ESTA申請ガイドの完成

発行: May 08, 2019, 編集: Mar 27, 2019 | タグ: ESTA, ESTAアプリケーションガイド

10年以上の間、ESTAビザ免除プログラムは米国への観光客や出張を簡単にしてきました。その初めから、さまざまな申請要件における変更が行われ、一部の例では特に申請書の要件、資格、セキュリティスクリーニングへの広範な追加があります。

ESTAは他の従来のビザとはまったく異なります。まず、ESTAは「ビザ免除」です。つまり専門用語のビザではないということです。ESTAとは短期間で国に入国する簡単な方法を提供するもので、目的が達成されたら、米国外に出るということを必要とているものです。逆に、従来のビザは、ESTAと比較して人々が特定の目的で長期的に米国へ入国することが許可されます。

もっと重要なことは、ESTAは米国民、または米国永住権または労働ビザを保有する人に与えられる法的権利を米国訪問者には提供しないので別物であるいうことです。例えば、ビザを所有している人は適用された有効期限の間、同じく特定の入国の権利が許可されている限り、米国に渡航する能力があります。ESTA渡航者は、90日間を超えない限り商用またはレジャーで短期滞在だけが可能です。逆に、米国ビザ所有者は10年間であっても滞在目的を達成するまで国内に滞在することができます。

有効な米国ビザを所有している人はESTAビザ免除を申請する必要はありません。言い換えれば、有効なビザがある人は機能の重複を避けるために渡航許可を申請する適用がないということです。米国税関・国境警備局(2017)の条項によると、別の国の領事館が渡航を承認していることを証明しますが、両方の形式のビザを持つことが米国入国を保証するものではないとしています。渡航申請の許容性を決定するのは米国入国管理局の権限の裁量であり、しかも申請者へ渡航を承認、拒否する理由を与える必要はありません。

にもかかわらず、資格要件を満たし90日の短期間内で用途が正当であるならば、個人がESTAを申請することができます。免除プログラムにリストされている38か国から来るならば、ESTAビザ免除プログラムの元で許可の資格があります。これらの国は次の通りです:オーストラリア、オーストリア、アンドラ、ベルギー、ブルネイ、チリ、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、日本、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、マルタ共和国、サンマリノ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、英国です。これらの国の国民であることに加え、申請者は以下の資格要件を満たす必要があります。

  • 申請者は訪問者ビザを所持していてはいけない
  • 滞在期間は最大90日間
  • これらの目的は長期的な滞在を要求しないので、渡航は観光または商用とする。そのために長い申請処理が不要になる
  • ビザ免除プログラムに参加している国によって法的に発行された有効なパスポート
  • 申請者が国の居住者でない限り、計画された渡航が隣接した領域または近隣した領域で終わらない
  • 移民および国籍法を通じて米国税関・国境警備局に正当な理由を提供する
  • ビザ申請に必要なすべての条件が満たされた生体情報認証、有効なパスポート、個人詳細を通じて証拠を提供する
  • 9/11の出来事以降、特に、米国の健康、安全性、福利、セキュリティに脅威を与えないとみなされる人は資格がある

申請者がすべての資格要件を満たしたら、満たす必要がある追加要件があります。まず、ビザ免除プログラムに参加している38か国からの有効なパスポートを持っていなければなりません。これは、許容性決定をするために必要な関情報を含んでいるので、申請処理の間に提供されなければならない基本要件です。ESTA申請の基本的要素を除くので、訪問者ビザを所有していてはいけません。

さらに、ほとんどの人が安全な支払いをする方法に関してうまく情報を得ていないので、McNeill, Carafano, Dean, & Sales (2009)は、決済メカニズムを強調して来ました。安全で真正性があり、州の機関によって提供される資金要件に一致して政府に認識されるので、必要なものは有効なVISA, MasterCard, American Express, またはDiscover Cardです。

手数料の支払いは即座にすべきことという一部の認識と比べると、後で行うことができます。個人申請者は申請書提出後、支払を完了されるのに7日間の猶予があります。この期間を超えると申請はアクセスできなくなり、申請者は再申請をしなければなりません。グループ申請にも同じことが適用されますが、最後の申請が提出された後に7日間のカウントダウンが始まります。個人申請と比べて、グループIDはアクセスできなくなり、グループ管理責任者が再度提出しなければなりません。McNeill, Carafano, Dean, & Sales (2009)によると、このポリシーは申請処理の簡易化、申請期間の短期化を目的としています。

