ESTA情報

Blog on ESTA visa waiver news and updates

米国カリフォルニア州サンディ

発行: Oct 01, 2019, 編集: Oct 07, 2019 | タグ: アメリカビザ, ESTA

始めに 文化的ツアーでもグルメの街のブレイクをお探しでも、晴れ渡った、のんびりとしたサンディエゴの街は1年のうちいつ訪問してもすばらしい場所です。このガイドは訪問に関する情報のほか、ESTAやサンディエゴのビアなど適切な渡航認証取得に関する情報を提供します。 サンディエゴにはESTAそれとも米国ビザ? サンディエゴへの旅行を計画する際には、取得が必要な渡航文書の類について少し混乱するかも知れません。規則や要件は、特に現在の行政ではすぐに変更することがあり、迷いやすくなっています。ここではサンディエゴへのESTAとビザの違いについてレビューします。考えられる最初の違いは、海外滞在の合計期間です。ESTA(または渡航認証電子システム)登録は、90日までの観光、乗り継ぎ、治療、商用限定で利用できます。米国、特にサンディエゴに長く滞在する計画ならば、適切なビザを申請しなければならないでしょう。ESTA申請にも、機械で読み取りが可能な情報を含む特殊な電子チップが入ったeパスポートの所持が必要です。逆に、通常の米国ビザはどのタイプのパスポートでも取得することができます。 ESTAとビザ申請の手続き サンディエゴのESTAとビザの別の重要な違いは、申請手続きです。ESTA申請は完全にオンラインで行われ、旅行の前に数日間で完了させることができます。手数料はかなり少額で、すぐに申請が承認されたかどうかは即座に分かります。一方で、米国ビザ申請では、かなり長めに時間投資をします。アポイントメントを予約することが挑戦なことがあり、次の空いている時間帯が数週間、または数か月先のことがあります。大使館に到着すると、最低数時間の待ち時間に直面する見込みがあります。手続き手数料は高く、ビザの面接、それに申請が承認されてビザが発行されるまの追加の待機期間があります。従って、ESTAの資格があるならば、明らかにESTAの方がより良い選択です! 気候と移動手段 1年のうち、平均で267日が天気の良い日である、サンディエゴは楽しい旅行にピッタリの場所です。サンディエゴ国際空港(サンディエゴのダウンタウンからたったの3マイルの所にあります)に飛行機で、または眺めの良い太平洋岸の高速道路をドライブして街に到着しましょう。到着すると探索するものがたくさんあり、徒歩、タクシー、バス、街のライトレールシステムで街を見ることができます。サンディエゴのすべての公共機関のオプションは、MTS(メトロポリタン・トランジット・システム)の一部で、この最新の移動しやすいシステムで、街のすべての重要なアトラクションにたどり着くことは超簡単です。 旅行準備のために少しだけ地域の歴史 サンディエゴの街は1769年に創立され、今のカリフォルニアにできた最初の欧州人の入植地でした。これがサンディエゴ歴史的な場所にしています。最初、サンディエゴはスペイン帝国の一部で、それからメキシコ、現在は米国の一部となっています。この豊かな歴史と文化は、サンディエゴは、壮大な植民地の建築物からバルボアパークなどの絵のように美しい場所に至るまで、すばらしい文化の融合でもあるという意味です。 サンディエゴで見ること、やること サンディエゴでただリラックスしたいだけなら、見事なビーチにただ向かって、泳ぐ、セーリング、シュノーケル、サーフィン、心ゆくまで日光浴をすることを強くお薦めします。文化を考えていますか?街の重要なアトラクションのひとつはUSSミッドウェイ博物館。USSミッドウェイの中にあって、サンディエゴ湾に浮いています。バルボアパークのエレガントな庭園は1,200エーカーあって、17以上の博物館のほか、午後を過ごすのにすばらしく家族にピッタリの場所である街の動物園があります。ショッピング好きなれば、シーポート・ビレッジはすばらしいウォーターサイドのショッピング複合施設。噴水を特徴としていて、リラックスできるバーやレストラン、ゴージャスな公園が噴水と一緒に揃っています。ロマンチックな夜を過ごしたい場合には、それではひとつすばらしいオプションがあります。Lorna…

