Showing Articles for "ESTA"

Blog on ESTA visa waiver news and updates

ESTA申請で、CBPはどのようにソーシャルメディア情報を使用しますか?

発行: Sep 21, 2020, 編集: Sep 21, 2020 | タグ: ESTAフォーム, ESTAデータプライバシー

始めに ESTA申請書にはオプションの質問がいくつかあります。その質問のひとつは、ソーシャルメディアアカウント情報に関連することです。この質問は、CBPが入手できる別のソースと申請者情報が一致するかどうかを確認する時に、アメリカ合衆国税関・国境警備局(CBP)に判断基準を提供します。 ソーシャルメディアアカウント情報提供を求められている理由は? この質問は、米国の安全性に潜在的脅威をもたらす渡航者を見極めるためにCBPが利用します。メッセージや、特定の運動、集団、信仰に対して共感を示すことがあるその他の活動に対して、ソーシャルメディアアカウント情報をスキャンすることがあります。CBPは、身元確認、雇用、以前の渡航、国籍、居住地などの情報を確認するために、ソーシャルメディアアカウントを利用することもあります。この情報は、その後に

ESTA申請に雇用主情報が必要な理由は?

発行: Aug 17, 2020, 編集: Aug 17, 2020 | タグ: ESTA採用情報, ESTAアプリケーション

雇用情報は、ESTA申請者が経済移民となるために米国に違法で入国する目的であるかどうかを見極める手助けとして、アメリカ合衆国税関・国境警備局(CBP)が使用しています。この法律に関連する特定のセクションは、米国移民および国籍法第214b節にあります。居住国や国籍への実質的な経済連帯があるという証拠として、ESTA申請者は雇用情報を提供する必要があります。ESTA申請者の雇用主情報は、ビザ免除プログラムと米国移民および国籍法の下で米国に非移民者(つまり訪問者)として渡航する資格を満たす証拠として機能します。 米国移民および国籍法第214b節の目的は何ですか? 法律の目的は、申請者が居住国または国籍がある国で強固な家族や経済との連帯があることを証明するために十分な証拠を確実に提供することです。経済連帯の例として、仕事、銀行口座、住宅ローンの証明などがあります。米国国境到着時に、居住国や国籍のある国との家族や経済連結に関して尋ねられることもあります。特に、申請者が雇用機会を求めて米国を訪問する目的ならば、法律違反となる場合があります。ですが、ESTAで渡航中に雇用の面接に参加するために米国を訪問することは、求職とはみなされません。ESTAフォームの法律に関連する適格性の質問には次の質問があります:「あなたは現在米国で仕事を探していますか?または以前、米国政府の事前の許可なく、米国で雇用されていましたか?」 ESTA申請時に雇用情報を提供すべきですか? はい、この情報は申請書で特に要求されているので、申請者は分かる限り、雇用主詳細を提供すべきです。故意にESTA申請で雇用情報を提供しない場合には、CBPの決断に影響を与えることがあります。CBPはどんな特定のタイプの雇用のメリットも審査しません。雇用の証拠を示すことができるということは、米国移民法を犯す目的ではないということを示すために申請者に利益があります。 どんな雇用情報が必要ですか? ESTAフォームの雇用セクションの一部として必要な情報欄は、雇用者名、職業名、雇用主の住所(住所欄1、2、都道府県、市町村、国)です。給与、開始日、監督者名やその他詳細に関するその他の情報は、現在はフォームでは要求されませんが、CBPは今後、さらに追加する決断をするかも知れません。退職、または失業中の申請者はフォームの雇用セクション下でどの情報も提供する必要はありません。 最後に 申請者は雇用主詳細を提供しないことを選択することもできますが、ESTA申請書での雇用情報は必須欄です。ESTA処理が遅れないように、米国移民および国籍法に関係する潜在的な法律違反の目的ではないということを示すために、申請者はESTA申請では雇用の質問に答えて、雇用に関する一番正確な最新の詳細を提供することをお勧めします。

