Showing articles for March 2020

Blog on ESTA visa waiver news and updates

米国ビザとビザ免除者のカテゴリーとは?

発行: Mar 23, 2020, 編集: Mar 23, 2020 | タグ: ESTA要件, ESTA資格, 米国ビザの要件

始めに 米国を訪問する外国人は米国ビザまたはビザを所持するか、ビザ免除者でなければなりません。ビザ申請処理には、通常はオンラインでフォームとパスポートスタイルの写真の提出、返金負荷の手数料の支払いのほか、14~79歳の申請者は予約で大使館に出向くことが伴います。ビザ免除者の申請処理は、完全にオンラインで実行され、必要な申請条件は少なく、大使館の予約で出向く必要はありません。この記事では一般的な米国ビザカテゴリーの一部をレビューするほか、ESTAと呼ばれる米国ビザ免除者について話します。 米国ビザカテゴリー 米国ビザはメインで2種類あります:移住者用と非移住者用。このふたつの主な違いは、渡航目的と滞在期間です。無期限で米国に住みたい外国人は移民ビザを申請しなければなりません。観光、就業、学業、一時的な就労、治療、短期間の家族の再会、その他一時的な訪問の場合には非移民ビザを申請する必要があります。 ビザを認められたら、渡航者は自動的に米国入国の資格を得ます。ビザは、領事館や大使館の職員が申請を認めて、申請者が入国の資格があるとするものですが、申請書に記述されている目的だけに基づいたただの証明です。その人が移民法の下で米国への入国許可がされるかどうかは、通関港での米国税関国境保護局…

ESTAでの渡航体験とは?

発行: Mar 03, 2020, 編集: Mar 03, 2020 | タグ: ESTAアプリケーション, ESTAエクスペリエンス

始めに 渡航認証電子システム (ESTA)は、合理化された自動処理を利用して、渡航者が米国をビザなしで旅行するオプションを提供します。ESTAは、空路または海路で米国に到着する渡航者が使用することができます。最長90日までの滞在を許可し、2年間またはパスポートの有効期限の日付で発行されます。渡航認証の別の形式には米国ビザがありますが、申請手数料が高くて処理期間が長くなります。ESTA申請完了時間は約15分、米国ビザの費用に比べるとかなり少額となっています。観光、就労、通過目的で米国を訪問する渡航者がESTAを利用することができます。ESTAの申請と渡航に関する経験の概要については、この記事で説明します。 出発前にESTAを申請 ESTA申請のためには、申請者は有効なパスポートとインターネットが接続されたブラウザデバイスのほか、フォーム完成に15分ほどの時間が必要です。申請者が米国滞在を目的としている場合には、米国内の連絡先としての連絡先と住所情報のほか、米国滞在中の住所を提供する必要があります。この情報はフォーム提出には必要なく、宿泊先や米国の連絡先情報がまだ入手できていない場合には、フィールドに「不明」と記入することができます。 ESTA申請フォームは、連絡先、パスポート、両親、緊急連絡先情報などの申請者の個人情報に関する質問で構成されています。申請者の健康、犯罪、薬物、雇用、渡航、入国履歴をカバーする適格性の質問もあります。申請フォームの質問すべてのリストを確認するためには、こちらをご訪問ください:

シェア

FacebookTwitterYoutube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する