ESTA申請をする時

発行: Jun 19, 2019, 編集: Jul 25, 2019 | タグ: ESTAステータス, ESTA申請時間

ESTA申請をする時を決定することは、申請者がいつESTA申請を開始するかというタイミングに関する良いアイデアを与えます。承認されればESTAは2年間または申請者のパスポートの有効期限のどちらか早い方の期間で発行されます。例えば、申請者が2年間に渡って米国に複数の短期旅行を計画している場合には、申請者はESTA申請前に最初の出発日に近づくまで待つともっと適しているかも知れません。

逆に、申請者が今後2年間で米国に一度しか渡航を計画していない場合には、CBPがESTA申請処理にかかる最大の時間として出発の最低72時間前までのいつでもESTA申請書を提出する選択をして申請することができます。

米国出発の何時間か前にESTAを申請したい申請者は渡航計画の混乱の危険を冒しています。ESTA保留または拒否のために米国への渡航承認できないとみなされることになります。米国に向かう訪問者は米国向けの航空機に搭乗する前、同様に米国目的地への到着時にESTAが確認されます。

ESTA申請が拒否された場合に、渡航者が米国入国を希望するならば、米国ビザを申請する必要があります。従って、「用心にけがなし」ということで、ESTA承認習得で生じることがある予期せぬ状況に備えて、米国に向かう訪問者は米国へ出発する最低8週間前にESTA申請をすることをお勧めします。これによって、ESTAを拒否された人が米国ビザ申請するのに8週間ほどあります。申請者の選択した米国大使館や個人の状況により、通常はどこでも4~6週間かかります。

ビザ免除適格性国のパスポートを所持していて、観光、商用、治療、乗り継ぎ目的でESTAを取得したい場合には、申請を開始するほか、ESTAに関してもっと知るためによくある質問を訪問ください

ホームページ

シェア

FacebookTwitterGoogle+Youtube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する

ツイート

アーカイブ