ESTAとビザのどちらが必要?

発行: Jun 05, 2019, 編集: Mar 27, 2019 | タグ: アメリカビザ条件, 米国ビザ拒否, ESTAの資格

序文

米国に向かう外国籍の渡航者はESTAまたはビザのいずれかが必要です。渡航者にどちらの形式の渡航認証が必要であるかを決定することは、いくつかの要因次第です。

訪問も茎

観光、友人や家族の訪問、商用、乗り継ぎ、治療またはその他類似の短期の目的のために米国を訪問したい場合には、ESTAに資格があるかどうかを決定すべてきです。ESTA申請は非常に簡単で複雑でない申請手続きで、渡航認証の申請はオンラインで完了することができます。あなたがビザ免除プログラム38か国のパスポートを所持しているかどうか、以下のリンクを訪問してESTAの資格を確認することができます。https://official-esta.jp/requirements-for-esta

個人の状況

医療、犯罪、入出国履歴などの追加要因があり、ESTA取得の申請者の能力に影響します。これらの資格の質問の関留守最新の情報については、example.com/applyを訪問して、フォームの下部分の現在の資格に関する質問をご覧ください。

旅行状況 – 承認されたESTAは海路または航路で米国に入国する旅行者に限り必要とされるので、カナダやメキシコから国に到着する人は不要です。

ESTAの資格がない

ESTAの資格がない、または米国に90日間以上滞在したい場合には、観光目的にはB2観光ビザ、商用の場合にはB1商用ビザの取得が必要となります。

観光ビザオプション

B2観光ビザは家族や友人の訪問、観光旅行や休暇、治療を受ける、または大学の履修単位を受けずに短期コースに参加するために使用することができます。B2観光ビザは訪問ごとに180日間まで滞在するために利用でき、通常は10年間の期間で発行されます。しかし、これは申請者の個人状況によって異なる場合があります。

商用ビザオプション

B1商用ビザは会議への参加、交渉を実行、不動産の決定に使用することができます。外国人によって実行される「商用」活動は、B2商用ビザで旅行中に申請者が一般的に米国の供給元から収入を得ないということで許可されます。B1商用ビザは問ごとに180日間まで滞在するために利用でき、通常は10年間の期間で発行されます。しかし、これは申請者の個人状況によって異なる場合があります。

通過ビザのオプション

ビザ免除の資格がない人が、別の目的地に向かって米国を通って乗り継ぎをする場合には、C1通過ビザを申請する必要があります。訪問期間やESTA資格に関係なく、米国で合法的に仕事、投資、勉学をしたい、または他の活動をしたい場合には、その必要性に最も適した関連ビザタイプに関する情報をもっと探すべきです。

申請処理の流れ

米国ビザが必要な場合には、詳しい情報についてusa-visas.comをご訪問ください。ビザ申請には一般的に4-8週間かかります。しかし、これは処理の流れや、申請書を提出した米国大使館の労働量次第です。従って、米国経由または米国への旅行日程を予約する前には、これらの処理の流れに関して必ず計画を立てるようにしてください。最新情報に関しては、訪問者、入国ビザ、その他タイプの米国大使館アポイントメント待ち時間を確認するために、https://travel.state.gov/content/travel/en/us-visas/visa-information-resources/wait-times.htmlを訪問して詳しい情報を取得してください。

専門的なアドバイスを手に入れる

ESTAの資格がない、または米国ビザを拒否された場合には、経験がある、米国出入国の弁護士を探し、米国ビザ取得に役立てるためにそのサービスが有効であるかどうかを見つけてください。「保証された」ビザ計画のまぎらわしい主張や、利用者にお金を払わせて騙すことを目的とするその他の方法にご注意ください。

シェア

FacebookTwitterGoogle+Youtube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する

ツイート

アーカイブ