Showing articles for December 2020

Blog on ESTA visa waiver news and updates

ESTA申請時のデータ精度の考慮

発行: Dec 22, 2020, 編集: Dec 22, 2020 | タグ: ESTAアプリケーション, ESTAの間違い

始めに 渡航者は、航空会社、ホテル、政府、旅行関連サービス提供に従事しているその他の法人のオンラインデータ収集実践に関する意識を高めています。多数の渡航者は、現在では個人情報のプライバシー感をより獲得するために、偽名、別名、故意にその他の誤ったデータを使ってホテルやその他のサービスを予約します。ですが、ESTAのような米国渡航認証の場合には、誤った、または偽りの情報を提供すると、ESTA処理の遅れや拒否につながることがあります。 データの有効性とオプション欄 ESTA申請の際に、必須欄を空欄にすることはできますか?  必須欄が空欄の場合には、ESTA申請を処理することはできません。フォーム上のすべての欄を、フォームの有効性ルールで規定されている必要なデータ形式と文字数制限で完了させる必要があります。 ESTA申請のオプション欄とは何ですか? ESTA申請のオプション欄は、ソーシャルメディアアカウント情報と職業の情報です。ESTA申請の一部として、他のすべての欄は必須です。 申請時に匿名またはその他の不正確な情報を入力できますか? 故意に誤った、不正確な情報を提供してもESTA申請の拒否にはつながりませんが、ESTA申請保留につながることがあります。その場合、最長72時間までかかることが多い追加の処理時間を必要とします。偽の情報を提供すると恐らくESTA申請拒否につながります。 アメリカ合衆国税関・国境警備局(CBP)が申請をレビューしている時に十分な情報を得られない場合には、ESTA申請は恐らく拒否されるでしょう。ESTA申請で間違えた場合には、再度申請することができます。 まだ特定の情報を得ていない欄に「不明」(Unknown)と入力することはできますか? はい、本当に情報を入手していない一部の欄は、ESTA申請では「不明」と入力することができます。申請フォームのどの「名」(first…

シェア

FacebookTwitterYoutube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する