ESTA申請が拒否される理由

発行: Oct 01, 2019, 編集: Oct 01, 2019 | タグ: ESTA Travel未承認, ESTA拒否

ESTA申請が拒否されることは、大きな失望となることがあります。しかしまだB1商用ビザ、B2観光ビザ、または混合のB1/B2訪問者ビザを申請することができるので、さほど落胆しないでください。そこで、ESTA申請が拒否される理由とは? ESTAが拒否される、つまり米国税関・国境警備局で正式に呼ぶ「渡航認証不可」の一般的な理由がいくつかあります。 米国への以前の訪問で、ビザまたはビザ免除プログラムで許可されている日数を超えて滞在した。 米国への以前の訪問で、仕事をする適切なビザを所持していなかった。 以前にビザまたはビザ免除を要請して、米国への入国を拒否された。 米国政府システムと検討した時に、ESTA申請書で提供した回答が適切でなかった。 失った、または盗難されたとあなたが主張したパスポートの詳細が提供されていて、しかも実際にあなたがまだ所持していた。 ESTA申請書の質問2の回答に関わらず犯罪記録があり、有罪判決の履歴があることが分かった。 あなたの名前で罪を犯した人の名前を持っている、または、あなたはなりすましの被害者である。 あなたの適格性だけでは、ビザ免除の下で米国への渡航のために入国の許可を与えないということに注意をすることは重要なことです。あなたの記録上の過去の犯罪または出入国履歴によって、ビザ免除プログラムの下で渡航を許可されない場合があり、または他の状況下でこれは変わりません。政府システムは、膨大なデータベースで多数の検討とし、確実に申請者が適切に審査されるようにします。何らかの理由で拒否されます。残念ながら米国国土安全保障省はESTA申請拒否の理由は提供せず、その義務もありません。

