ESTA申請に影響を与える伝染病の質問とは?

発行: Dec 17, 2019, 編集: Dec 17, 2019 | タグ: ESTAの質問, ESTA資格

序文

申請者の伝染病履歴は、ESTA申請書の9つの適格性の質問のひとつにあります。セキュリティリスクを引き起こすかどうかを査定するために、CBP (米国税関・国境警備局)を援助する目的で考案されています。回答する必要がある最初の質問は、身体的または精神的健康障害に苦しんでいるかどうかということです。これには、薬物中や薬物乱用者であるかどうか、伝染病であるかどうかなどが記載されています。インフルエンザや通常の風邪はESTA獲得の資格はく奪をしませんが、伝染病は米国入国の差し止めとなる場合があります。

伝染病とは?

伝染病の定義として、第1要件はどの病気が蔓延している状態です。伝染病は人に簡単にうつる病気です。発生経由としてあることは

  • 空中ウィルス
  • 血液およびその他の体液
  • 虫刺され

第2要件は、病気が公衆衛生に与える影響です。多くの病気はすぐに伝染する一方で、米国入国差し止めの考慮される理由ではありません。申請者がよく間違えることは、咳や風邪、インフルエンザにかかっているだけなのにこの質問に「はい」と答えることです。通常の風邪は確かに人から人へとうつりやすいものですが、それは軽度疾患であって、一般集団に重大な健康リスクをもたらすものではなく、このコンテキストでは伝染病とは考慮されません。

伝染性であっても、多くの病気はビザ免除プログラムにおいて米国入国への考慮される障害ではありません。現行の伝染病リストは、2008年HIV/エイズ、結核、マラリア再認証法に対するトム・ラントス & ヘンリー・J・ハイド 米国グローバルリーダーシップの条項を介して2008年に米国保険福祉省が制定しました。

  • 結核 (活性)
  • 梅毒 (感染段階)
  • 性病性リンパ肉芽腫
  • 鼠径肉芽腫
  • らい病、感染性
  • 軟性下疳
  • 淋病

過去にこれらの病気にかかったことがあっても、完治していてもう感染しない場合には、ESTA申請で陰性であると回答することができますが、症状が感染性ではないという医療証明書を提供しなければならない場合があります。

HIVはもう伝染病として定義されていません

1993~2010年にはHIVは伝染病として定義されていて、承認しがたい理由として考慮されていました。つまり、この期間中にはHIV陽性の外国人はHV状況という理由だけでESTAを拒否されました。しかし、2010年1月4日以降、HIVは伝染病リストから除外されてHIV陽性でも伝染病には分類されません。医者は、健康診断の一環としてHIV抗体検査を行いませんが、あなたがHIV陽性であるという結論に医師が導いた質問をなおもされることがあります。HIV状況の開示は不要ですが、健康に関していつでも正直にどの質問にも答えるべきです。

グリーンカードを後から申請することを考えている場合には、グリーンカード申請拒否の理由になることがある政府の援助が必要であるかどうかに影響を与えることがあるので、HIV状況はなおも考慮されることがあります。加えて、母国に戻されたら申請者の健康が危険である場合には、HIV陽性であることは米国で保護を求めているという理由であると考慮されることがあります。

ビザ免除適格性国のパスポートを所持していて、観光、商用、治療、乗り継ぎ目的でESTAを取得したい場合には、申請を開始するほか、ESTAに関してもっと知るためによくある質問を訪問ください

ホームページ

シェア

FacebookTwitterYoutube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する

ツイート