年のビザ免除プログラム入国者の統計

発行: Jul 14, 2020, 編集: Jul 14, 2020 | タグ: ビザ免除プログラム, ESTA到着統計

#始めに 2014~2018年の国籍別の米国ビザ免除プログラム(VWP)の到着統計を解析して、この記事にまとめています。この統計は国土安全保障省(DHS)が年次ベースで公開しており、2019年の結果はまだ処理中です。 この記事では、レビュー期間中のデータから抜粋した意味のある結果に関して発見された調査結果を共有します。 ビザ免除プログラム入国者の人数に含まれているのは? 米国向けのビザ免除プログラム 米国は、国土安全保障省経由でビザ免除プログラムを管理します。ビザ免除者のプロセスを容易にするために使用されるシステムが「渡航認証電子システム」のESTAです。これは2つのカテゴリーに分類されます。 レジャー目的の一時的な訪問者(WT) - これが、観光やレジャーを目的としてESTAで渡航する一番よくあるVWP入国者のカテゴリーです。 商用の一時的な訪問者(WB)-…

渡航防止法のビザ免除プログラムへの影響

発行: Jun 30, 2020, 編集: Jul 14, 2020 | タグ: ESTA資格, ビザ免除プログラム

始めに 2016年1月、米国政府は強化と前年のテロリスト防止法を通じて、ビザ免除プログラムへの変更をし始めました。この法令は、イラン、イラク、スーダン、シリアなどの人々を含む、テロの国のスポンサーであると国土安全保障省 (DHS) がみなす国の国民を除外することを目的としています。法令は2018年に改訂され、追加の国にはリビア、北朝鮮、ソマリア、イエメンがあります。 ESTA申請に、以前 イラン、イラク、リビア、北朝鮮、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンに訪問したことは問題となりますか? 強化された規則は、そういった国に渡航したことがある人々にも適用されます。資格があったとしてもVWPの資格を得る妨げとなります。新しい規則は、渡航者が米国訪問しないようにするものではありません。ですが、対象となる国に以前渡航履歴がある人や国民は、ESTAを拒否される、または既存の認証が無効になるでしょう。その場合には、このような渡航者は米国入国前に米国ビザを申請する必要があるでしょう。除外国に渡航する理由次第でケースバイケースで、一部の除外が適用される場合もあります。 どのような渡航者が法令の影響を受けますか? ビザ免除プログラム強化とテロリスト渡航防止法の下で、以下の基準のひとつに分類される人は、ビザ免除プログラムのビザ免除の下で米国への渡航・入国の資格はもうありません。 2011年3月1日以降にイラン、イラク、リビア、北朝鮮、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンに渡航または訪問したビザ免除プログラム加入国の国民 イラン、イラク、リビア、北朝鮮、ソマリア、スーダン、シリア、イエメン国の国民でもあるビザ免除プログラム加入国の国民 このような規制に例外はありますか? 新規則は、VWP国の軍事サービスの実行や、ビザ免除プログラム加盟国の契約従業員として公的役割を実行するために、上記の禁止国にいたことがあってVWPで渡航する人には適用されません。 公的にでも軍事的理由であってもいずれかの国(イラン、イラク、リビア、北朝鮮、ソマリア、スーダン、シリア、イエメン)に渡航した人は、承認された通関港を通じて米国入国の際にはすべての関連書類を持って行くことをお薦めします。ビザ免除プログラム強化とテロリスト渡航防止法に対するこういった除外は、禁止国のいずれかで二重国籍を持った人には適用されません。 ESTAフォームの追加の質問は? ESTAフォームに追加または改訂された質問は以下の通りです: 2011年3月1日以降にイラン、イラク、リビア、北朝鮮、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンに渡航した、またはいたことがありますか?そうであれば、国、訪問日のほか、観光、家族、商用、専門の交換プログラム、文化交流プログラム、大学の理由、公式任務、軍事、ジャーナリズム、人道支援活動、国内外組織の仕事、または記載のないその他の理由など主な訪問理由を提供してください。 他国で発行されたパスポートや渡航目的のIDカードを所持していますか?そうであれば、所持している場合にはその文書の情報提供を要求します。この情報には発行国、文書タイプ、文書番号、有効期限年が含まれます。 他国の国籍や国民ですか?そうであれば、市民権の国、国籍、市民権/国籍獲得方法に関する情報提供を要求します。 以前別の国の国籍や市民権を持っていましたか?そうであれば、市民権の国、国籍提供を要求します。 CBPグローバルエントリープログラムのメンバーですか?そうであれば、CBPグローバルエントリーパスID/メンバーシップ番号の提供を要求します。 ソーシャルメディア情報。ご希望であれば、プラットフォームやソーシャルメディア識別子などのオンラインでの存在に関連するソーシャルメディア情報を提供することができます。この欄はオプションです。 2011年3月1日以降にイラン、イラク、リビア、北朝鮮、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンにいる場合にはどうしたらいいですか? 新しい規則は、渡航者が米国入国をできないようにすると同時に、渡航者は米国大使館か領事館でビザフォームを申請する必要があります。VWPに加入している国にある米国大使館や領事館には、ビザ面接の短い待ち期間があるだけです。ビザ申請に関する詳しい情報についてはtravel.state.govをご訪問ください。あなたの居住国の管轄の米国大使館の住所を見つけるためには、usembassy.govをご訪問ください。 治療、人道的または商用理由、新しい法令の結果としてESTAが拒否・はく奪されて、差し迫って渡航する義務がある場合には、迅速なビザ面接予約を要求することができます。 ESTAよりもビザを申請する利点は? ESTAよりもビザには利点があります:ESTAは2年間だけ有効ですが、ビザは最長10年間有効です。VWPでは90日間ですが、ビザは米国に最長6か月間とどまるオプションがあります。ビザを所持した渡航者は、米国にいる間に、6か月間以上の滞在延長を要求することもでき、さまざまなビザクラスに変更することができます。どちらのオプションもビザ免除プログラムでは許可されていません。 最後に 新しい法令はVWP諸国のほとんどの渡航者に影響を与えないことが予測されます。米国国土安全保障省は、現行リストにいつでも追加の国を追加することがあります。