米国テキサス州のビザ

発行: Oct 01, 2019, 編集: Jul 14, 2020 | タグ: 米国ビザ申請, 米国ビザの要件, 米国ビザ

始めに この記事には、国籍、旅行目的、米国での合計滞在期間によって、外国人がテキサス州の適切なビザまたはビザ免除を取得する手助けをすることを目的とした情報が含まれています。 ビザとESTAの概要 米国民ではなく、テキサスを訪問したい場合には、ビザ免除プログラムに関してもっと知ると役立つかも知れません。これは、滞在が90日以下の場合に、参加国の国民がビザ不要でテキサスに渡航することを許可します。しかし、満たすべく一定要件について知ることは重要なことです。 90日以下の滞在でビザ不要でテキサスに渡航するこの機会は、非常に厳しい基準要件を満たすことが前提となります。これらの要件のひとつは、VWP参加国の市民または国民である必要があることです。良いニュースは、ビザ免除プログラム加入者が世界で39各国あるということです。 米国民でない人がテキサスを訪問する別の最も人気の方法のひとつは、訪問者ビザまたは観光ビザを取得することです。訪問者ビザは全く一時的なベースで、米国に入国したい移民者でない人のビザです。カテゴリー選択は、商用のB-1、観光、楽しみ、訪問目的のB-2、またはその両方の目的の組み合わせのB-1/B-2ビザです。 ビザを申請したいバイアには講じなければならない手段がいくつかあります。この手順を完了させる必要がある方法のほか、この手順の所定の順番は、申請を決定する米国大使館または領事館の場所によって異なる場合があります。 Bタイプビザを申請する場合には、DS-160と呼ばれるオンラインのビザ申請で完了することができます。面接に参加することも必要ですべての文書は面接に持って行く必要があります。米国ビザを発行される保証はないことを覚えておいてください。そのために、ビザを受け取るまでは、最終的な旅行計画を立てない、航空券を購入しないことを強くお薦めします。 ビザ免除プログラムとESTA VWPとして知られているビザ免除プログラムは元々、特定のパスポートを所持した人が簡単に入国できるようにするために考案されました。特定の渡航者は完全なビザ申請を行わなければなりませんが、VWPの下で、ビザなしでも入国が許可される場合があります。米国に入国できるようにするためには、旅行認証の電子システム、言い換えればESTAとして知られているものをビザの代わりに取得しなければなりません。アイデアは、これはビザよりも手続きがシンプルで、世界の39か国にESTAに適合する国民がいるとみなされるというものです。このように、観光客とほとんどの商用訪問者の両方が、ESTAは渡航認証の最高の方法としであると分かるでしょう。ESTAの許可が下りると、所持者が新しいパスポートを申請する必要がない限り、2年間有効です。最後に、短い乗り継ぎの停止や治療目的の一部の訪問もVWPの下でESTA申請に適しています。 VWPが有効な渡航の種類は? 商用渡航者がVWPを利用すべき限定の目的: 事業仲間や仕事の連絡先との相談 科学、教育、取引、コマースに関するカンファレンスへの参加 短期の事業トレーニングセッションで、米国内で資金を調達されない 契約的性質の交渉実行のための渡航 観光渡航者として、VWPを利用すべき限定の目的: 観光、つまり休暇 家族や友人訪問に支払う 治療を実行する 組織としてソーシャルイベントに参加 アマチュアのスポーツコンテストでプレイする アマチュア作品またはコンサートに出演 VWPがカバーしない米国への渡航目的: 短期料理教室などのレジャーの訪問の一部でない、教育コース 雇用される仕事 ラジオやテレビ、その他メディアを含む海外プレスによる雇用 居住 その他の注意すべき規則 ビザなしで米国に向かうつもりの人は、国土安全保障省と税関・国境警備局が開発した自動インターネットベースシステムにログオンしてESTAを取得しなければなりません。この詳細を入力することで、米国当局がビザ不要で申請者が入国する権利について決定することができます。 ESTAを所持して到着する訪問者は海路または空路のいずれかの帰りの便の予約をしていることを実証する必要があります。 以前にビザ拒否をされた申請者は、恐らくオンライン手続きでESTAを獲得できません。 ESTA申請者は、電子チップが入った有効なeパスポートを所持していなければなりません。 一般的な3種類のビザタイプ ESTAに不適格なほとんどの人…

米国イリノイ州シカゴのビザ

発行: Sep 22, 2019, 編集: Jul 14, 2020 | タグ: アメリカビザ, エスタ

始めに かつてはシカゴ川の小さな交易市場だったシカゴは、現在では米国3番目の大都市です。博物館や驚きの建築物でよく知られていますが、これだけで知られているわけではありません。シカゴを訪問する誰もが周遊中の温まった感触に簡単に気づきます。よく吹く突風、ミシガン湖のゴージャスな眺め、暑い夏に極寒の寒い冬。その他の興味ある事実を併せて、シカゴは究極のツアーの目的地として定義されています。このガイドの目的は旅行情報を提供するほか、旅行者がシカゴでESTAまたはビザが必要かどうかを決定する手助けをすることです。 シカゴにはESTA、それとも米国ビザ? ESTAはビザ免除プログラムに…

ESTA申請方法

発行: Sep 14, 2019, 編集: Sep 14, 2019 | タグ: ESTAの要件, ESTAアプリケーションガイド

ESTA申請について知りたいですか?ESTA申請のためには、申請者は必要な書類を集めて、フォームを完了させて、質問を予め読んで理解する時間を割り当てるために、確実に15-20分予定して準備してください。下記にESTA申請方法のチェックリストを集めました。 1) 時間 – 各ESTA申請完了に最低15-20分準備してください。例えば、4人家族の申請には申請完了と情報が正確かどうかを確認するために情報をチェックするのに最低60分かかります。 2) 安定したインターネットアクセス – これは明確なことですが、申請者は遅いまたは不安定なインターネット接続を使って適用しようとすることがあります。フォームを記入して申請書を提出するためには安定したインターネットまたはWi-Fi接続にアクセスすることをお勧めします。申請のタイムアウトがよく起こり、ユーザーはそのような環境で新しい申請を開始する必要があります。 3)…

