ESTAウェブサイトの問題

発行: Aug 07, 2019, 編集: Jul 25, 2019 | タグ: ESTAウェブサイトの問題, ESTAアプリケーション

ESTAウェブサイトの問題は稀ですが、きつい時間帯の渡航者には、イライラすることがあります。ウェブサイトの技術的問題はどのオンラインシステムにも、特に高ボリュームのユーザーをサポートするウェブサイトではつきものです。ESTAシステムは99%以上の高い稼働時間を維持していますが、税関・国境警備局(CBP)は通常、週末にESTAウェブサイトの必要な更新を行います。一番多いのはGMT(グリニッジ標準時)の土曜の朝です。

ESTAウェブサイトは、どこでも1~10時間の停止期間が続きます。残念ながら、この停止時間には渡航者は予定している米国への渡航前に認証と取得することができません。ESTAウェブサイトの問題、または技術的な問題を経験している場合には、次のことをお試しください:

a) ブラウザキャッシュをクリアにする

b) ESTAウェブサイトに戻る

c) 再度申請を試みる

上記の手順が作動しない場合には、別のインターネットブラウザ、インターネット、または職場や安全で安定したインターネットアクセスポイントがある他のエリアなどの場所を使って、申請を試してみてください。代わりに、申請者は3G、4G、5Gに接続したモバイルデバイスを使って申請を試すこともできます。上記の方法が作動しない場合には、援助をしてもらうために渡航の航空会社またはクルーズの運営会社に問い合わせてみてください。

CBPはさまざまな理由でESTAウェブサイトを更新します。更新は、技術がサポートしているESTAが完全に機能的であることを確実にするために必須です。これには支払い手続き、申請者データの保管、データチェック、その他の機能が世界中の渡航者の進行中の要求をサポートする能力を確実にすることのほか、米国を訪問する渡航者の周りで展開するどんなセキュリティの懸念も扱うことが含まれます。例えば、更新にはクレジットカードの支払いを確認するための支払いページの追加フィールド、または非米国領域への渡航者の過去の訪問に関する情報の要請をする申請書の追加フィールドなどが含まれる場合があります。

ESTAウェブサイトを繰り返し確認することを望まない申請者は、第三者と申請することができます。それによって、ESTAウェブサイトがバックアップされて再度完全に機能的になったら、データが保存されて、政府システムに提出されます。ただし、この方法は通常、渡航者が避けたいと思うことがある高額な費用がかかります。

予期せぬESTAウェブサイトの停止のために、渡航者には米国出発の数週間前にESTAを申請することをお勧めします。決定する前に最長72時間の処理時間が必要となることがある「保留」状況の下にあることは、申請者には珍しくありません。そのため、渡航者は少なくとも米国出発の72時間前にはESTA申請書を提出すべきです。

最後となりますが、最も重要なことは、渡航者はESTAを申請するためにギリギリまで待つべきではないということです。米国出発前に残り72時間でESTAを申請している渡航者は失望しやすくなります。このように、渡航問題の可能性を避けるために、ESTA申請が拒否される場合には米国ビザを申請する必要があるという可能性を考慮して、渡航者は少なくとも米国出発数週間または数か月前にESTAを申請すべきです。

ビザ免除適格性国のパスポートを所持していて、観光、商用、治療、乗り継ぎ目的でESTAを取得したい場合には、申請を開始するほか、ESTAに関してもっと知るためによくある質問を訪問ください

ホームページ

シェア

FacebookTwitterGoogle+Youtube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する

ツイート

アーカイブ