ESTA持続期間は?

発行: May 22, 2019, 編集: Nov 09, 2019 | タグ: ESTA, ESTA期間

ESTAビザ免除プログラムは、ビザ申請不要で、39か国の参加諸国の国民が観光、商用、乗り継ぎ、治療、短期学習目的で米国に渡航できるようにします。ESTAは英国、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、その他多数の欧州国、アジア及び南米諸国の渡航者が米国に簡単に渡航できるようにしています。申請書完了には10-15分かかり、認証は99%の割合で即座に許可されます。

ESTA承認期間

承認されたESTAは2年間またはパスポートの有効期限のどちらか早い方で許可がおります。しかし、これは米国に2年間滞在できるという意味ではありません。ESTAは12か月間の間に最大90日までの訪問のために使用できるものです。ですから、渡航者が最近ESTAを受け取り、90日間、米国に滞在、それから国に戻ると、再度ESTAを使用するまで12か月間かかる見込みであるということです。しかし、米国税関・国境警備局(CBP)は米国への訪問で待つ期間に対して厳しい要件を設定していません。代わりに、過去の90日間の滞在後12か月以内に再度米国を訪問したい場合には、渡航者は米国ビザを申請することができます。渡航者が入国またはその他米国のビザ情報を探すようであれば、資格を持った米国出入国管理弁護士から法的な助言を見つけてください。国境警備隊は、滞在中に「理にかなった長さ」であったかどうかを確認します。渡航者が米国に住もうとしていると国境警備隊が疑う場合には、入国できません。米国への入国の裁量はCBPに決定されるので、これらはめったにないガイドラインであることをご注意ください。

ESTA申請の最適な時

渡航者が米国に渡航する時期によって、米国訪問前に渡航の大部分と認証を確実に得るために計画的にESTA申請の時期を定めるべきです。ESTA申請前の最小期間は72時間として考慮されていますが、申請が拒否されて代わりに米国ビザを申請する必要がある場合に備えて、賢く計画しましょう。90日以上米国に滞在する計画であれば、米国ビザを申請する必要があります。ESTAで滞在が超過すると、プログラムから禁じられ、米国国境で今後拒否されるという結果になる可能性があります。さらに、ESTAで滞在を超過すると、今後のどの米国ビザ申請でも承認を危うくすることがあります。

近隣国に訪問して米国滞在を延長

まず居住国に飛ばずにカナダやメキシコ、またはカリブ海などの近隣国を訪問することは、90日の滞在に計算される見込みがあります。CBP国境警護隊は、米国訪問を延長するために訪問者が利用するこの方法を認識しており、この方法を利用する人の入国を拒否することがあり得ます。本当にカナダ、メキシコまたはカリブ海を訪問したい、同様に米国に90日以上滞在したい場合には、適切に旅程を計画してください。90日を1日でも超える滞在に寛容さは恐らくないので、そうすることで米国に90日以上滞在しないでしょう。

米国でのESTA更新

ESTAは米国にいる間に延長または更新できません。認証は米国またはその領域に到着する前に取得していなければなりません。しかし、米国滞在中にパスポートまたはESTAが有効期限切れになる場合には、最大90日間の訪問期間のために新しいESTAを申請する必要はありません。

ビザ免除適格性国のパスポートを所持していて、観光、商用、治療、乗り継ぎ目的でESTAを取得したい場合には、申請を開始するほか、ESTAに関してもっと知るためによくある質問を訪問ください

ホームページ

シェア

FacebookTwitterGoogle+Youtube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する

ツイート

投稿