米国の電子ビザ

発行: May 19, 2019, 編集: Nov 09, 2019 | タグ: ESTA申請, ESTA適格性, 米国ビザ

米国は、現在米国渡航向けの外国人の電子ビザを提供していません。米国への渡航向けの唯一の「電子認証」形式はESTAです。従って、ESTAという存在を考慮して米国渡航向け電子ビザは存在しません。ESTAは渡航認証の電子システムを表わしています。ESTAは電子ビザではなく、電子ビザ免除として扱われていて、観光、商用または乗継の目的で、39か国のビザ免除諸国のパスポート所持者が利用することができます。この39か国の有資格国はhttps://official-esta.jp/visa-waiver-program/で調べることができます。承認されたESTAを取得している渡航者は、デジタル的に米国への渡航許可を与えられ、パスポートとその他の申請情報は、米国入国のすべてのポイントで国境当局がアクセスできる税関・国境警備局(CBP)システムに電子的に送られます。

ESTAの目的は、米国への出発前にCBPが渡航者を審査することに役立てることです。ESTAは、CBPが米国向けの航空機または船舶搭乗からセキュリティリスクをもたらす人を防ぐのに役立ちます。ESTA認証はオンラインで1日24時間申請することができます。ESTA申請提出に利用されるウェブサイトではメンテナンスの延長を経験することがめったにないので、非常に利用しやすくなっています。ESTA申請の決定は、通常は申請書提出60秒以内、またはメール経由で決定されます。このようにESTAは実際に電子渡航認証としてみなされ、取得や申請、使用に物理的なフォームや文書は必要ありません。

米国は、発行前に大使館での面接や幅広い確認の必要性を与えて、B-2観光ビザ、B-1商用ビザ、またはC-1乗り継ぎビザなどの人気のビザタイプの電子ビザを実行します。これは、ESTAの資格がない渡航者には不便かも知れませんが、ビザタイプの区別には理由があります。ESTAは渡航者がビザを取得するために与えられる追加の権利を与えずに、一般的な商用または観光の渡航向けに使用するために渡航者に十分な許可を提供します。これによってCBPはもっと精密に訪問者を分けて、セキュリティまたは入出国関連のリスクをもっともたらすとみなす渡航者を審査するために一層の努力をすることができます。

シェア

FacebookTwitterYoutube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する