ネバダ州のビザ

発行: Sep 04, 2019, 編集: Jul 25, 2019 | タグ: アメリカビザ, アメリカビザ条件, 米国ビザ申請

始めに この記事は、商用または観光目的の人にネバダ州へのESTAまたはビザの取得に関する情報を提供します。 ビザとESTAの概要 別の国からネバダ州に到着する前に、必ずビザ免除プログラム(WVP)とその機能方法について理解してください。基本的に、VWPは加入国の国民が90日間以下、ネバダ州に渡航することを許可するものです。しかし、渡航前に特定の要件を満たす必要があります。要件には、ネバダ着・発の旅程期間全体の間、有効な電子パスポートを所持していることなどが含まれます。またビザなしで渡航するためには、航空機または船舶に搭乗する前に旅行認証(ESTA)のための電子システムを通じて承認を得る必要があり、承認された運送機にいて、米国外の国からの帰りのチケットがあることを述べている往復のチケットもなければなりません。 ネバダへの観光ビザを手に入れることもできます。観光ビザはBカテゴリービザとしても知られています。DS-160という申請書を記入して、パスポートスタイルの写真を取得する必要があります。また、あなたがお住まいの国の米国大使館で通常は受ける面接のスケジュールを立てる必要があります。大使館の予約のスケジュールを立てた時に、返金されないDS-160申請手数料の160米ドルを支払う必要があります。 ネバダへの旅行を計画する際には、Bカテゴリーまたはビザ免除で渡航中は米国の雇用主のために働く許可がないことを覚えておいてください。 ESTAビザ免除プログラム(ESTA) ESTA(旅行認証電子システム)ビザ免除プログラムはビザの申請不要で、ビザ免除諸国からのパスポート所持者に米国への入国を促進するために考案されています。商用、観光、治療を受ける、または乗継目的のどれであっても90日以内の期間、ネバダを訪問する目的の人はESTAビザ免除の資格がある場合があります。ESTAビザ免除は発行日から2年間、または渡航者のパスポートの有効期限のどちらか早い方の日付まで有効です。ESTAビザ免除プログラムの資格のために、一部さらに要件を満たす必要がありますが、それは以下の通りです: 承認される商用 事業仲間との相談 科学、教育、専門またはビジネスコンベンションや会議への参加 短期トレーニングへの参加(滞在に付随的な費用を除く) 契約交渉 承認される観光目的 観光やレジャー 休暇(休日) 友人や親戚を訪問 治療を受ける サービス、共済組合、社会組織、が主催するソーシャルイベントへの参加 アマチュアとして(支払いを受け取らない)音楽、スポーツまたは類似イベントやコンテストへの参加。 休暇中の4日間の絵画教室など、学位の履修単位に数えられないレクリエーション的な目的の勉学の短期コースへの参加 ビザ免除プログラムで許可されていない渡航 学位履修単位に数えられる大学の勉学 報酬を受ける雇用 海外プレス、ラジオ、映画、ジャーナリストやその他メディアとして働く 追加要件 訪問者は、観光でも商用でも米国のビザなしで渡航するために、ESTA規制の下で認証されていなければなりません。ESTAは米国入国の資格があるかどうかを決定する国土安全保障省(DHS)、税関・国境警備局(CBP)の自動オンラインシステムです。 承認された往復の航路または海路の旅程で渡航する人だけがESTAを所持して米国に入国ことができます。 ESTAの認証をされるためには、以前に国境拒否があってはいけません。以前米国ビザ要求を拒否されたことがある人は資格がありません。 電子パスポートを所持していなければなりません。 観光ビザ、商用ビザ、訪問者ビザ ESTAビザ免除の資格がない人、または90日間以上米国に留まる予定をしている人はB2観光ビザ、B1商用ビザ、またはB1-B2訪問者ビザが必要となります。訪問時期によって分類されている別々の訪問者ビザカテゴリーがあります。 カテゴリー…

