Showing articles for February 2020

Blog on ESTA visa waiver news and updates

犯罪歴がある場合のビザ取得

発行: Feb 17, 2020, 編集: Feb 17, 2020 | タグ: ESTA, 犯罪歴のあるビザ

初めに 以前の犯罪歴のためにESTAを拒否された場合には、米国への渡航認証取得の次のオプションは米国訪問ビザを申請することです。訪問ビザは3種類あります:B-2 観光ビザ、B-1/B-2 用途混合観光 & 商用ビザ。 犯罪歴がある場合の米国ビザ申請方法は? 犯罪歴のためにESTAを拒否された場合には、観光、ビジネス、治療、通過目的のB-2またはB-1 訪問ビザを申請する資格があります。訪問ビザは申請処理にもっと時間と費用がかかりますが、もっと長期間有効で滞在許可期間が長いなどの追加のメリットがあります。すべてを比較するためには、ESTAとビザどちらが必要のページをご訪問ください。 DS-160 申請書の犯罪歴に関する関連の質問は何ですか? DS-160…

複数のESTAビザ免除申請をする方法

発行: Feb 06, 2020, 編集: Feb 06, 2020 | タグ: ビザ免除プログラム, グループESTAアプリケーション, ESTA

初めに ESTA申請を提出する渡航者は家族、同僚、友人、その他渡航同伴者を伴うことがよくあるでしょう。ありがたいことに米国税関・国境警備局 (CBP) は時間節約を手助けするために、複数またはグループのESTA申請提出を許可しています。 複数の申請を提出する方法は? ホームページで「グループ申請」を選択して複数の申請を提出することができます。別の方法としては、「申請」オプションを選択して、必要に応じてそれぞれの申請を追加することができます。 グループ申請の作成 以下の情報はグループ申請作成に必要です。この情報は、グループの連絡担当者を反映しなければなりません: 苗字 名前、ミドルネーム 生年月日 メールアドレス グループ申請の管理 グループの連絡担当者が作成されたら、「新規申請を追加」を選択してグループの新規申請を追加することができます。 グループの連絡担当者がESTAの支払いをまだしていないグループにもっと人を追加する必要がある場合には、「未払の申請を追加」オプションを選択して、申請者の単一申請を追加することができます。ESTA申請番号、申請者の国籍、パスポート、発行日、有効期限日を併せて、申請者のパスポート番号と青年月日も必要です。 支払いをする グループ申請では、グループで最低2件の申請がある時に支払いをすることができます。グループ作成から7日以内に申請のすべての支払いをしなければなりません。7日後に情報は期限切れとなり、グループ連作先とグループ申請をしたその他個人は、グループ再作成のほか、申請を再度追加・送信する必要があります。 グループ申請へのアクセス グループ申請は、グループID、苗字、名前とミドルネーム、生年月日、グループ連絡担当者のメールアドレスで回復することができます。グループへのアクセス獲得後、グループ申請の確認、各申請者の情報更新、グループからの申請者の追加・削除のほか、各申請の個々の状況確認をすることができます。支払いされると、申請者の連絡先メールアドレスと米国の宿泊施設の住所を除き、申請者情報は編集できなくなります。 状況確認 グループ内の各渡航者の状況は、グループ連絡担当者のダッシュボードに表示されます。グループの各メンバーは、ESTA処理期間の72時間の間にさまざまな状況になります。一部の申請者は他の人よりも早い対応で処理されます。CBPは、申請処理には最長72時間必要な場合があるということを通知しています。申請の「保留中」または「渡航不許可」は、グループの他のメンバーのESTA決定に影響を与えません。 一度の支払いで何件の申請を提出できますか? 一度の支払いで、最大50件の申請を提出することができます。 支払い後にもっと申請を追加することはできますか? いいえ、グループの全申請に支払いがされると、それ以上申請を追加できなくなります。ですが、追加の申請に別のグループを作成する、またはグループの渡航者の申請を個々に提出することができます。元のグループと別の追加申請提出は、その渡航者のESTA承認や拒否に関するCBPの決定に影響を与えません。 複数またはグループ申請提出のメリットは? グループ申請提出は、それぞれの申請に対して支払いをするのではなく、グループ内ですべての申請を提出するためにグループコーディネーターが一度で支払いをすることができます。 グループメンバーは一緒に渡航する必要がありますか? いいえ、渡航者が承認されたESTAを所持している限り、空路または海路で米国に渡航することができます。 グループメンバーが陸路で到着する場合は? カナダやメキシコ国境から陸路で米国に入国する渡航者は、ESTA申請は不要です。米国国境で当てはまるのであればI-94/I-94Wを提出する必要があります。 最後に 複数のESTA申請は、それぞれの申請を追加する、またはグループ申請を作成することで提出することができます。いずれの場合にも、複数の申請は一度の支払いで管理・提出が可能です。