ESTA申請に雇用主情報が必要な理由は?

発行: Aug 17, 2020, 編集: Aug 17, 2020 | タグ: ESTA採用情報, ESTAアプリケーション

雇用情報は、ESTA申請者が経済移民となるために米国に違法で入国する目的であるかどうかを見極める手助けとして、アメリカ合衆国税関・国境警備局(CBP)が使用しています。この法律に関連する特定のセクションは、米国移民および国籍法第214b節にあります。居住国や国籍への実質的な経済連帯があるという証拠として、ESTA申請者は雇用情報を提供する必要があります。ESTA申請者の雇用主情報は、ビザ免除プログラムと米国移民および国籍法の下で米国に非移民者(つまり訪問者)として渡航する資格を満たす証拠として機能します。

米国移民および国籍法第214b節の目的は何ですか?

法律の目的は、申請者が居住国または国籍がある国で強固な家族や経済との連帯があることを証明するために十分な証拠を確実に提供することです。経済連帯の例として、仕事、銀行口座、住宅ローンの証明などがあります。米国国境到着時に、居住国や国籍のある国との家族や経済連結に関して尋ねられることもあります。特に、申請者が雇用機会を求めて米国を訪問する目的ならば、法律違反となる場合があります。ですが、ESTAで渡航中に雇用の面接に参加するために米国を訪問することは、求職とはみなされません。ESTAフォームの法律に関連する適格性の質問には次の質問があります:「あなたは現在米国で仕事を探していますか?または以前、米国政府の事前の許可なく、米国で雇用されていましたか?」

ESTA申請時に雇用情報を提供すべきですか?

はい、この情報は申請書で特に要求されているので、申請者は分かる限り、雇用主詳細を提供すべきです。故意にESTA申請で雇用情報を提供しない場合には、CBPの決断に影響を与えることがあります。CBPはどんな特定のタイプの雇用のメリットも審査しません。雇用の証拠を示すことができるということは、米国移民法を犯す目的ではないということを示すために申請者に利益があります。

どんな雇用情報が必要ですか?

ESTAフォームの雇用セクションの一部として必要な情報欄は、雇用者名、職業名、雇用主の住所(住所欄1、2、都道府県、市町村、国)です。給与、開始日、監督者名やその他詳細に関するその他の情報は、現在はフォームでは要求されませんが、CBPは今後、さらに追加する決断をするかも知れません。退職、または失業中の申請者はフォームの雇用セクション下でどの情報も提供する必要はありません。

最後に

申請者は雇用主詳細を提供しないことを選択することもできますが、ESTA申請書での雇用情報は必須欄です。ESTA処理が遅れないように、米国移民および国籍法に関係する潜在的な法律違反の目的ではないということを示すために、申請者はESTA申請では雇用の質問に答えて、雇用に関する一番正確な最新の詳細を提供することをお勧めします。

ビザ免除適格性国のパスポートを所持していて、観光、商用、治療、乗り継ぎ目的でESTAを取得したい場合には、申請を開始するほか、ESTAに関してもっと知るためによくある質問を訪問ください

ホームページ