Showing Articles for "ESTA"

Blog on ESTA visa waiver news and updates

米国コロラド州デンバー

発行: Oct 14, 2019, 編集: Oct 14, 2019 | タグ: ESTA, アメリカビザ

始めに デンバーは米国の有望なエリア。非常に多くのアウトドア、インドアアクティビティを提供し、年中ホットな観光目的地になって来ていることは不思議ではありません。このガイドは、渡航者にデンバー訪問に関する情報を提供するほか、デンバーへのESTAまたはビザ取得の違いと要件に関してお話します。 デンバーへはESTA、それとも米国ビザ? デンバーはすばらしい訪問目的地。探索する多数のさまざまな地域があって、何度でも戻って来たくなります。しかし、初めての訪問者は入国要件に戸惑うかも知れません。渡航前に、渡航者はデンバーへのESTAまたはビザを取得しなければなりません。これらの認証が入国するために必要な認証を提供するからです。 ESTAとビザの違いは? ESTAとビザの最も重要な違いは、申請手続きです。ビザはもっと厳しく高めで、米国領事館または大使館で個人の面接を必要とします。一方、米国ビザ免除プログラムの一部のいずれかの国の国民であれば、代わりにESTAと呼ばれる電子渡航認証を申請することでこのすべての面倒を避けることができます。ESTAを取得するためには、オンラインでフォームを記入して、少額手数料を支払うだけです。 ESTAは2年間有効で、複数の旅行に使用することができ、米国に合計で90日間滞在することが許可されます。90日間以上米国を訪問したい場合には、ビザ免除プログラムの国の国民であっても、代わりにビザを申請する必要があります。ESTA申請は通常自動的に処理されるので、すぐにESTAを受け取りますが、申請がうまく行かない場合には、デンバーに向かうためにビザを取得する必要があります。旅行計画前の最低でも3日前にはESTA申請を申し込むことをお勧めします。ESTA取得を忘れた場合には、空港で申請できる可能性もありますが、申請が拒否されると急にデンバーへのビザ取得ができなくなるので、予め申請することをお勧めします。 デンバーの訪問理由は? ロッキー山脈のふもとにあるデンバーは桁外れなバケーションスポット。繁華した文化シーン、受賞暦のあるレストラン、熱い音楽シーン、1年のうち300日が晴れ、とても明るい気さくな地元の人。デンバー訪問は国の最も人気がある行楽地に飛び込むようなものです。「マイル・ハイ・シティ」とよく紹介される(海抜は正確に5,280フィート、平均海面の1マイル上、メートル法なら1.6…