米国カリフォルニア州サンフランシスコのビザ

発行: Aug 12, 2019, 編集: Jul 25, 2019 | タグ: 米国ビザ, ESTA

始めに サンフランシスコ訪問について誰かに尋ねてください。ゴールデンゲートブリッジやアルカトラスについて話すチャンス。サンフランシスコ湾周囲の50平方マイルに87万人が住むこの街ですが、それ以上のものがあります。このガイドは観光アクティビティの概要のほか、サンフランシスコにビザが必要かどうかという情報を提供します。 サンフランシスコにはESTA、それとも米国ビザ? ほとんどの国の国民には、サンフランシスコに入るために有効なビザが必要となる一方で、「加入国」は、「ビザ免除プログラム」(VWP)の下でビザなく、観光や特定の支払いを受けない事業活動の目的で90日を超過しない期間、入る資格を得ることができます。しかし、セキュリティ強化のために、国土安全保障省(DHS)はVWPの下で米国に入国したい人は誰でもまず、渡航認証電子システム(ESTA)として知られるオンラインの手続きによって資格を確認されなければならないということも要求します。加入国の全リストはDSHによってオンラインで公開されています。 とビザの違い ESTAはビザではありません。VWP申請者が処理手数料を支払ってオンラインで必要なフォームを完了して提出できる安全なサービスです。システムは、申請者が実際に資格があるかどうかを確認し、資格があればESTA(2年間またはパスポートの有効期限のいずれか早い方)が許可されます。ESTAは観光アクティビティまたはカンファレンス参加などの支払いを受けない事業活動に関係するビザ免除プログラムの下で入国する所持者の資格を確認するだけです。仕事、勉学、結婚、または永住者などの別のすべてのアクティビティには米国大使館または領事館が発行する適切なビザが必要です。観光目的でもESTAとビザは著しく異なります。例えば、訪問者ビザは所定期間を超えて延長することが可能ですが、ビザ免除プログラムではそれはできません。ビザを所持した訪問者には、ESTA申請は不要です。VWPの下で入国の資格があるけれども、その仕組みで許可されている目的なのかどうか分からないというどの渡航者も、代わりにサンフランシスコへの適切なビザを申請することを強くお薦めします。 文化 サンフランシスコのヒッピー、フラワーパワー、フリーラブ、サイケデリック・ロック、どのドラッグシーンのカラフルな歴史も街中で実証されています。今日ではサンフランシスコはハイテックなデジタルスタートアップ、シリコンバレー、チャイナタウン、国際的な料理、歴史的建造物、ケーブルカー、モダンなアトラクションのすべてとなっています。 サンフランシスコに到着: 米国西海岸に行くためには、英国からサンフランシスコ国際空港まで直行便で11時間かかります。多くの人は、途中で2、3か所の別の目的地で数日間2週間の休暇を分ける選択をします。 街は空港からたったの13マイル。ホテルのシャトルバス、タクシー、または国際ターミナルから運行している街の高速鉄道システムで簡単にたどり着くことができます。 サンフランシスコをから外出: 街のどこの滞在を選んでも、簡単に早く出かけることができます。速さ重視であれば、タクシーや高速鉄道。シティバスは頻度が高く安価な方法です。しかし丘の多いサンフランシスコを訪問する際にはケーブルカー乗車が好ましい移動方法かも知れません。 サンフランシスコで訪問する場所: 現代世界の七不思議のひとつとして、ゴールデンゲートブリッジは訪れるべき場所。1.7マイルの橋をタクシー、徒歩、サイクリングで渡ると、土木工事のこの偉業の巨大さが強調されます。 アルカトラスのガイドツアーに参加しましょう。少し一枚上手になるために、この不気味な島やその過去のオバケのナイトツアーもアレンジします。 信じられないことに、この次が街のアトラクションで最も訪問されている場所のひとつですが、理由はすぐに分かります。ビーチストリートのフィッシャーマンズワーフのピア39は驚きのウォーターフロントの眺めを2段階で提供します。人工島で日光浴をするアシカ、レストラン、カフェバー、エンターテインメント、ショッピング、湾の水族館。午後に予定しておきましょう。 その他の興味あるエリアには1,000エーカーのクリッシー・フィールドがあります。橋に近いこの公園には、涼む、犬の散歩、ジョギングをする地元の人にとても人気のビーチ、レストラン、フィッシングピアがあります。 その歴史、繁華な雰囲気、建築物、中国料理レストランにはチャイナタウンを訪問しましょう。 グラフィティアートに興味がある人は、ミッション・ストリート・ツアーに参加しましょう。グラフィティアートに専門の明るく色が塗られた壁や建物が2ブロックに広がっています。 カリフォルニア科学アカデミーは、あらゆる年齢層に何かがあります。自然史博物館、水族館、プラネタリウム、ペンギン村を備えたこの場所は、興味いっぱいの場所です。 訪問する場所は他にも多数ありますが、食事にはどこかで並ぶ必要があります。 サンフランシスコの昼食と夕食: ホテルが必要な食事をすべて提供するかも知れませんが、地元の人のように外出して何か食べることはいつでも素敵なこと。旅行中にランチタイムのスナックを楽しみましょう。カストロ畜のIke’s…

