ESTAを更新できますか?

発行: Apr 24, 2019, 編集: Jul 25, 2019 | タグ: ESTA, ESTAの更新, ESTAの有効期限

ESTA申請を更新する方法について疑問に思っているようであれば、現在、米国税関・国境警備局はビザ免除プログラムを通じてESTA申請更新を許可していません。例えばあなたがESTA申請状況を確認して、その状況が「申請期限切れ」または「申請が見つかりません」の場合には、新たにESTA申請を提出する必要があります。同じように、最近新しいパスポートを取得した場合には、再度ESTA申請をする必要があります。ESTAは、本質的に電子入国許可システムなので、オンラインで申請を完了させ、費用を支払う必要があります。有効または期限切れのESTA申請も延長することはできません。

保有しているESTAを更新すべき?

米国訪問者はESTA申請に関して不要に誤って考えを持っています。米国出発の日の前に有効期限切れになる場合に限り、ESTA更新が必要となります。新しいESTA取得は、米国に滞在できる日数をリセットせず、米国入国のあなたのリクエストを査定する国境警備隊の好ましさの度合いを増やすものではありません。

再申請するためにESTAの期限切れを待つべきですか?

いいえ、有効な許可書があっても新しいESTAを再申請することができます。既存の許可証の有効期限の前でも後でも、新たなESTAを申請することが可能です。

再申請していますが、既存の申請に関して警告があります。どうしたらいいですか?

以前のESTAがまだ有効な間に、新しいESTAを申請している場合には、「このパスポートには30日以上有効な、承認された申請があります。この申請書提出すると、この申請の手数料が必要となり、その後に既存の申請が取り消されます。」と説明されたシステム警告メッセージを受け取ります。以前の申請に上書きをして継続したい場合には、続行することが可能で、以前のESTAはすぐに期限切れとなって新しいESTA申請がパスポート詳細に関連付けられます。ESTAが承認されると、承認の日から2年間、またはパスポートの有効期限の先に来る日付まで有効となります。この2年間の間、合計で90日を超えない滞在で、ビザ免除プログラムを利用して米国に住もうとする人としてCBPにみなされない限り、複数の訪問にESTAを使用することができます。

ビザ免除適格性国のパスポートを所持していて、観光、商用、治療、乗り継ぎ目的でESTAを取得したい場合には、申請を開始するほか、ESTAに関してもっと知るためによくある質問を訪問ください

ホームページ

シェア

FacebookTwitterGoogle+Youtube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する

ツイート

アーカイブ