米国ルイジアナ州ニューオーリンズのビザ

発行: Oct 14, 2019, 編集: Oct 14, 2019 | タグ: ESTA, アメリカビザ

始めに すばらしい食べ物、すばらしい音楽、活気に満ちた文化体験がお好きなら、まさにニューオーリンズがその場所。ニューオーリンズを訪問すると、世界で最も独特な街のひとつで名所、音、味を体験することができます。このガイドは簡単な観光アクティビティの概要のほか、ニューオーリンズにESTAまたはビザが必要なのかどうかという情報を提供します。 ニューオーリンズ訪問にはESTA、それとも米国ビザ? ニューオーリンズにはESTAそれともビザが必要なのか分かりませんか?商用、遊び、家族訪問や仕事でニューオーリンズを訪問する予定なれば、申請したビザの種別で提示されている目的で米国への入国許可を得る有効な渡航認証を取得しなければなりません。ビザ規則の唯一の除外はビザ免除プログラム、つまりVWPの方法で選ばれた国の市民または国民に広げられています。ビザ免除プログラムは米国への入国上、手動で管理されていましたが、この手続きは現在では渡航者出国前に適切にセキュリティの手続きをするために、渡航認証電子システム、つまりESTAの登録を介して自動化されています。ビザ免除プログラムは観光、商用、乗り継ぎ、治療目的で米国を訪問することを目的とした訪問者に限り利用することができます。 ESTAとビザの違いは? ESTAとビザの違いは、ESTAつまりVWPの下で許可されている渡航者は90日以下の期間に制限されていて、この期間を延長できないことです。観光ビザは、申請者がビザの種別の基準を満たせば延長が可能です。ESTAとビザの別の違いは、VWPのメンバーである国民でもeパスポートを所持している人だけがESTAを視線できることです。これは、eパスポート内に含まれる高度生体情報データがESTAに統合されていて、より安全な国境を確実にします。VWP諸国の国民で米国訪問を予定している人は渡航計画を終える前に、オンラインでESTA手続きの申請をすることをお勧めします。承認されたESTAは発行日から2年間継続します。2年間の間の複数の訪問は許可されます。ニューオーリンズに向かうためにESTAまたは米国ビザを受け取ったら訪問準備をすることができます。 ニューオーリンズの音楽 多くの人にとって、ニューオーリンズはジャズの本場。ジャズを聴いて体験するために、ほとんどの訪問者はバーボンストリートやフレンチクォーターのクラブに向かいます。ジャズ以外に、ニューオーリンズには豊かな文化の融合から発展してきたその他多数のスタイルの音楽があります。フレンチクォーター近くに、ニューオーリンズの音楽地域のフレンチマン・ストリートがあります。フレンチマン・ストリートのクラブを訪問する機会があれば、ぜひ入ってください。どんな音楽がお好みでも、幅広い音楽スタイルを聴いて経験することができます。訪問する別の場所には有名なルイ・アームストロング公園があります。公園ではよく無料のコンサートが開催されていて、ライブミュージックを聴いて踊ることができます。また毎年この街は、地元でジャズ・フェストとして知られている「ニューオーリンズ・ジャズ…

ESTA申請時期は?

発行: Oct 07, 2019, 編集: Oct 07, 2019 | タグ: ESTA, ESTA申請時間

ESTAプログラムの申請者数千人に行った最近の2017年の研究では、ESTA申請の平均時間はおおよそ13分でした。申請時間に影響する該当要因は、ESTA申請書完了時にパスポートを所持しているか、渡航詳細や雇用主詳細が容易く入手できるかどうかです。申請中に、申請者が文書や情報を置く必要がある場合には、ESTA申請時間は増えます。さらに、インターネット速度、モバイル対デスクトップの使用、ESTA申請手続きで米国国土安全保障省システムに問題があるなどのESTA申請時間に影響を与えることがある申請者の制御外の追加要因がよくあります。 2017年5月時点で、ESTA申請書には複数のセクションがあります。完成されるのにかかる時間と併せて、以下の表に各セクションを載せています。 セクション