ビザ免除プログラム (VWP)の下で許可されている商用活動に関する質疑応答

発行: May 25, 2020, 編集: May 25, 2020 | タグ: ESTA要件, ビジネスのためのESTA

商用または産業活動やサービスの実行・提供のためにESTAで米国入国は可能ですか? 企業や雇用主など米国源から活動の報酬を得ない限り、商用や産業用の活動の実行や提供にESTAを利用して米国に入国することができます。許可される商用や産業用活動には専門または商用ミーティングやイベントへの参加、無報酬の独立リサーチの実行、契約交渉、訴訟、事業提携者とのミーティングがあります。 機器の取り付け、メンテナンス、修理や、その機器使用に関して米国の従業員を訓練する目的で、海外の機器や機械会社の代理店や販売者としてESTAで米国に入国することは可能ですか? 特定の条件を満たしていれば、可能です。まず、機器や機械や米国外で製造されていなければなりません。2番目に、実行した仕事に対して米国源から報酬を受け取ることができないということです。3番目に、そういったサービスの提供は、販売者と米国企業間の販売契約に明示されていなければならず、あなたはこういったサービスを提供する専門の技術的ノウハウを必要とします。 ESTAで専門のアスリートの渡航として、米国で仕事をして報酬を得ることはできますか? その報酬が収入の一時的供給者であれば、米国源から報酬を受け取ることはできません。ですが、プロのアスリートとして、賞金を受け取ることがある競技やスポーツイベントに参加することができます。 スポーツ競技参加の目的で、外国のスポーツのプロのアスリートとして、ESTAで米国入国は可能ですか? 通常、あなたとチームの両者が米国外に設けた事業場所があるなら可能です。加えて、プロのアスリートとして受け取る賃金は、外国(米国でない)…

米国ビザとビザ免除者のカテゴリーとは?

発行: Mar 23, 2020, 編集: Mar 23, 2020 | タグ: ESTA要件, ESTA資格, 米国ビザの要件

始めに 米国を訪問する外国人は米国ビザまたはビザを所持するか、ビザ免除者でなければなりません。ビザ申請処理には、通常はオンラインでフォームとパスポートスタイルの写真の提出、返金負荷の手数料の支払いのほか、14~79歳の申請者は予約で大使館に出向くことが伴います。ビザ免除者の申請処理は、完全にオンラインで実行され、必要な申請条件は少なく、大使館の予約で出向く必要はありません。この記事では一般的な米国ビザカテゴリーの一部をレビューするほか、ESTAと呼ばれる米国ビザ免除者について話します。 米国ビザカテゴリー 米国ビザはメインで2種類あります:移住者用と非移住者用。このふたつの主な違いは、渡航目的と滞在期間です。無期限で米国に住みたい外国人は移民ビザを申請しなければなりません。観光、就業、学業、一時的な就労、治療、短期間の家族の再会、その他一時的な訪問の場合には非移民ビザを申請する必要があります。 ビザを認められたら、渡航者は自動的に米国入国の資格を得ます。ビザは、領事館や大使館の職員が申請を認めて、申請者が入国の資格があるとするものですが、申請書に記述されている目的だけに基づいたただの証明です。その人が移民法の下で米国への入国許可がされるかどうかは、通関港での米国税関国境保護局…

ESTAでの渡航体験とは?

