ESTA(エスタ)がまだ有効かどうかを確認する方法は?

発行: Mar 26, 2019, 編集: Oct 31, 2019 | タグ: ESTA, ESTA期間, ESTA有効

お持ちのESTA認証番号と有効期限を検索するためには、渡米前に既存のESTA申請の状況を確認しましょう。パスポート詳細のほか、申請者の姓名でフォームに記入するだけでESTAの有効期限とESTAの有効性を確認し、ESTA番号を検索することができます。申請がまだ有効であれば、ESTA状況、認証番号、有効期限日が提供されます。ESTAの有効性の確認によって返信される可能性がある状況は5つあります。

ESTA申請が見つかりません

「申請が見つかりません」は通常、元のESTA申請書に誤った情報を提供している申請者の結果です。そのために正確または誤った生体情報間に構築されたリンクがありません。生体情報には、申請者名、パスポート発行国、パスポート番号、パスポート発行日、有効期限日などの詳細が含まれます。あるいは、「ESTA申請書を確認する」で誤った情報が提供されるとこの状況が提供されます。最後に、現在または以前のESTAが存在しない場合に「申請が見つかりません」が返信されることがあります。

ESTA申請期限切れ

ESTA申請が期限切れの場合には、渡米前に新しい認証を申請する必要があります。ESTA申請は更新できないので、利用者の現在の詳細に基づいて新しい申請を提出しなければなりません。

ESTA申請保留中

これは、最近申請が提出され、CBPがさらに検討中という意味です。ESTA申請の否定的な結果を意味しているのではなく、稀に追加のセキュリティ確認が必要になるということを示しています。既存の渡航計画を考慮する際には、必ずこのことを念頭に置いてください。

ESTA認証承認済み

これは、認証が渡米に有効であるという意味です。ESTA申請番号のほか、有効期限にも注意し、米国出発前にESTAが有効であることを確認してください。また、ESTAがまだ承認されていても、税関国境保護局(CBP)が無効にできないという意味ではないということを覚えておいてください。従って、渡航者は出発日のESTA状況を確認することをお勧めします。

ESTA申請は認証されていません

ESTA申請が処理され、ビザ免除プログラムの下で渡米の許可がされていない時にこの結果が生じます。しかし、B-2観光ビザを申請する資格がまだある場合があります。次のリンクで詳しい情報取得して米国ビザを申請することができます:https://usa-visas.com/

ESTA申請で間違ってしまった場合には、こちらの指示に従ってESTAテクニカルサポートチームにメールを送信する必要があります:https://help.cbp.gov/s/article/Article-1088?language=en_US。+1 202-344-3710からESTAテクニカルサポートチームに電話をして、フォームの間違いを修正できるかどうかを知ることもできます。

ESTA申請者は、ESTA有効期限日を調べてESTA認証番号を得るために申請状況を確認すべきです。別の申請を提出する、または必要がない認証を獲得するために追加費用を払う必要がないように、まだ米国に渡航できることをご自身で確かめてください。

ビザ免除適格性国のパスポートを所持していて、観光、商用、治療、乗り継ぎ目的でESTAを取得したい場合には、申請を開始するほか、ESTAに関してもっと知るためによくある質問を訪問ください

ホームページ

シェア

FacebookTwitterYoutube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する

ツイート