米国カリフォルニア州サンフランシスコのビザ

発行: Aug 12, 2019, 編集: Jul 25, 2019 | タグ: 米国ビザ, ESTA

米国カリフォルニア州サンフランシスコのビザ

始めに

サンフランシスコ訪問について誰かに尋ねてください。ゴールデンゲートブリッジやアルカトラスについて話すチャンス。サンフランシスコ湾周囲の50平方マイルに87万人が住むこの街ですが、それ以上のものがあります。このガイドは観光アクティビティの概要のほか、サンフランシスコにビザが必要かどうかという情報を提供します。

サンフランシスコにはESTA、それとも米国ビザ?

ほとんどの国の国民には、サンフランシスコに入るために有効なビザが必要となる一方で、「加入国」は、「ビザ免除プログラム」(VWP)の下でビザなく、観光や特定の支払いを受けない事業活動の目的で90日を超過しない期間、入る資格を得ることができます。しかし、セキュリティ強化のために、国土安全保障省(DHS)はVWPの下で米国に入国したい人は誰でもまず、渡航認証電子システム(ESTA)として知られるオンラインの手続きによって資格を確認されなければならないということも要求します。加入国の全リストはDSHによってオンラインで公開されています。

とビザの違い

ESTAはビザではありません。VWP申請者が処理手数料を支払ってオンラインで必要なフォームを完了して提出できる安全なサービスです。システムは、申請者が実際に資格があるかどうかを確認し、資格があればESTA(2年間またはパスポートの有効期限のいずれか早い方)が許可されます。ESTAは観光アクティビティまたはカンファレンス参加などの支払いを受けない事業活動に関係するビザ免除プログラムの下で入国する所持者の資格を確認するだけです。仕事、勉学、結婚、または永住者などの別のすべてのアクティビティには米国大使館または領事館が発行する適切なビザが必要です。観光目的でもESTAとビザは著しく異なります。例えば、訪問者ビザは所定期間を超えて延長することが可能ですが、ビザ免除プログラムではそれはできません。ビザを所持した訪問者には、ESTA申請は不要です。VWPの下で入国の資格があるけれども、その仕組みで許可されている目的なのかどうか分からないというどの渡航者も、代わりにサンフランシスコへの適切なビザを申請することを強くお薦めします。

文化

サンフランシスコのヒッピー、フラワーパワー、フリーラブ、サイケデリック・ロック、どのドラッグシーンのカラフルな歴史も街中で実証されています。今日ではサンフランシスコはハイテックなデジタルスタートアップ、シリコンバレー、チャイナタウン、国際的な料理、歴史的建造物、ケーブルカー、モダンなアトラクションのすべてとなっています。

サンフランシスコに到着:

米国西海岸に行くためには、英国からサンフランシスコ国際空港まで直行便で11時間かかります。多くの人は、途中で2、3か所の別の目的地で数日間2週間の休暇を分ける選択をします。

街は空港からたったの13マイル。ホテルのシャトルバス、タクシー、または国際ターミナルから運行している街の高速鉄道システムで簡単にたどり着くことができます。

サンフランシスコをから外出:

街のどこの滞在を選んでも、簡単に早く出かけることができます。速さ重視であれば、タクシーや高速鉄道。シティバスは頻度が高く安価な方法です。しかし丘の多いサンフランシスコを訪問する際にはケーブルカー乗車が好ましい移動方法かも知れません。

サンフランシスコで訪問する場所:

現代世界の七不思議のひとつとして、ゴールデンゲートブリッジは訪れるべき場所。1.7マイルの橋をタクシー、徒歩、サイクリングで渡ると、土木工事のこの偉業の巨大さが強調されます。

アルカトラスのガイドツアーに参加しましょう。少し一枚上手になるために、この不気味な島やその過去のオバケのナイトツアーもアレンジします。

信じられないことに、この次が街のアトラクションで最も訪問されている場所のひとつですが、理由はすぐに分かります。ビーチストリートのフィッシャーマンズワーフのピア39は驚きのウォーターフロントの眺めを2段階で提供します。人工島で日光浴をするアシカ、レストラン、カフェバー、エンターテインメント、ショッピング、湾の水族館。午後に予定しておきましょう。

その他の興味あるエリアには1,000エーカーのクリッシー・フィールドがあります。橋に近いこの公園には、涼む、犬の散歩、ジョギングをする地元の人にとても人気のビーチ、レストラン、フィッシングピアがあります。

その歴史、繁華な雰囲気、建築物、中国料理レストランにはチャイナタウンを訪問しましょう。

グラフィティアートに興味がある人は、ミッション・ストリート・ツアーに参加しましょう。グラフィティアートに専門の明るく色が塗られた壁や建物が2ブロックに広がっています。

カリフォルニア科学アカデミーは、あらゆる年齢層に何かがあります。自然史博物館、水族館、プラネタリウム、ペンギン村を備えたこの場所は、興味いっぱいの場所です。

訪問する場所は他にも多数ありますが、食事にはどこかで並ぶ必要があります。

サンフランシスコの昼食と夕食:

ホテルが必要な食事をすべて提供するかも知れませんが、地元の人のように外出して何か食べることはいつでも素敵なこと。旅行中にランチタイムのスナックを楽しみましょう。カストロ畜のIke’s Placeは今まで見たことのないようなサンドイッチを作ります。ティブロンのSam’s Anchor Cafeはブランチとハンバーガーのほか、すばらしいシーフードを提供します。ワシントンスクエアのMama’sは5通りのフレンチトースト、オムレツ、ベネディクト、スパイシーなイタリアソーセージを提供することができます。一方、フェリービルディングにレストランや出店があって、味にうるさい人も満足させてくれます。

夜には、湾の眺めがすばらしい伝統的なスペイン料理を楽しむためにCoquetaなどの場所を訪問することができます。

Nob Hill Caféは伝統的なイタリア料理を専門としていて、午後5時頃から混み始めます。

The Gracias Madreはメキシカンスタイルで準備されるベジタリアン料理、ビーガン料理を提供します。

概要

(とても似ている)フロリダのテーマパークは、とても多くの観光客をまだ引きつける一方で、サンフランシスコ訪問はそれ自体の独自性があります。その歴史、古さと近代性、湾に面した位置、建築物、文化、食べ物は本物のアメリカの街を探索したい人にとってお気に入りの目的地となります。

ビザ免除適格性国のパスポートを所持していて、観光、商用、治療、乗り継ぎ目的でESTAを取得したい場合には、申請を開始するほか、ESTAに関してもっと知るためによくある質問を訪問ください

ホームページ

シェア

FacebookTwitterYoutube

ESTAを申請する

ESTAとは、観光、乗り継ぎ、またはビジネスのため、船や飛行機で90日未満米国を訪問する旅行者の方に必要な渡航認証です。

ESTAを申請する