発行: Mar 03, 2020, 編集: Mar 03, 2020 | タグ: ESTAアプリケーション, ESTAエクスペリエンス

始めに 渡航認証電子システム (ESTA)は、合理化された自動処理を利用して、渡航者が米国をビザなしで旅行するオプションを提供します。ESTAは、空路または海路で米国に到着する渡航者が使用することができます。最長90日までの滞在を許可し、2年間またはパスポートの有効期限の日付で発行されます。渡航認証の別の形式には米国ビザがありますが、申請手数料が高くて処理期間が長くなります。ESTA申請完了時間は約15分、米国ビザの費用に比べるとかなり少額となっています。観光、就労、通過目的で米国を訪問する渡航者がESTAを利用することができます。ESTAの申請と渡航に関する経験の概要については、この記事で説明します。 出発前にESTAを申請 ESTA申請のためには、申請者は有効なパスポートとインターネットが接続されたブラウザデバイスのほか、フォーム完成に15分ほどの時間が必要です。申請者が米国滞在を目的としている場合には、米国内の連絡先としての連絡先と住所情報のほか、米国滞在中の住所を提供する必要があります。この情報はフォーム提出には必要なく、宿泊先や米国の連絡先情報がまだ入手できていない場合には、フィールドに「不明」と記入することができます。 ESTA申請フォームは、連絡先、パスポート、両親、緊急連絡先情報などの申請者の個人情報に関する質問で構成されています。申請者の健康、犯罪、薬物、雇用、渡航、入国履歴をカバーする適格性の質問もあります。申請フォームの質問すべてのリストを確認するためには、こちらをご訪問ください:

犯罪歴がある場合のビザ取得

発行: Feb 17, 2020, 編集: Feb 17, 2020 | タグ: ESTA, 犯罪歴のあるビザ

初めに 以前の犯罪歴のためにESTAを拒否された場合には、米国への渡航認証取得の次のオプションは米国訪問ビザを申請することです。訪問ビザは3種類あります:B-2 観光ビザ、B-1/B-2 用途混合観光 & 商用ビザ。 犯罪歴がある場合の米国ビザ申請方法は? 犯罪歴のためにESTAを拒否された場合には、観光、ビジネス、治療、通過目的のB-2またはB-1 訪問ビザを申請する資格があります。訪問ビザは申請処理にもっと時間と費用がかかりますが、もっと長期間有効で滞在許可期間が長いなどの追加のメリットがあります。すべてを比較するためには、ESTAとビザどちらが必要のページをご訪問ください。 DS-160 申請書の犯罪歴に関する関連の質問は何ですか? DS-160…

