://official-esta.jp/visa-waiver-program/で調べることができます。承認されたESTAを取得している渡航者は、デジタル的に米国への渡航許可を与えられ、パスポートとその他の申請情報は、米国入国のすべてのポイントで国境当局がアクセスできる税関・国境警備局(CBP)システムに電子的に送られます。 ESTAの目的は、米国への出発前にCBPが渡航者を審査することに役立てることです。ESTAは、CBPが米国向けの航空機または船舶搭乗からセキュリティリスクをもたらす人を防ぐのに役立ちます。ESTA認証はオンラインで1日24時間申請することができます。ESTA申請提出に利用されるウェブサイトではメンテナンスの延長を経験することがめったにないので、非常に利用しやすくなっています。ESTA申請の決定は、通常は申請書提出60秒以内、またはメール経由で決定されます。このようにESTAは実際に電子渡航認証としてみなされ、取得や申請、使用に物理的なフォームや文書は必要ありません。 米国は、発行前に大使館での面接や幅広い確認の必要性を与えて、B-2観光ビザ、B-1商用ビザ、またはC-1乗り継ぎビザなどの人気のビザタイプの電子ビザを実行します。これは、ESTAの資格がない渡航者には不便かも知れませんが、ビザタイプの区別には理由があります。ESTAは渡航者がビザを取得するために与えられる追加の権利を与えずに、一般的な商用または観光の渡航向けに使用するために渡航者に十分な許可を提供します。これによってCBPはもっと精密に訪問者を分けて、セキュリティまたは入出国関連のリスクをもっともたらすとみなす渡航者を審査するために一層の努力をすることができます。

ESTA申請ガイドの完成

発行: May 08, 2019, 編集: Nov 09, 2019 | タグ: ESTA, ESTAアプリケーションガイド

10年以上の間、ESTAビザ免除プログラムは米国への観光客や出張を簡単にしてきました。その初めから、さまざまな申請要件における変更が行われ、一部の例では特に申請書の要件、資格、セキュリティスクリーニングへの広範な追加があります。 ESTAは他の従来のビザとはまったく異なります。まず、ESTAは「ビザ免除」です。つまり専門用語のビザではないということです。ESTAとは短期間で国に入国する簡単な方法を提供するもので、目的が達成されたら、米国外に出るということを必要とているものです。逆に、従来のビザは、ESTAと比較して人々が特定の目的で長期的に米国へ入国することが許可されます。 もっと重要なことは、ESTAは米国民、または米国永住権または労働ビザを保有する人に与えられる法的権利を米国訪問者には提供しないので別物であるいうことです。例えば、ビザを所有している人は適用された有効期限の間、同じく特定の入国の権利が許可されている限り、米国に渡航する能力があります。ESTA渡航者は、90日間を超えない限り商用またはレジャーで短期滞在だけが可能です。逆に、米国ビザ所有者は10年間であっても滞在目的を達成するまで国内に滞在することができます。 有効な米国ビザを所有している人はESTAビザ免除を申請する必要はありません。言い換えれば、有効なビザがある人は機能の重複を避けるために渡航許可を申請する適用がないということです。米国税関・国境警備局(2017)の条項によると、別の国の領事館が渡航を承認していることを証明しますが、両方の形式のビザを持つことが米国入国を保証するものではないとしています。渡航申請の許容性を決定するのは米国入国管理局の権限の裁量であり、しかも申請者へ渡航を承認、拒否する理由を与える必要はありません。 にもかかわらず、資格要件を満たし90日の短期間内で用途が正当であるならば、個人がESTAを申請することができます。免除プログラムにリストされている[[%esta.variables.vwp_country_count?…

シェア

FacebookTwitterGoogle+Youtube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する

ツイート