米国マサチューセッツ州ボストンのビザ

発行: Oct 07, 2019, 編集: Oct 14, 2019 | タグ: ESTA, アメリカビザ

始めに 毎年、多数の訪問者がニューヨーク、サンフランシスコ、オーランドにロサンゼルスなどのよく知られた目的地に向かって、米国を訪問します。現在ではボストンを訪問する観光客は増えています。このワールドクラスの街では楽しい魅惑的なやる事や見るものが豊富にあって、歴史的、科学的、文化的に恵まれていて非常に賛美されています。 ボストンにはESTA、それともビザ? 渡航の予約を早くしがちかも知れませんが、その前にボストンにはESTAとビザのどちらが必要なのかを知ることは重要なことです。ほとんどの人はESTAとビザの違いを理解しておらず、ESTAはビザとして誤解されがちです。ESTAはオンライン認証プラットフォームで、ビザ免除の資格がある渡航者がデジタル渡航認証を申請できるようにします。ESTAは2009年に施行された渡航要件です。ESTAの資格を得るためには、少なくともビザ免除プログラムに参加している38か国の国民である必要があります。申請がうまく行くと、申請者は、各訪問が90日以下の条件で、米国への渡航に2年間の認証許可を与えられます。一方でビザは合法的な許可書で、米国入国の許可を与えて、すべての外国人に義務付けられています。ビザの一般的なタイプにはB1商用ビザとB2観光ビザがあります。 ESTAもビザも両方とも、通常は複数の入国を許可しますが、一部のビザは一度の入国にしか使用できません。ESTA申請をすることは、ビザ免除国の人には複雑ではありません。初回の申請後の状況変化は、渡航者がESTAを拒否されることにつながることがあります。しかし、ESTAを拒否されても、まだボストンへのビザを申請することができます。ESTA申請で間違ってしまった場合には、米国税関・警備保護局に連絡して、修正の要請をすることができます。明確に回答の選択を説明し、その後の手順で明確にするようにしてください。ボストンへの有効なビザを所持している場合には、発行された目的で米国に渡航することができ、ESTA認証を申請する必要はありません。 ボストンについて ボストンはマサチューセッツ州の州都で、大西洋につながっているチャールズ川の河口にあります。街はアメリカのすばらしい歴史の重要性を備えていて、高い学習の伝統が今なお続いていて、米国どころか世界で最も名声ある大学や研究所が何校もある本拠地です。ハーバード大学に、マサチューセッツ工科大学(MIT)は両校とも現在はケンブリッジ付近のチャールズ川の向こうに移転しました。 訪問する場所 その重要な歴史と高い教育・科学の名声で、ボストンで訪問できる場所には事欠きません。 博物館 ボストン茶会事件と博物館は、人気の訪問場所。米国史のこの重要な歴史的な出来事の多数の展示と工芸品を見て、ボストン茶会事件がいかにしてアメリカ革命に触発したかを学びましょう。その他の印象的な博物館には、ボストン美術館、インスティトュート・オブ・コンテンポラリーアート、科学博物館があります。 ビーチ ボストンは特にビーチでは有名ではありませんが、米国最古の公共ビーチであると名声のあるリビアビーチなどすばらしい、安全で家族向けのビーチがいくつかあります。ドーチェスター湾の海岸線も4か所の隣接するビーチがある場所で、柔らかいきれいな砂や近くのハーバー・アイランズの眺めを提供するサウス・ボストン・ビーチとして合わせて知られています。 公園や動物園 ボストンには多数のすてきな街の公園があって、子供にも大人にもピッタリです。ボストン・コモン、ジャマイカ・ポンド、フランクリン動物園、そして2,000種類の海中生物を誇るニューイングランド水族館は数時間過ごすのにすばらしい場所です。 ナイトライフ 生徒人口が非常に多いおかげで、ナイトクラブやバーはボストン中に溢れています。夜11時まで、ボストンのナイトライフはフルスイング。ほとんどのバーやクラブは午前2時に閉店ですが、まだ夜とは呼ばない友人たちが集まる一部のレストランやスナックは開いています。 気候 街の目的地として、ボストンの天気と気候は、スキーリゾートに比べると観光客にはさほど重要なことではありません。それでも、地域のお天候を知ることは良いことです。それによって何をするか、いつボストンを訪問するかということに従ってより良い旅行計画を立てることができます。1年で一番寒い月は1月で、気温は低くて-5度、高くて2度です。7月は18度~26度以上の範囲です。雨天については、9月が一番少なくて8日、7月は9-10日ぐらい、3月は12日です。ボストンでは雪は別の天候要因で、冬には1か月に5-6日雪が降ります。4-10月には雪は降りません。 ボストンはワールドクラスの街で、もちろん住民はそのことをとても誇りに思っています。特に多数の魅力に気を引こうと熱心で、全ての訪問者に温かいボストンっ子の歓迎を広げています。観光客としては、ボストンですばらしい時間を過ごし、この驚きの街での経験で豊かな気持ちになって町を離れることができます。

