一般的なESTA申請のエラーを最小限にする

発行: Jul 15, 2019, 編集: Jul 25, 2019 | タグ: ESTA申請書, ESTAフォーム

ESTA申請のエラーには費用がかかり、さらにひどい場合にはビザ免除プログラムの下で渡航認証をしないことで、米国渡航の渡航者の能力を制限することができます。従って、生じることがある多数のタイプのエラーを考慮して、ESTA申請者は注意してフォームを記入すべきです。

エラーのタイプは2つのカテゴリーに分けられます。最初のカテゴリーは、ESTA申請者が新しい申請書の提出が必要になる見込みがある、または申請者がエラーを考慮して再申請するために税関・国境警備局に連絡して例外要請をする必要がある重要なエラーを含みます。CBPより要請を拒否された場合には、申請者は米国観光または商用ビザを申請する必要があります。2番目のカテゴリーは軽度な過ちで、申請者は提出後に申請書を編集することができるエラー、または修正できないエラーながらも米国への入国に影響を与える見込みがないエラーです。

ESTA申請書で最も一般的ながらも避けられる11のトップエラーには以下のものが含まれます:

重要なエラー

1) 間違ったパスポート番号 - パスポート番号は、パスポートが発行された国籍の国によって異なります。一般的な過ちは長すぎる、少なすぎる、または間違ったパスポート番号をESTA申請書に入力することです。ESTA申請に提出されたパスポート番号は、提出後に編集することができないので、申請者が間違ったパスポート番号を提供する間違いをした場合には、新しいESTA申請書を提出する必要があります。

2) 間違った国籍とパスポート発行国 - 申請者はこの2つの欄に戸惑いますが、通常は同じです。例えばパスポート発行国がイタリアであれば、国籍もイタリアでしょう。

3) 間違った誕生日 –この欄は申請書提出後に編集することができないので、誕生日、月、または年を間違えたESTA申請者は新しい申請書を提出する必要があります。従って、ささいなことのように思えますが、ESTA申請者はフォーム提出前にこの欄に提供した回答をダブルチェックすべきです。

4) 間違った性別 - パスポートは現在、「男性」、「女性」として個人を指定しています。ESTAフォームの情報がESTA申請者のパスポートに提供されているものと一致しない場合には、ESTAは拒否する場合があります。または出発に間に合うように新しいESTAを取得できない場合には米国への搭乗を拒否する場合があります。

5) 「名(ファーストネーム)」欄からミドルネームを除外 - ESTA申請者はこの欄にミドルネームを入れる必要があります。申請者が「名(ファーストネーム)」欄からミドルネームを省略した場合には、新しい申請書を提出する必要があります。

6) 名または姓のミススペル - 同じように、フォームに提供されている詳細が申請者のパスポートのものと一致しない場合には、ESTA認証は無効となるので、何らかの理由で名前をミススペルした場合には、新しい申請書を提出する必要があります。

7) 適格性の質問のいずれかに誤った回答をする – 誤って適格性の質問のいずれかに「はい」と回答した申請者もESTAを拒否されることになります。逆に、誤ってこれらの質問のいずれかに「いいえ」と回答した申請者は、申請者は米国国境当局を騙そうとしたと決定されて、最長5年間、米国への入国を禁じられます。

8) ESTA料金への異議 – ESTAを認証された申請者はまだ予期せぬ困難を引き起こすことがあります。その場合には銀行またはクレジットカードのESTA料金に異議を唱えてください。入金取消を実行することで、「未払」とみなされて認証されたESTAはCBPより無効にされます。一般的に申請者は再申請をすることが可能ですが、ESTA手数料に対して犯した以前の入金取消のためにその後のESTA申請書は自動的に拒否される場合があります。

重要でないエラー

9) 間違ったメールアドレス - 間違ったメールアドレスを得地経すると、ESTA申請の状況に関して税関・国境警備局が申請者に連絡を取れなくなります。しかし、申請者がメールアドレスを間違ったことに気づいたら、この情報を修正することができます。

10) ESTA状況の未確認 - 渡航者はhttps://official-esta.jp/esta-statusを訪問して手数料なしで申請状況を確認することができます。ESTA申請書は出発の24時間前に確認して、必ず米国向けの航空機または船舶に搭乗時に渡航者が驚くことがないようにしてください。

11) その他間違った申請情報 – ESTAフォームには多数の欄があり、何らかの理由で誤って記入する、または完了していない場合があります。例えば、「米国での連絡先」はまだ予約していない、または現在分かっていないホテルの場合があります。従って、申請者は該当する欄に「00000」または「不明」を入力して即席で対応することができます。ほとんどの重要でない欄はESTA申請書が提出されるまたは承諾された後に編集することが可能です。

この最も一般的なトップ11の間違いから、今後のESTA申請者は、このエラーが明白に簡単に避けることができる ということが分かるかと思いますが、ESTA申請書を完了させる時には、こういった原因や結果が気をつけて入念になるという理解を深めることを心に留めておいてください。

シェア

FacebookTwitterGoogle+Youtube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する

ツイート

アーカイブ