強化されたESTAの初めには、要件がもっと含まれていて認証承諾の見込みを上げるために満たされなければなりませんでした。2014年には、入国責任機関による強化された念入りな審査の方法の一部として、名前や別名、市民権、両親の名前、国民識別番号、雇用情報に関する追加の質問が加わりました。雇用情報は、これらの法的要件の元で資格を実証するので、移民及び国籍法214b項の一部として含まれました。従って、申請者はこれらの詳細を提供して、渡航目的の正当性を示さなければなりません。

資格要件と申請要件に基づき、ESTAビザ免除をただの一時的な渡航認証として考えることができます。90日以内の短期間で米国に入国するためにはESTAが必要で、これはつまり、短期で限定された期間を必要とする観光や商用のための作成であったということです。柔軟なビザ免除プログラムは、観光や幅の広い米国経済のためにプラスの成果がある、本当の事業および観光渡航者の流れを米国に増やすことができます。訪問が90日間を超えなければならない場合には、訪問者は米国ビザを申請する義務があります。

申請者は旅行日程の予約にESTAを申請する必要はありません。申請処理の間に渡航詳細を提供する必要はありませんが、米国での連絡先つまり滞在先住所を持つというに要項があります。乗継であれば、渡航情報セクションで示す必要があります。提出した申請書に誤りがある場合でも、訂正が可能です(Duckett, 2016)。新しい申請がされて、必要な手数料が支払われない限り、申請者は、パスポート番号や発行国などの一部の欄を修正することができないことにもさらにご注意ください。

申請者は時に困難に直面することがあります。特にパスポートなどの重要な渡航文書の名前や日付です。例えば、一部の名前には英語のアルファベットでない文字が入っていて、ESTA申請書では本来の綴りが難しいことがあります。一般的に、解決策はパスポートの機械で読み込むことが可能な部分を参照して、それぞれの名前の万能な綴りを確認することです。米国にいる間にパスポートの期限切れが生じるなどの有効期限が近いパスポートにも申請者の困難が生じます。(Siskin, 2014).

最後に、ESTAの承認処理は非常に自動化されているので、通常、申請結果は提出後すぐに提供されます。処理にもっと時間を要する場合には、最終決定をするために最大72時間かかります。回答はウェブページの申請状況、または申請者がESTA申請書の提出時にメールアドレスを提供していればメールを確認してアクセスすることができます。ESTA申請書には3つの回答があります。つまり「渡航は承認されました」、渡航は認証されませんでした」「認証保留中」です。「渡航は認証されませんでした」の決定は入国拒否ではなく、ビザ免除プログラムを利用した米国への渡航禁止です。つまり、この状況の場合には、渡欧者はB1商用ビザ、B2観光ビザ、またはC1通過ビザを申請しなければなりません。同様に、「認証保留中」は渡航者に対するマイナスの結果を示しておらず、まれに申請処理や結果決定に米国税関・国境警備局が追加の時間を必要とすることを示しています。

参考文献

  1. Duckett, G. (2016). Travel in the United States of America: Questions and Answers. Singapore: George Duckett.
  2. McNeill, J. B., Carafano, J. J., Dean, J., & Sales, N. A. (2009). Visa Waiver Program: A Plan to Build on Success. Heritage Foundation Backgrounder, 9.
  3. Siskin, A. (2014). Visa Waiver Program. Congressional Research Service.
  4. U.S Customs and Border Protection. (2017). Travel. Retrieved from U.S Customs and Border Protection: https://www.cbp.gov/travel
  5. U.S Customs and Border Protection. (2017). U.S Customs and Border Protection. Retrieved from Department of Homeland Security: https://esta.cbp.dhs.gov/esta/

申請者がすべての資格要件を満たしたら、満たす必要がある追加要件があります。まず、ビザ免除プログラムに参加している38か国からの有効なパスポートを持っていなければなりません。これは、許容性決定をするために必要な関情報を含んでいるので、申請処理の間に提供されなければならない基本要件です。ESTA申請の基本的要素を除くので、訪問者ビザを所有していてはいけません。

 

シェア

FacebookTwitterGoogle+Youtube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する

ツイート

アーカイブ