米国フロリダ州オーランドのビザ

発行: Oct 07, 2019, 編集: Oct 07, 2019 | タグ: ESTA, アメリカビザ

始めに このガイドはオーランドの旅行情報、渡航認証とオーランドのビザに関する情報を提供します。訪問にはひとつ、または別のものが必要となります。オーランドは「the City Beautiful」のニックネームがあり、ダウンタウン地域を見るとその理由に納得します。ソーントンパークは街でより歴史的な部分のひとつで、南部の州に期待するリラックスした雰囲気があります。 幅広い欧州の軽飲食店にはセントラル・ブルーバードに向かいましょう。街は多数の博物館の本拠地で、Mennello Museum of American Artがあります。これらの場所は地域の文化への洞察を提供します。 オーランドの休暇を予約する前に、ESTAと米国ビザの違いを理解しましょう オーランドに旅行しているならば、恐らくESTAのビザの違いは何であろうと不思議に思っているでしょう。ESTAはよく「ビザ」として参照されますが、実際には渡航認証です。このセクションではESTAとビザの違いと、商用や観光でオーランドに入ることを希望する人にその意味が何であるかを考察します。 ESTAとは? ESTAという用語は、ビザ免除プログラム下にある渡航認証電子システムを意味します。このプログラムの一部である38か国の1か国からの出身の人は、米国ビザ申請の代わりに、米国渡航の際にESTA申請の資格があります。申請者はオンラインシステムを利用してESTAを申請し、通常では数分以内に認証は許可されます。米国ビザ申請手続きと比較すると、これは断然早くて簡単な手続きです。申請者がESTAの許可を与えられると、各滞在が90日以内の場合には、2年間の間お好きなように何度でも米国へ渡航する許可を得ます。 米国ビザとは? ビザは所持者が合法的に米国に入国する資格を与える許可書で、ビザ免除プログラムの一部ではない国の人は米国渡航前に申請しなければなりません。米国を訪問したい休暇客は、6か月間まで存続できるB2観光ビザを申請しなければなります。しかし、米国への複数の訪問が有効でない場合があるので、訪問ごとに新しい申請を提出しなければなりません。手続きもより長く複雑で、追加の文書が必要となり、米国領事館または大使館で面接を受けることになります。ESTAまたはオーランドへのビザを所持したら、訪問計画に集中することができます。 オーランド訪問はいつにすべき? 「Sunshine…

ESTA申請保留中とは?

発行: Oct 02, 2019, 編集: Oct 02, 2019 | タグ: ESTA, ESTA申請保留中

ESTA申請が保留中のばあいには、米国税関・国境警護局(CBP)が申請書で提供された情報をレビューしているということです。通常は72時間以内に申請書の最終決定が通知されます。もしくはこちらでESTA申請状況を確認することができます:ESTA申請状況の確認。 72時間までESTA申請が保留中の理由は? ESTA申請は通常は追加のセキュリティチェックのためにフラグをつけられることがあります。保留中のESTA申請とは、申請手続きのため、そしてあなたがセキュリティまたは入国のリスクを課さないということを確実にするために、追加のスクリーニングが必要であるということを意味します。通常CBPは更新確認前に72時間見込むことを知らせていますが、ESTA申請のほとんどは、48時間以内に決定に達します。しかしESTA申請が保留中の間には米国への渡航への認証はありません。 保留中のESTA申請が拒否された場合は? ESTAが拒否された場合には、メールで通知され、米国ビザを申請する情報を受け取ります。CEPの一般的な回答には観光、乗り継ぎ、商用ビザを申請するために以下のウェブサイトのリンクが入っています:…

