ESTA申請方法

発行: Sep 14, 2019, 編集: Sep 14, 2019 | タグ: ESTAの要件, ESTAアプリケーションガイド

ESTA申請について知りたいですか?ESTA申請のためには、申請者は必要な書類を集めて、フォームを完了させて、質問を予め読んで理解する時間を割り当てるために、確実に15-20分予定して準備してください。下記にESTA申請方法のチェックリストを集めました。

1) 時間各ESTA申請完了に最低15-20分準備してください。例えば、4人家族の申請には申請完了と情報が正確かどうかを確認するために情報をチェックするのに最低60分かかります。

2) 安定したインターネットアクセス – これは明確なことですが、申請者は遅いまたは不安定なインターネット接続を使って適用しようとすることがあります。フォームを記入して申請書を提出するためには安定したインターネットまたはWi-Fi接続にアクセスすることをお勧めします。申請のタイムアウトがよく起こり、ユーザーはそのような環境で新しい申請を開始する必要があります。

3) パスポート - ESTA申請には、ビザ免除加入国の有効な電子パスポートが必要です。ESTAの資格があるビザ免除国の国民として認識している必要があります。複数の国の国民である場合には、すべてのパスポートからの情報提供が必要となります。

4) 家族情報 - 両親の名、姓に関する情報提供が要請されます。この情報がない場合には「不明」を提供することができます。

5)緊急連絡先情報 – 米国内または米国外のあなたが事故にあった場合に通知できる緊急連絡先となる人または組織の名前、電話番号、メールアドレスが必要です。

6) 米国の連絡先詳細- 米国内の連絡人または組織の名前、電話番号、住所が必要です。住所情報はデータの正確性を保証するために確認されます。しかし、米国に連絡人がいない場合には、テキスト欄に「不明」、数字欄に「00000」を入力することができます。

7) 米国の住所詳細 – 訪問中に滞在する場所の名前と連絡先詳細がある必要があります。この住所情報もデータの正確性を補法するために確認されます。しかし、米国に連絡人がいない場合には、テキスト欄に「不明」、数字欄に「00000」を入力することができます。

8) 雇用詳細 - 現在雇用されているならば、雇用主の名前、住所、電話番号が必要です。

9) 警察報告書と犯罪記録(オプション) - 犯罪で逮捕されたことがある場合には、以前の重大な犯罪歴の警察記録を確認すべきです。ESTA申請に影響を及ぼす場合があります。

10) 支払い情報 – ESTAには利用できる支払いオプションの選択肢が多数あります。ESTAはMasterCard, VISA, American Express, Discoverのクレジットカードまたはデビットカードを受け入れます。現金、銀行振込、小切手、ペイパルなどのその他の支払いオプションは現在受け入れていません。

11) 7日間の支払い期間 – ESTA申請の手数料は提出の7日以内に支払う必要があります。支払いをしない場合には、申請は期限切れとなり、再申請する必要があります。

12) グループ申請 - 同時に50人の申請まで提出して支払うことができます。同じ申請グループの人は一緒に渡航する必要はなく、メインの申請者である必要もありません。

13) 申請前、後の認証の回復 – ESTA申請後にオンラインのhttps://official-esta.jp/esta-statusを訪問して申請状況をチェックして、状況を調べることができます。ESTAが承認されると、米国への航空機または船舶に搭乗することができます。ESTAが保留中の場合には、72時間待って再度状況をチェックしてみてください。ESTAが拒否された場合には、米国ビザを申請する必要があります。ESTAが期限切れまたは見つからない場合には、提供した情報をダブルチェックする、または別のESTAを申請してください。

ビザ免除適格性国のパスポートを所持していて、観光、商用、治療、乗り継ぎ目的でESTAを取得したい場合には、申請を開始するほか、ESTAに関してもっと知るためによくある質問を訪問ください

ホームページ

シェア

FacebookTwitterGoogle+Youtube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する

ツイート