複数のESTAビザ免除申請をする方法

発行: Feb 06, 2020, 編集: Feb 06, 2020 | タグ: ビザ免除プログラム, グループESTAアプリケーション, ESTA

初めに ESTA申請を提出する渡航者は家族、同僚、友人、その他渡航同伴者を伴うことがよくあるでしょう。ありがたいことに米国税関・国境警備局 (CBP) は時間節約を手助けするために、複数またはグループのESTA申請提出を許可しています。 複数の申請を提出する方法は? ホームページで「グループ申請」を選択して複数の申請を提出することができます。別の方法としては、「申請」オプションを選択して、必要に応じてそれぞれの申請を追加することができます。 グループ申請の作成 以下の情報はグループ申請作成に必要です。この情報は、グループの連絡担当者を反映しなければなりません: 苗字 名前、ミドルネーム 生年月日 メールアドレス グループ申請の管理 グループの連絡担当者が作成されたら、「新規申請を追加」を選択してグループの新規申請を追加することができます。 グループの連絡担当者がESTAの支払いをまだしていないグループにもっと人を追加する必要がある場合には、「未払の申請を追加」オプションを選択して、申請者の単一申請を追加することができます。ESTA申請番号、申請者の国籍、パスポート、発行日、有効期限日を併せて、申請者のパスポート番号と青年月日も必要です。 支払いをする グループ申請では、グループで最低2件の申請がある時に支払いをすることができます。グループ作成から7日以内に申請のすべての支払いをしなければなりません。7日後に情報は期限切れとなり、グループ連作先とグループ申請をしたその他個人は、グループ再作成のほか、申請を再度追加・送信する必要があります。 グループ申請へのアクセス グループ申請は、グループID、苗字、名前とミドルネーム、生年月日、グループ連絡担当者のメールアドレスで回復することができます。グループへのアクセス獲得後、グループ申請の確認、各申請者の情報更新、グループからの申請者の追加・削除のほか、各申請の個々の状況確認をすることができます。支払いされると、申請者の連絡先メールアドレスと米国の宿泊施設の住所を除き、申請者情報は編集できなくなります。 状況確認 グループ内の各渡航者の状況は、グループ連絡担当者のダッシュボードに表示されます。グループの各メンバーは、ESTA処理期間の72時間の間にさまざまな状況になります。一部の申請者は他の人よりも早い対応で処理されます。CBPは、申請処理には最長72時間必要な場合があるということを通知しています。申請の「保留中」または「渡航不許可」は、グループの他のメンバーのESTA決定に影響を与えません。 一度の支払いで何件の申請を提出できますか? 一度の支払いで、最大50件の申請を提出することができます。 支払い後にもっと申請を追加することはできますか? いいえ、グループの全申請に支払いがされると、それ以上申請を追加できなくなります。ですが、追加の申請に別のグループを作成する、またはグループの渡航者の申請を個々に提出することができます。元のグループと別の追加申請提出は、その渡航者のESTA承認や拒否に関するCBPの決定に影響を与えません。 複数またはグループ申請提出のメリットは? グループ申請提出は、それぞれの申請に対して支払いをするのではなく、グループ内ですべての申請を提出するためにグループコーディネーターが一度で支払いをすることができます。 グループメンバーは一緒に渡航する必要がありますか? いいえ、渡航者が承認されたESTAを所持している限り、空路または海路で米国に渡航することができます。 グループメンバーが陸路で到着する場合は? カナダやメキシコ国境から陸路で米国に入国する渡航者は、ESTA申請は不要です。米国国境で当てはまるのであればI-94/I-94Wを提出する必要があります。 最後に 複数のESTA申請は、それぞれの申請を追加する、またはグループ申請を作成することで提出することができます。いずれの場合にも、複数の申請は一度の支払いで管理・提出が可能です。

通過目的のESTA

発行: Jan 20, 2020, 編集: Jan 22, 2020 | タグ: ESTA要件, 乗り継ぎのためのESTA

初めに 米国を通過することは、最終目的地の経路でもっと便利な、またはもっと安価な航空運賃で予約を探している人にメリットがあります。ビザ免除プログラム諸国からの渡航者はそのような通過目的にESTA (電子渡航認証システム)を利用することができます。ESTA通過申請が拒否される、または渡航者がESTAの資格がない場合には、代わりにC-1 通過ビザを申請することができます。 ESTAは2年間、またはパスポートの有効期限のいずれか先の日付で発行されます。ESTAは訪問ごとに最長で90日間の米国入国に何度でも利用することができます。さらに、通過渡航者は、認証が承認されている間は米国で観光または商用にESTAを利用することが可能です。 通過目的でESTAを利用したい渡航者は、申請書に米国を通過するだけであるということ、最終目的地が米国領域外であることを表示しなければなりません。 カナダ、メキシコ、隣接諸島への通過の場合には? 米国入国へのカナダ、メキシコ、隣接諸島で費やす時間は、陸路、海路、空路での渡航の輸送方法に関係なく、訪問ごとに90日限定に加算されます。つまり、前述の周辺領域に合計で90日間を超えずに訪問する限り、米国再入国に承認されたESTAを利用することができます。 隣接諸島には多数の英国領、フランス領、オランダ領やカリブ海周辺が含まれます:バハマ、バルバドス、バミューダ、ハイチ、ドミニカ共和国、ジャマイカ、マルティニーク、サンピエール島・ミクロン島、トリニダード・トバゴ、リーワード諸島、アングィラ島、アンティグア島、グアドループ島、ネイビス島、セント・キッツ島、英領ヴァージン諸島、ウィンドワード諸島、ドミニカ、グレナダ、セントルシア、セントヴィンセント。 その他ESTA要件 通過目的のESTA取得を望む渡航者は、申請前に