米国カリフォルニア州サンディ

発行: Oct 01, 2019, 編集: Oct 07, 2019 | タグ: アメリカビザ, ESTA

始めに 文化的ツアーでもグルメの街のブレイクをお探しでも、晴れ渡った、のんびりとしたサンディエゴの街は1年のうちいつ訪問してもすばらしい場所です。このガイドは訪問に関する情報のほか、ESTAやサンディエゴのビアなど適切な渡航認証取得に関する情報を提供します。 サンディエゴにはESTAそれとも米国ビザ? サンディエゴへの旅行を計画する際には、取得が必要な渡航文書の類について少し混乱するかも知れません。規則や要件は、特に現在の行政ではすぐに変更することがあり、迷いやすくなっています。ここではサンディエゴへのESTAとビザの違いについてレビューします。考えられる最初の違いは、海外滞在の合計期間です。ESTA(または渡航認証電子システム)登録は、90日までの観光、乗り継ぎ、治療、商用限定で利用できます。米国、特にサンディエゴに長く滞在する計画ならば、適切なビザを申請しなければならないでしょう。ESTA申請にも、機械で読み取りが可能な情報を含む特殊な電子チップが入ったeパスポートの所持が必要です。逆に、通常の米国ビザはどのタイプのパスポートでも取得することができます。 ESTAとビザ申請の手続き サンディエゴのESTAとビザの別の重要な違いは、申請手続きです。ESTA申請は完全にオンラインで行われ、旅行の前に数日間で完了させることができます。手数料はかなり少額で、すぐに申請が承認されたかどうかは即座に分かります。一方で、米国ビザ申請では、かなり長めに時間投資をします。アポイントメントを予約することが挑戦なことがあり、次の空いている時間帯が数週間、または数か月先のことがあります。大使館に到着すると、最低数時間の待ち時間に直面する見込みがあります。手続き手数料は高く、ビザの面接、それに申請が承認されてビザが発行されるまの追加の待機期間があります。従って、ESTAの資格があるならば、明らかにESTAの方がより良い選択です! 気候と移動手段 1年のうち、平均で267日が天気の良い日である、サンディエゴは楽しい旅行にピッタリの場所です。サンディエゴ国際空港(サンディエゴのダウンタウンからたったの3マイルの所にあります)に飛行機で、または眺めの良い太平洋岸の高速道路をドライブして街に到着しましょう。到着すると探索するものがたくさんあり、徒歩、タクシー、バス、街のライトレールシステムで街を見ることができます。サンディエゴのすべての公共機関のオプションは、MTS(メトロポリタン・トランジット・システム)の一部で、この最新の移動しやすいシステムで、街のすべての重要なアトラクションにたどり着くことは超簡単です。 旅行準備のために少しだけ地域の歴史 サンディエゴの街は1769年に創立され、今のカリフォルニアにできた最初の欧州人の入植地でした。これがサンディエゴ歴史的な場所にしています。最初、サンディエゴはスペイン帝国の一部で、それからメキシコ、現在は米国の一部となっています。この豊かな歴史と文化は、サンディエゴは、壮大な植民地の建築物からバルボアパークなどの絵のように美しい場所に至るまで、すばらしい文化の融合でもあるという意味です。 サンディエゴで見ること、やること サンディエゴでただリラックスしたいだけなら、見事なビーチにただ向かって、泳ぐ、セーリング、シュノーケル、サーフィン、心ゆくまで日光浴をすることを強くお薦めします。文化を考えていますか?街の重要なアトラクションのひとつはUSSミッドウェイ博物館。USSミッドウェイの中にあって、サンディエゴ湾に浮いています。バルボアパークのエレガントな庭園は1,200エーカーあって、17以上の博物館のほか、午後を過ごすのにすばらしく家族にピッタリの場所である街の動物園があります。ショッピング好きなれば、シーポート・ビレッジはすばらしいウォーターサイドのショッピング複合施設。噴水を特徴としていて、リラックスできるバーやレストラン、ゴージャスな公園が噴水と一緒に揃っています。ロマンチックな夜を過ごしたい場合には、それではひとつすばらしいオプションがあります。Lorna…