ESTAウェブサイトの問題

発行: Aug 07, 2019, 編集: Jul 25, 2019 | タグ: ESTAウェブサイトの問題, ESTAアプリケーション

ESTAウェブサイトの問題は稀ですが、きつい時間帯の渡航者には、イライラすることがあります。ウェブサイトの技術的問題はどのオンラインシステムにも、特に高ボリュームのユーザーをサポートするウェブサイトではつきものです。ESTAシステムは99%以上の高い稼働時間を維持していますが、税関・国境警備局(CBP)は通常、週末にESTAウェブサイトの必要な更新を行います。一番多いのはGMT(グリニッジ標準時)の土曜の朝です。 ESTAウェブサイトは、どこでも1~10時間の停止期間が続きます。残念ながら、この停止時間には渡航者は予定している米国への渡航前に認証と取得することができません。ESTAウェブサイトの問題、または技術的な問題を経験している場合には、次のことをお試しください: a) ブラウザキャッシュをクリアにする b) ESTAウェブサイトに戻る c)…

一般的なESTA申請のエラーを最小限にする

発行: Jul 15, 2019, 編集: Jul 25, 2019 | タグ: ESTA申請書, ESTAフォーム

ESTA申請のエラーには費用がかかり、さらにひどい場合にはビザ免除プログラムの下で渡航認証をしないことで、米国渡航の渡航者の能力を制限することができます。従って、生じることがある多数のタイプのエラーを考慮して、ESTA申請者は注意してフォームを記入すべきです。 エラーのタイプは2つのカテゴリーに分けられます。最初のカテゴリーは、ESTA申請者が新しい申請書の提出が必要になる見込みがある、または申請者がエラーを考慮して再申請するために税関・国境警備局に連絡して例外要請をする必要がある重要なエラーを含みます。CBPより要請を拒否された場合には、申請者は米国観光または商用ビザを申請する必要があります。2番目のカテゴリーは軽度な過ちで、申請者は提出後に申請書を編集することができるエラー、または修正できないエラーながらも米国への入国に影響を与える見込みがないエラーです。 ESTA申請書で最も一般的ながらも避けられる11のトップエラーには以下のものが含まれます:

ESTA規則とは?

発行: Jul 03, 2019, 編集: Jul 25, 2019 | タグ: ESTAの資格, ESTAの妥当性, ESTAの規則

ESTAは商用、観光、治療、乗り継ぎ、その他の一時的な目的のためにビザを取得せずに米国に訪問する資格を渡航者に与える渡航認証です。米国ビザ取得手続きと比べると簡単にオンラインで取得することが可能です。米国への渡航に乗り出す前に、外国人訪問者はESTA使用の規制を認識しなければなりません。ESTA使用の規則は次の通りです: 承認期間– ESTAは米国への出発日に有効である場合に限り使用することができます。ESTAは2年間、またはパスポートの有効期限のどちらか早い方の日付で発行されます。ESTAは許容性に影響を与えずに、渡航者が米国にいる間に有効期限切れになることがありますが、ESTAの特に滞在期間に関する規則、詳細変更、渡航目的などのその他の渡航規則はまだ適用されるままです。 滞在期間…

シェア

FacebookTwitterYoutube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する