Showing articles for December 2019

Blog on ESTA visa waiver news and updates

ESTAがセキュリティリスクを見極める方法は?

発行: Dec 30, 2019, 編集: Dec 30, 2019 | タグ: 国境警備, ESTA要件, ESTA資格

前書き 208年以降、ESTA導入によって、WWP (ビザ免除プログラム) のセキュリティが強化されました。これによって、セキュリティリスクをもたらすかどうかを確認するために、渡航者が米国行きの運送機に搭乗する前にCBP (米国税関・国境警備局) は今後の渡航者を綿密に調査することができます。ESTAは追加のセキュリティ層を利用して、ビザのない渡航によって起こる脆弱性やリスクへの釣り合わせとして機能します。事前に綿密に調査することで、DHSの職員は潜在的に脅威となる少人数の渡航者数に努力を集中することができます。 ESTAは旅行者をどのように選別しますか? プログラム開始後にESTAへの何百万人の申請者がCBPに承認されていますが、既知または嫌疑テロリストの米政府ウォッチリストの調査の結果として4,000人以上が拒否されています。DHS…

ESTA申請に影響を与える伝染病の質問とは?

発行: Dec 17, 2019, 編集: Dec 17, 2019 | タグ: ESTAの質問, ESTA資格

序文 申請者の伝染病履歴は、ESTA申請書の9つの適格性の質問のひとつにあります。セキュリティリスクを引き起こすかどうかを査定するために、CBP (米国税関・国境警備局)を援助する目的で考案されています。回答する必要がある最初の質問は、身体的または精神的健康障害に苦しんでいるかどうかということです。これには、薬物中や薬物乱用者であるかどうか、伝染病であるかどうかなどが記載されています。インフルエンザや通常の風邪はESTA獲得の資格はく奪をしませんが、伝染病は米国入国の差し止めとなる場合があります。 伝染病とは? 伝染病の定義として、第1要件はどの病気が蔓延している状態です。伝染病は人に簡単にうつる病気です。発生経由としてあることは 空中ウィルス 血液およびその他の体液 虫刺され 第2要件は、病気が公衆衛生に与える影響です。多くの病気はすぐに伝染する一方で、米国入国差し止めの考慮される理由ではありません。申請者がよく間違えることは、咳や風邪、インフルエンザにかかっているだけなのにこの質問に「はい」と答えることです。通常の風邪は確かに人から人へとうつりやすいものですが、それは軽度疾患であって、一般集団に重大な健康リスクをもたらすものではなく、このコンテキストでは伝染病とは考慮されません。 伝染性であっても、多くの病気はビザ免除プログラムにおいて米国入国への考慮される障害ではありません。現行の伝染病リストは、2008年HIV/エイズ、結核、マラリア再認証法に対するトム・ラントス…

旅行予約前にESTAを申請すべき?

発行: Dec 09, 2019, 編集: Dec 09, 2019 | タグ: ESTAの質問, ESTAアプリケーション

初めに ビザ免除資格がある米国に向かう渡航者は、輸送またはホテル宿泊施設予約前にESTAを申請することができます。申請書提出時に、正確な渡航日や宿泊施設詳細は不要ですが、渡航者の申請処理にそのような情報を提供すると役立つことがあります。 宿泊施設をまだ予約していませんが、ESTA申請にどのように影響しますか? ESTA申請者が米国で複数の目的地の訪問を計画していても、米国宿泊先の住所は1か所だけ必要となります。可能であればホストやマネージャーの名前も提供されている限り、ホテル、B&B、その他の宿泊施設の住所入力は米国の連絡先住所や宿泊場所として十分です。 別の方法として、申請者が米国訪問中の滞在先がまったくわからない場合には、テキストフィールドに「UNKNOWN」(不明)と、数字のフィールドに「ゼロ」の連続を入力することができます。 ESTAが処理・承認された後に申請を再訪問して、米国の宿泊先住所を更新することができます。 米国の連絡先がありません。何を入力したらいいですか? 申請者は、ESTA申請書の米国連絡先住所セクションに「UNKNOWN」(不明)を入力し、数字に「ゼロ」の連続を使用することができます。代わりに、可能であれば申請者は米国の宿泊先またはホストの連絡詳細を提供することができます。 申請前に航空券を予約する必要がありますか? いいえ、ESTA申請者はESTA申請前にフライトを予約する必要はありません。渡航者が米国への旅行を計画していなくても、いつでもESTA申請を提出することができます。 最後に 米国訪問者はESTAまたはビザ取得前に渡航計画を完全に確約することが難しいことがあります。ありがたいことに、米国連絡先住所や米国滞在中の住所には潜在的な宿泊先の場所の住所詳細を提供することができるので、渡航者はホテルや航空券購入前になおもESTAを申請することができます。

商用のESTA

発行: Dec 03, 2019, 編集: Dec 03, 2019 | タグ: ESTA要件, ビジネス向けESTA

初めに ESTAは米国を訪問するビジネス渡航者に便利な渡航認証。ビザ免除加入国のパスポートを所持する人が利用することができます。ESTAは、ビジネス関連リサーチ活動、仕事関係者とのコンサルティング、および科学、教育、専門または事業コンベンションやカンファレンスのための渡航、契約交渉、不動産の決定などさまざまな事業活動に利用することができます。 商用のESTAに適した状況例 例1 あなたが38か国のビザ免除国の1か国のパスポートを保持していて、技術開発者である、またはロンドンから飛行機に乗ってネバダ州ラスベガスのコンシューマー・エレクトロニクス・ショー…

シェア

FacebookTwitterYoutube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する