ビザ免除プログラム

ビザ免除プログラム(VWP)は1986年に米国議会が作成したものです。プログラムの目的は、より多くの短期の観光客と商用渡航者に資格を与えることのほか、観光ビザ申請処理に現地の米国務省の財源を減らすことでした。年月がすぎ、プログラムはもっと多くの国を含むほか、もっと渡航の規制を含むように進化してきました。このページでは新規加盟国の認可、加盟履歴、今後の加盟の見通しに関するVWP基準に関する情報を提供するほか、ESTA、ビザなしで米国を訪問するVWP国の国民に許可する電子入国許可システムの概要を提供します。

潜在国がビザ免除プログラム加入に必要な資格は何ですか?

    • 主権国家であると考えられる国
    • 人間開発指数(HDI)が高い国
    • 米国とセキュリティデータを共有する国
    • 高収入の経済があると考えられる国
    • パスポート詐欺が低レベルで、紛失・盗難パスポートの追跡をする国
    • 生体識別電子パスポートを使用することで厳しいパスポートセキュリティ要件がある国
    • ビザで不法滞在をする国民が少なく、移民法違反者の数が少ない国
    • 非移民ビザの拒否率が少ない国、特にSection 217 (c)(2)(A)では3%以下を指定
    • 信用できるテロ対策、法執行、国境管理、その他国内犯罪やテロを制限することを目指すセキュリティに焦点を当てた組織を確立している国

現在ビザ免除プログラムがある国

VWPに承認された日付
  イギリス,   日本 1988
  フランス,   イタリア,   オランダ,   スウェーデン,   スイス,   西ドイツ(1990年ドイツ) 1989
  アンドラ,   オーストリア,   ベルギー,   デンマーク,   フィンランド,   アイスランド,   リヒテンシュタイン,   ルクセンブルク,   モナコ,   ニュージーランド,   ノルウェー,   サンマリノ,   スペイン 1991
  ブルネイ 1993
  アイルランド 1995
  オーストラリア 1996
  スロベニア 1997
  ポルトガル,   シンガポール 1999
  チェコ共和国,   エストニア,   ハンガリー,   ラトビア,   リトアニア,   マルタ,   スロバキア,   韓国 2008
  ギリシャ 2010
  台湾 2012
  チリ 2014

ビザ免除プログラムから削除された国

VWPに承認された日付 VWPから削除された日付
  アルゼンチン 1996 2002
  ウルグアイ 1999 2003

ビザ免除プログラム加入調査中の国

  アルゼンチン,   ブラジル,   ブルガリア,   キプロス,   イスラエル,   ポーランド,   ルーマニア,   トルコ共和国,   ウルグアイ

VWP諸国の国民が米国訪問の際に行うべきことは?

VWP諸国の国民は、短期観光、商用、乗り継ぎ、治療目的で米国を訪問するために、承認されたESTAまたは渡航許可のために電子システムが必要です。ESTAは2008年に作成され、VWP諸国の国民が電子的に渡航許可申請書をオンラインで処理することが目的でした。オンライン申請書を提出することで、申請書がまだシステムでアクティブな間に米国国土安全保障省(DHS)はテロや飛行禁止リストに対して渡航者を予め審査することができます。渡航者は、申請書が確実に承認されるために、すべてのESTA要件を満たす必要があります。

ESTAに関する重要な情報

  • ESTAはビザではありません。ビザ免除です。
  • 航空機またはクルーズ船で到着する場合にはESTAが必要となります。
  • ESTAが認められた後も申請者の許容性を継続的にチェックするので、承認されたESTAは入国を保証するものではありません。
  • 資格がある国パスポートの保持者だけが適用されます。
  • ESTAは90日間の観光、商用、乗り継ぎ、治療、その他の目的のために使用することができます。ESTAは渡航者がビザの申請なしで仕事や観光をすることができるようにします。ESTAは米国全50州と、カリブ海のプエルトリコやアメリカ領ヴァージン諸島などの米国領域への入国に有効です。
  • ESTA申請を希望する渡航者は米国への出発72時間前までにオンラインで申請書を提出しようとしなければなりません。渡航者は米国への航空機または船舶に乗り込む前にESTAを手に入れなければなりません。
  • 承認時に、ESTAは2年間、またはパスポート期限日のどちらか早い方を有効期限とします。
  • 拒否されたESTA申請者は、米国訪問のためにB2観光ビザまたはB1商用ビザを申請する資格がまだあります。
  • 小児、幼児はそれぞれESTAを申請しなければならず、米国への渡航を承認されたESTA申請書を持っていなければなりません。
  • イラン、イラク、リビア、ソマリア、スーダン、シリア、またはイエメンに2011年3月1日以降に渡航した人、またはイラン、イラク、スーダン、またはシリアの二重国籍を保有する人はESTA資格がなく、観光または商用で米国を訪問するためにはビザを申請しなければなりません。

ESTA申請者要件に関する詳しい情報については、次のページをご訪問ください: ESTA要件

参考文献

[1] "Visa Waiver Program". U.S. Department of State. Retrieved 2017-05-16. https://travel.state.gov/content/visas/en/visit/visa-waiver-program.html

[2] "TRAVEL ADVISORY; Accord Allows Trips to Japan Without a Visa". The New York Times. 30 October 1988. Retrieved 2017-05-16. https://www.nytimes.com/1988/10/30/travel/travel-advisory-accord-allows-trips-to-japan-without-a-visa.html

[3] "United States General Accounting Office: Implications of Eliminating the Visa Waiver Program" (PDF). Retrieved 2017-05-16. http://www.gao.gov/new.items/d0338.pdf

[4] "Visa Waiver Program". Americanlaw.com. Retrieved 2017-05-16. http://www.americanlaw.com/vwpp.html