ESTA申請が拒否される理由

発行: Oct 01, 2019, 編集: Oct 01, 2019 | タグ: ESTA Travel未承認, ESTA拒否

ESTA申請が拒否されることは、大きな失望となることがあります。しかしまだB1商用ビザ、B2観光ビザ、または混合のB1/B2訪問者ビザを申請することができるので、さほど落胆しないでください。そこで、ESTA申請が拒否される理由とは? ESTAが拒否される、つまり米国税関・国境警備局で正式に呼ぶ「渡航認証不可」の一般的な理由がいくつかあります。 米国への以前の訪問で、ビザまたはビザ免除プログラムで許可されている日数を超えて滞在した。 米国への以前の訪問で、仕事をする適切なビザを所持していなかった。 以前にビザまたはビザ免除を要請して、米国への入国を拒否された。 米国政府システムと検討した時に、ESTA申請書で提供した回答が適切でなかった。 失った、または盗難されたとあなたが主張したパスポートの詳細が提供されていて、しかも実際にあなたがまだ所持していた。 ESTA申請書の質問2の回答に関わらず犯罪記録があり、有罪判決の履歴があることが分かった。 あなたの名前で罪を犯した人の名前を持っている、または、あなたはなりすましの被害者である。 あなたの適格性だけでは、ビザ免除の下で米国への渡航のために入国の許可を与えないということに注意をすることは重要なことです。あなたの記録上の過去の犯罪または出入国履歴によって、ビザ免除プログラムの下で渡航を許可されない場合があり、または他の状況下でこれは変わりません。政府システムは、膨大なデータベースで多数の検討とし、確実に申請者が適切に審査されるようにします。何らかの理由で拒否されます。残念ながら米国国土安全保障省はESTA申請拒否の理由は提供せず、その義務もありません。

ESTA申請方法

発行: Sep 14, 2019, 編集: Sep 14, 2019 | タグ: ESTAの要件, ESTAアプリケーションガイド

ESTA申請について知りたいですか?ESTA申請のためには、申請者は必要な書類を集めて、フォームを完了させて、質問を予め読んで理解する時間を割り当てるために、確実に15-20分予定して準備してください。下記にESTA申請方法のチェックリストを集めました。 1) 時間 – 各ESTA申請完了に最低15-20分準備してください。例えば、4人家族の申請には申請完了と情報が正確かどうかを確認するために情報をチェックするのに最低60分かかります。 2) 安定したインターネットアクセス – これは明確なことですが、申請者は遅いまたは不安定なインターネット接続を使って適用しようとすることがあります。フォームを記入して申請書を提出するためには安定したインターネットまたはWi-Fi接続にアクセスすることをお勧めします。申請のタイムアウトがよく起こり、ユーザーはそのような環境で新しい申請を開始する必要があります。 3)…

