ESTAでの渡航体験とは?

発行: Mar 03, 2020, 編集: Mar 03, 2020 | タグ: ESTAアプリケーション, ESTAエクスペリエンス

始めに

渡航認証電子システム (ESTA)は、合理化された自動処理を利用して、渡航者が米国をビザなしで旅行するオプションを提供します。ESTAは、空路または海路で米国に到着する渡航者が使用することができます。最長90日までの滞在を許可し、2年間またはパスポートの有効期限の日付で発行されます。渡航認証の別の形式には米国ビザがありますが、申請手数料が高くて処理期間が長くなります。ESTA申請完了時間は約15分、米国ビザの費用に比べるとかなり少額となっています。観光、就労、通過目的で米国を訪問する渡航者がESTAを利用することができます。ESTAの申請と渡航に関する経験の概要については、この記事で説明します。

出発前にESTAを申請

ESTA申請のためには、申請者は有効なパスポートとインターネットが接続されたブラウザデバイスのほか、フォーム完成に15分ほどの時間が必要です。申請者が米国滞在を目的としている場合には、米国内の連絡先としての連絡先と住所情報のほか、米国滞在中の住所を提供する必要があります。この情報はフォーム提出には必要なく、宿泊先や米国の連絡先情報がまだ入手できていない場合には、フィールドに「不明」と記入することができます。

ESTA申請フォームは、連絡先、パスポート、両親、緊急連絡先情報などの申請者の個人情報に関する質問で構成されています。申請者の健康、犯罪、薬物、雇用、渡航、入国履歴をカバーする適格性の質問もあります。申請フォームの質問すべてのリストを確認するためには、こちらをご訪問ください:https://official-esta.jp/esta情報/estaの質問とは/

申請者は提出72時間以内にESTA申請書の決定を受け取ります。ですが、ほとんどの申請者は提出の数分以内に処理されます。申請者は通常は、ESTA申請状況を確認できるほか、さまざまなESTA状況で知ることができます。

出発前のESTA確認

ESTAが承認されたら、渡航認証の印刷したものや、デジタルスクリーンコピーを持って行く必要はありません。ESTAはパスポートに関連付けされます。ですが、米国国土安全保障省(DHS)は、ご自身の個人記録として認証を印刷して保持しておくことを薦めています。ESTAは、米国への飛行機または船舶搭乗前に2つのうちのひとつの方法で認証されます。

航空会社、クルーズ船運営会社、予約ウェブサイト ― 認証されたESTAは、航空会社またはウェブサイトによってオンラインで確認される場合があります。こういったサイトは、オンラインチェックイン処理の一環として、お持ちの承認されたESTA認証番号を提供するように要求します。承認されたESTA認証番号がない場合には、オンラインでのチェックインは許可されません。

空港でのチェックイン、手荷物預けターミナル、またはフライトアテンダントによるゲートで ― 空港や港に到着したときには、担当者がパスポートを見せるように要求して、事前旅客情報システム (APIS)でチェックします。承認されたESTAを所持していない場合には、空港でのチェックインや、船の搭乗が許可されません。

米国到着と税関

米国入国時には、2種類の税関の流れがあります。ひとつは自動パスポートコントロール (APC)を備えた通関港とAPCがない通関港があります。

自動パスポートコントロール (APC)を備えた通関港 ― 多数の米国の通関港にはAPCキオスクがあるでしょう。ここでは、米国、カナダ、ビザ免除プログラムの渡航者の迅速な手続きが可能です。PPCキオスクはセルフservice。渡航者はキオスクでパスポートをスキャンします。米国にいる間の住所に関連する米国税関国境保護局 (CBP) 申告用紙 6059Bや到着フライトに関する質問のほか、米国内に持ち込む品物に関する質問に答える必要がある場合があります。APCはそれから、渡航者の回答に従って受領を作成します。

パスポートコントロールを通過する際に、CBPの職員が渡航認証確認のためにパスポートをスキャンするほか、申告用紙 6059Bに関する質問の確認もすることがあります。

自動パスポートコントロール (ACP)がない通関港 ― CBP職員がパスポートをスキャンするほか、申告用紙 6059Bに関する質問の確認をする場合があります。

通関港によって、パスポートは米国到着時にスタンプを押される場合と押されない場合があります。ですが、出入国のCBPシステムはオンラインで管理されているので、パスポートのスタンプは、ビザ免除プログラムで入国する渡航者には不要です。以前の米国出入国の履歴を引き出したい場合には、こちらをご訪問ください:https://i94.cbp.dhs.gov/I94/#/home

ESTAで米国から出発

ESTA渡航者は到着の90日以内に米国を出発しなければなりません。ESTAは最長で90日間の滞在しか許可していません。カナダ、メキシコ、隣接の島や領域への渡航は90日間の制限に計算されるので、制限に気をつけて必ずオーバーステイしない旅程を計画してください。

ビザ免除適格性国のパスポートを所持していて、観光、商用、治療、乗り継ぎ目的でESTAを取得したい場合には、申請を開始するほか、ESTAに関してもっと知るためによくある質問を訪問ください

ホームページ