Showing articles for January 2020

Blog on ESTA visa waiver news and updates

通過目的のESTA

発行: Jan 20, 2020, 編集: Jan 22, 2020 | タグ: ESTA要件, 乗り継ぎのためのESTA

初めに 米国を通過することは、最終目的地の経路でもっと便利な、またはもっと安価な航空運賃で予約を探している人にメリットがあります。ビザ免除プログラム諸国からの渡航者はそのような通過目的にESTA (電子渡航認証システム)を利用することができます。ESTA通過申請が拒否される、または渡航者がESTAの資格がない場合には、代わりにC-1 通過ビザを申請することができます。 ESTAは2年間、またはパスポートの有効期限のいずれか先の日付で発行されます。ESTAは訪問ごとに最長で90日間の米国入国に何度でも利用することができます。さらに、通過渡航者は、認証が承認されている間は米国で観光または商用にESTAを利用することが可能です。 通過目的でESTAを利用したい渡航者は、申請書に米国を通過するだけであるということ、最終目的地が米国領域外であることを表示しなければなりません。 カナダ、メキシコ、隣接諸島への通過の場合には? 米国入国へのカナダ、メキシコ、隣接諸島で費やす時間は、陸路、海路、空路での渡航の輸送方法に関係なく、訪問ごとに90日限定に加算されます。つまり、前述の周辺領域に合計で90日間を超えずに訪問する限り、米国再入国に承認されたESTAを利用することができます。 隣接諸島には多数の英国領、フランス領、オランダ領やカリブ海周辺が含まれます:バハマ、バルバドス、バミューダ、ハイチ、ドミニカ共和国、ジャマイカ、マルティニーク、サンピエール島・ミクロン島、トリニダード・トバゴ、リーワード諸島、アングィラ島、アンティグア島、グアドループ島、ネイビス島、セント・キッツ島、英領ヴァージン諸島、ウィンドワード諸島、ドミニカ、グレナダ、セントルシア、セントヴィンセント。 その他ESTA要件 通過目的のESTA取得を望む渡航者は、申請前に

前科がある場合のESTA申請

発行: Jan 06, 2020, 編集: Jan 06, 2020 | タグ: 犯罪歴のあるビザ, ESTA要件, 犯罪歴のあるESTA

前科があってもESTAを手に入れることができますか? はい、ESTAは前科を手に入れることができます。ですが、ESTA取得は、犯罪の性質、犯罪者の当時の年齢のほか、犯罪が行われた時期次第です。世界のどこで犯罪が起きたとしても、逮捕、警告、有罪判決は、ESTA、関連場所、または米国ビザ申請で申告される必要があります。 米国入国のためにESTA申請を計画している前科がある渡航者は、申請書の適格性に関する質問の細部を見逃すことがよくあります。ESTA適格性の質問は、申請者経歴のさまざまな状況をカバーします。こういった質問は申請者の可能性があるセキュリティリスクを捉えることを目的としています。ESTA申請書で最も検討される2つの適格性の質問は、不道徳行為に伴う逮捕や有罪判決に関連しています。不道徳行為は、公認基準やコミュニティの感情に反する道徳的に堕落した、またはひどいふるまいであると考えられています。この2つの質問は次の通りです: 「他者あるいは政府当局に対する重大な器物破損または傷害行為を招いた犯罪で逮捕されたり有罪判決を受けたりしたことがありますか?」 この質問は、重大な器物破損、または別の人や政府当局への重大な傷害の結果としての有罪判決や逮捕に関連しています。含まれるが限定されず、重要であると考慮される例は: 殺人、故殺、強姦、わいせつ行為、重大な暴行、誘拐など人に対する犯罪 放火、夜盗、窃盗、強盗、詐欺、盗難器物の受け取りなど器物に対する犯罪 給付詐欺、脱税、贈賄、偽証など政府当局に対する犯罪 「違法薬物の加工、使用、流通に関連する法を犯したことがありますか?」 この質問は、違法薬物の加工、使用、流通に関連する法を犯したことがあるかどうかを特に尋ねていて、より明確なものです。ですが、一部の国境越えの矛盾が申請者の回答を分かりづらくすることがあります。例えば、申請者の在住国の医療大麻など規制薬物の合法使用。一部の州では使用が法律化されているものの、米国連邦法ではまだ違法薬物使用とみなされます。違法薬物の使用がESTA拒否になる見込みとなるこの質問への「はい」という回答を正当化すべきかどうかを申請者は決定する必要があります。最終的に、薬物関連の有罪判決を受けていない場合には、税関・国境警備局…