米国カリフォルニア州サンフランシスコのビザ

発行: Aug 12, 2019, 編集: Jul 25, 2019 | タグ: 米国ビザ, ESTA

始めに サンフランシスコ訪問について誰かに尋ねてください。ゴールデンゲートブリッジやアルカトラスについて話すチャンス。サンフランシスコ湾周囲の50平方マイルに87万人が住むこの街ですが、それ以上のものがあります。このガイドは観光アクティビティの概要のほか、サンフランシスコにビザが必要かどうかという情報を提供します。 サンフランシスコにはESTA、それとも米国ビザ? ほとんどの国の国民には、サンフランシスコに入るために有効なビザが必要となる一方で、「加入国」は、「ビザ免除プログラム」(VWP)の下でビザなく、観光や特定の支払いを受けない事業活動の目的で90日を超過しない期間、入る資格を得ることができます。しかし、セキュリティ強化のために、国土安全保障省(DHS)はVWPの下で米国に入国したい人は誰でもまず、渡航認証電子システム(ESTA)として知られるオンラインの手続きによって資格を確認されなければならないということも要求します。加入国の全リストはDSHによってオンラインで公開されています。 とビザの違い ESTAはビザではありません。VWP申請者が処理手数料を支払ってオンラインで必要なフォームを完了して提出できる安全なサービスです。システムは、申請者が実際に資格があるかどうかを確認し、資格があればESTA(2年間またはパスポートの有効期限のいずれか早い方)が許可されます。ESTAは観光アクティビティまたはカンファレンス参加などの支払いを受けない事業活動に関係するビザ免除プログラムの下で入国する所持者の資格を確認するだけです。仕事、勉学、結婚、または永住者などの別のすべてのアクティビティには米国大使館または領事館が発行する適切なビザが必要です。観光目的でもESTAとビザは著しく異なります。例えば、訪問者ビザは所定期間を超えて延長することが可能ですが、ビザ免除プログラムではそれはできません。ビザを所持した訪問者には、ESTA申請は不要です。VWPの下で入国の資格があるけれども、その仕組みで許可されている目的なのかどうか分からないというどの渡航者も、代わりにサンフランシスコへの適切なビザを申請することを強くお薦めします。 文化 サンフランシスコのヒッピー、フラワーパワー、フリーラブ、サイケデリック・ロック、どのドラッグシーンのカラフルな歴史も街中で実証されています。今日ではサンフランシスコはハイテックなデジタルスタートアップ、シリコンバレー、チャイナタウン、国際的な料理、歴史的建造物、ケーブルカー、モダンなアトラクションのすべてとなっています。 サンフランシスコに到着: 米国西海岸に行くためには、英国からサンフランシスコ国際空港まで直行便で11時間かかります。多くの人は、途中で2、3か所の別の目的地で数日間2週間の休暇を分ける選択をします。 街は空港からたったの13マイル。ホテルのシャトルバス、タクシー、または国際ターミナルから運行している街の高速鉄道システムで簡単にたどり着くことができます。 サンフランシスコをから外出: 街のどこの滞在を選んでも、簡単に早く出かけることができます。速さ重視であれば、タクシーや高速鉄道。シティバスは頻度が高く安価な方法です。しかし丘の多いサンフランシスコを訪問する際にはケーブルカー乗車が好ましい移動方法かも知れません。 サンフランシスコで訪問する場所: 現代世界の七不思議のひとつとして、ゴールデンゲートブリッジは訪れるべき場所。1.7マイルの橋をタクシー、徒歩、サイクリングで渡ると、土木工事のこの偉業の巨大さが強調されます。 アルカトラスのガイドツアーに参加しましょう。少し一枚上手になるために、この不気味な島やその過去のオバケのナイトツアーもアレンジします。 信じられないことに、この次が街のアトラクションで最も訪問されている場所のひとつですが、理由はすぐに分かります。ビーチストリートのフィッシャーマンズワーフのピア39は驚きのウォーターフロントの眺めを2段階で提供します。人工島で日光浴をするアシカ、レストラン、カフェバー、エンターテインメント、ショッピング、湾の水族館。午後に予定しておきましょう。 その他の興味あるエリアには1,000エーカーのクリッシー・フィールドがあります。橋に近いこの公園には、涼む、犬の散歩、ジョギングをする地元の人にとても人気のビーチ、レストラン、フィッシングピアがあります。 その歴史、繁華な雰囲気、建築物、中国料理レストランにはチャイナタウンを訪問しましょう。 グラフィティアートに興味がある人は、ミッション・ストリート・ツアーに参加しましょう。グラフィティアートに専門の明るく色が塗られた壁や建物が2ブロックに広がっています。 カリフォルニア科学アカデミーは、あらゆる年齢層に何かがあります。自然史博物館、水族館、プラネタリウム、ペンギン村を備えたこの場所は、興味いっぱいの場所です。 訪問する場所は他にも多数ありますが、食事にはどこかで並ぶ必要があります。 サンフランシスコの昼食と夕食: ホテルが必要な食事をすべて提供するかも知れませんが、地元の人のように外出して何か食べることはいつでも素敵なこと。旅行中にランチタイムのスナックを楽しみましょう。カストロ畜のIke’s…

シェア

FacebookTwitterGoogle+Youtube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する

ツイート

アーカイブ